重い障害のある人の「働きたい」を実現するための多様な就業機会の確保と促進―就労継続支援A型に焦点を当てた実践モデルの基礎付けの検討を通じて [単行本]

販売休止中です

    • 重い障害のある人の「働きたい」を実現するための多様な就業機会の確保と促進―就労継続支援A型に焦点を当てた実践モデルの基礎...

    • ¥3,850116ポイント(3%還元)
100000009003415566

重い障害のある人の「働きたい」を実現するための多様な就業機会の確保と促進―就労継続支援A型に焦点を当てた実践モデルの基礎付けの検討を通じて [単行本]

価格:¥3,850(税込)
ポイント:116ポイント(3%還元)(¥116相当)
日本全国配達料金無料
出版社:翔雲社
販売開始日: 2021/04/07
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

重い障害のある人の「働きたい」を実現するための多様な就業機会の確保と促進―就労継続支援A型に焦点を当てた実践モデルの基礎付けの検討を通じて の 商品概要

  • 目次(「BOOK」データベースより)

    序章 本書の目的と問題意識
    第1章 理論的検討と文献レビュー
    第2章 障害者就労支援における新たな実践動向の概念化の試み―ケーススタディを通して
    第3章 成果と関連性の高い実践の要素の同定―A型事業所全国調査と分析を通して
    第4章 就労継続支援の位置付け問題の検討―「一般就労に向けた支援機能」を求めるか否か
    第5章 総合考察―混合型研究アプローチによる理論的統合の議論
    第6章 結論及び将来研究
  • 出版社からのコメント

    障害者にとって福祉的就労の場で必要となる就労支援の実践について考える
  • 内容紹介

    重い障害のある人の「働きたい」を実現するためには、多様な就業機会を確保し促進していくことが肝要である。その際、わが国における多様な就業機会の確保と促進への鍵は、伝統的な福祉的就労の発展にあるが、従来の就労支援の実践についての考え方では限界があり、さらなる発展を見込むことは難しい。そこで本書では、とりわけ就労継続支援A型に焦点を当て、その実践についての考え方(「実践モデルの基礎理論」)を、
    プログラム形成評価の方法論を用いて実証的データに基づき検討し提示した。
    本書は、障害者就労支援に携わる実践家、研究者、その他すべての関係者の認識の変革を狙って執筆された研究書である。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    塩津 博康(シオツ ヒロヤス)
    ルーテル学院大学大学院総合人間学研究科博士前期課程修了、日本社会事業大学大学院社会福祉学研究科博士後期課程単位取得後退学。修士(社会福祉学)。精神保健福祉士。医療法人社団慶神会武田病院、社会福祉法人調布市社会福祉事業団にて医療と福祉の現場経験を積んだ後、高崎健康福祉大学を経て、公立大学法人長野大学社会福祉学部准教授として勤務。専門分野は、精神保健福祉、精神障害リハビリテーション、障害者就労支援、評価方法論

重い障害のある人の「働きたい」を実現するための多様な就業機会の確保と促進―就労継続支援A型に焦点を当てた実践モデルの基礎付けの検討を通じて の商品スペック

商品仕様
出版社名:翔雲社 ※出版地:相模原
著者名:塩津 博康(著)
発行年月日:2021/03/24
ISBN-10:4434287311
ISBN-13:9784434287312
判型:A5
発売社名:星雲社
対象:専門
発行形態:単行本
内容:社会
言語:日本語
ページ数:236ページ
縦:21cm
横:15cm
厚さ:1cm
重量:376g
他の翔雲社の書籍を探す

    翔雲社 重い障害のある人の「働きたい」を実現するための多様な就業機会の確保と促進―就労継続支援A型に焦点を当てた実践モデルの基礎付けの検討を通じて [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!