哲学のナショナリズム―性、人種、ヒューマニティ [単行本]
    • 哲学のナショナリズム―性、人種、ヒューマニティ [単行本]

    • ¥3,740113ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
哲学のナショナリズム―性、人種、ヒューマニティ [単行本]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003408585

哲学のナショナリズム―性、人種、ヒューマニティ [単行本]

価格:¥3,740(税込)
ポイント:113ポイント(3%還元)(¥113相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:岩波書店
販売開始日: 2021/05/01
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

哲学のナショナリズム―性、人種、ヒューマニティ [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「ゲシュレヒト」というドイツ語の下に、デリダは告発する。ハイデガーの思考が、なんとしても自分をそこから引き剥がそうとしていた、ナチズムとヒューマニズムに対して曖昧なままであったことを。人種、国民、人間性、さらには性とも翻訳される複雑なゲシュレヒト概念を手がかりに、デリダはハイデガーと、そして哲学のナショナリズムと対決する。一九八四‐八五年パリ社会科学高等研究院でのセミネールを通じて、慎重に忍耐強くテクストと向き合った知性の軌跡。
  • 目次

    訳者による、はじめに

    凡 例

    序 文
    編者による註記

    ロヨラ原稿(第七講の終わり、第八講)、および第九講-第十三講

    第七講の終わり、第八講

    第九講

    第十講

    第十一講

    第十二講

    第十三講


    解 題
  • 出版社からのコメント

    哲学はナショナリズムを支えてしまう傾向があるのか--デリダの幻の84年講義「ゲシュレヒト」ついに書籍化
  • 内容紹介

    デリダは告発する--。ハイデガーの思考が、自分をそこから引き剥がそうとしていた、ナチズムとヒューマニズムに対して曖昧なままであることを。「人類」「国民」「家族」、さらには「性」とも訳せる複雑な「ゲシュレヒト」概念を手がかりに、ハイデガーと、そして哲学のナショナリズムと対決する思考の軌跡。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    デリダ,ジャック(デリダ,ジャック/Derrida,Jacques)
    1930‐2004。アルジェリア生まれ。フランスの哲学者、思想家

    藤本 一勇(フジモト カズイサ)
    1966年生まれ。早稲田大学文学学術院文化構想学部教授

哲学のナショナリズム―性、人種、ヒューマニティ [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:岩波書店
著者名:ジャック デリダ(著)/藤本 一勇(訳)
発行年月日:2021/04/28
ISBN-10:4000240625
ISBN-13:9784000240628
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:哲学
言語:日本語
ページ数:299ページ
縦:20cm
横:13cm
厚さ:3cm
重量:406g
その他: 原書名: GESCHLECHT 3:Sexe,race,nation,humanite〈Derrida,Jacques〉
他の岩波書店の書籍を探す

    岩波書店 哲学のナショナリズム―性、人種、ヒューマニティ [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!