小説 ましろのおと〈1〉(講談社青い鳥文庫) [新書]
    • 小説 ましろのおと〈1〉(講談社青い鳥文庫) [新書]

    • ¥74823ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年10月19日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
小説 ましろのおと〈1〉(講談社青い鳥文庫) [新書]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003410951

小説 ましろのおと〈1〉(講談社青い鳥文庫) [新書]

羅川 真里茂(原作・絵)時海 結以(文)
価格:¥748(税込)
ポイント:23ポイント(3%還元)(¥23相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年10月19日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:講談社
販売開始日: 2021/05/12
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

小説 ましろのおと〈1〉(講談社青い鳥文庫) [新書] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    アニメ化された大人気コミックスのノベライズが登場!津軽三味線を背負い、青森から東京へやってきた澤村雪。編入した高校で、前田朱利に出会う。朱利が、ひとりで「津軽三味線愛好会」の活動をしているのには理由があった。朱利の親友・結、おさななじみの海人、そして雪は「津軽三味線愛好会」に入部するが、指導者は不在、大会に出るには部員が足りなくて…。小学上級・中学から。
  • 出版社からのコメント

    津軽三味線奏者の澤村雪。一人で青森から東京へ。編入した高校で「津軽三味線愛好会」に入ることになり、「松吾郎杯」を目指す!
  • 内容紹介

    大人気コミックスのノベライズ登場! 2021年4月、アニメ化!
    津軽三味線奏者の澤村雪が、さまざまな人と出会い、「自分の音」を探す物語

    津軽三味線を背負い、青森から東京へやってきた澤村雪。
    編入した高校で、一人、「津軽三味線愛好会」の活動をする前田朱利に出会う。
    朱利が津軽三味線に取り組むのには理由があった……。
    朱利の親友・結、おさななじみの海人、そして雪は「津軽三味線愛好会」に入部し、
    雪の母が設立した「松吾郎杯」を目指すことに!

    <小学上級・中学から。すべての漢字にふりがなつき>
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    時海 結以(トキウミ ユイ)
    長野県生まれ。歴史博物館にて、遺跡の発掘や歴史・民俗資料の調査研究職にたずさわったのち、作家デビュー。日本児童文学者協会、日本民話の会に所属

    羅川 真里茂(ラガワ マリモ)
    青森県出身。現在、月刊少年マガジンで『ましろのおと』を連載中
  • 著者について

    羅川 真里茂 (ラガワ マリモ)
    青森県出身。おもな作品に『赤ちゃんと僕』、『しゃにむにGO』などがある。現在、月刊少年マガジンで『ましろのおと』を連載中。

    時海 結以 (トキウミ ユイ)
    長野県出身。歴史博物館にて、遺跡の発掘や歴史・民俗資料の調査研究にたずさわったのち、2003年作家デビュー。著書に『平家物語 夢を追う者』『竹取物語 蒼き月のかぐや姫』『枕草子 清少納言のかがやいた日々』『紫式部日記 天才作家のひみつ』『南総里見八犬伝(全3巻)』『真田十勇士』『雨月物語 悲しくて、おそろしいお話』『日本の神さま 古事記の物語』(いずれも講談社青い鳥文庫)、『小説 ちはやふる中学生編(全4巻)』(講談社)ほか多数。日本児童文学者協会、日本民話の会に所属。

小説 ましろのおと〈1〉(講談社青い鳥文庫) [新書] の商品スペック

商品仕様
出版社名:講談社
著者名:羅川 真里茂(原作・絵)/時海 結以(文)
発行年月日:2021/05/15
ISBN-10:4065231671
ISBN-13:9784065231678
判型:B6
対象:児童
発行形態:新書
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:221ページ
縦:18cm
他の講談社の書籍を探す

    講談社 小説 ましろのおと〈1〉(講談社青い鳥文庫) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!