家族法研究会報告書―父母の離婚後の子の養育の在り方を中心とする諸課題について [全集叢書]
    • 家族法研究会報告書―父母の離婚後の子の養育の在り方を中心とする諸課題について [全集叢書]

    • ¥3,520106ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009003415117

家族法研究会報告書―父母の離婚後の子の養育の在り方を中心とする諸課題について [全集叢書]

価格:¥3,520(税込)
ポイント:106ポイント(3%還元)(¥106相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:商事法務研究会
販売開始日: 2021/04/08
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

家族法研究会報告書―父母の離婚後の子の養育の在り方を中心とする諸課題について の 商品概要

  • 目次(「BOOK」データベースより)

    「家族法研究会報告書―父母の離婚後の子の養育の在り方を中心とする諸課題について」の概要
    家族法研究会報告書―父母の離婚後の子の養育の在り方を中心とする諸課題について
    未成年期に父母の別居・離婚を経験した子の養育に関する実態についての調査・分析結果の概要
    質問一覧
    未成年期に親の別居・離婚を経験した子に対する調査(簡易版)
  • 内容紹介

    父母の離婚後における子の養育の在り方をめぐる立法課題と検討の方向性

    近年複数の改正が行われている民法の家族法分野のうち、近時関心が高まる父母の離婚後における未成年の子の養育の在り方について研究者、実務家等による研究成果。子の利益を守るために、親権、監護権、養育費、養育計画といった制度の在り方について立法上の課題と方向性を示す。

家族法研究会報告書―父母の離婚後の子の養育の在り方を中心とする諸課題について の商品スペック

商品仕様
出版社名:商事法務
著者名:商事法務(編)
発行年月日:2021/04/14
ISBN-10:4785771453
ISBN-13:9784785771454
判型:B5
発売社名:商事法務
対象:専門
発行形態:全集叢書
内容:法律
言語:日本語
ページ数:232ページ
縦:26cm
その他:「別冊NBL」No.173
他の商事法務研究会の書籍を探す

    商事法務研究会 家族法研究会報告書―父母の離婚後の子の養育の在り方を中心とする諸課題について [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!