古事談〈下〉(ちくま学芸文庫) [文庫]
    • 古事談〈下〉(ちくま学芸文庫) [文庫]

    • ¥1,65050ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009003417369

古事談〈下〉(ちくま学芸文庫) [文庫]

源 顕兼(編)伊東 玉美(校訂・訳)
  • 5.0
価格:¥1,650(税込)
ポイント:50ポイント(3%還元)(¥50相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:筑摩書房
販売開始日: 2021/05/12
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

古事談〈下〉(ちくま学芸文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    代々の知識人たちが、歴史の副読本として活用してきた知る人ぞ知る隠れた名著。『古事談』は、人を中心とする第一王道后宮・第二臣節・第三僧行・第四勇士と、事物を軸にする第五神社仏寺・第六亭宅諸道から成り、他書に記載を見ない有名な話も数多く、さまざまな説話集の出典にもなっている。下巻は、第三僧行の後半からを収める。勇士源満仲の邸に押し入った盗賊の正体、焼き討ちされた園城寺の僧が聞く守護神の意外な言葉など、各話と編纂の妙を、当時の価値観を復元しながら読み解く。本書には学術的利用の便をはかった主要参考文献、理解を助ける解説、詳細な人名索引を付す。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第3 僧行(性信親王の寿命の事;性信親王、世間の病者を癒す事 ほか)
    第4 勇士(源満仲宅の強盗の事;源満仲、発心出家の事 ほか)
    第5 神社仏寺(伊勢神宮、焼亡の事;伊勢神宮、〓倒の事 ほか)
    第6 亭宅諸道(南殿の桜・橘の事;東三条殿の事 ほか)
  • 内容紹介

    代々の知識人が、歴史の副読本として活用してきた名著。各話の妙を、当時の価値観を復元して読み解く。現代語訳、注、評、人名索引を付した決定版。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    源 顕兼(ミナモトノ アキカネ)
    1160(永暦1)‐1215(建保3)年。鎌倉前期の人。『中外抄』を書写するなど有職故実に通じ、説話文学に果たした役割は大きい。『新古今』の歌人たちと広く交友を結ぶ。とくに藤原定家とは親しく、顕兼の妻女子が没したときには、互いに涙を拭ったほどであったという

    伊東 玉美(イトウ タマミ)
    1961年生まれ。東京大学文学部卒業。同大学院修了。博士(文学)。白百合女子大学教授

古事談〈下〉(ちくま学芸文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:筑摩書房
著者名:源 顕兼(編)/伊東 玉美(校訂・訳)
発行年月日:2021/05/10
ISBN-10:4480510524
ISBN-13:9784480510525
判型:文庫
発売社名:筑摩書房
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学評論・随筆
言語:日本語
ページ数:510ページ ※494,16P
縦:15cm
他の筑摩書房の書籍を探す

    筑摩書房 古事談〈下〉(ちくま学芸文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!