日本の道化師―ピエロとクラウンの文化史(平凡社新書) [新書]
    • 日本の道化師―ピエロとクラウンの文化史(平凡社新書) [新書]

    • ¥96830ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年9月24日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003417483

日本の道化師―ピエロとクラウンの文化史(平凡社新書) [新書]

価格:¥968(税込)
ポイント:30ポイント(3%還元)(¥30相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年9月24日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:平凡社
販売開始日: 2021/05/18
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

日本の道化師―ピエロとクラウンの文化史(平凡社新書) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    近代サーカスの誕生時から、本場のサーカスや舞台で道化を演じるのは“クラウン”と呼ばれてきた。だが、日本で道化師といえば“ピエロ”が一般的だ。日本ではなぜ“クラウン”ではなく、“ピエロ”が定着したのか。クラウンは日本でいかに受けとめられてきたか。サーカス研究の第一人者が、日本における「道化師」の歴史をたどる。
  • 目次

    プロローグ
    第一章  クラウンの歴史
    第二章  なぜ日本では「ピエロ」が定着したのか
    第三章  日本のクラウンの原像
    第四章  近代サーカスのクラウン
    第五章  美術に描かれたクラウン
    第六章  クラウンの先駆者たち
    第七章  道化の時代
    第八章  クラウンがやって来た!
    第九章  ソ連から来たクラウンの衝撃
    第一〇章 劇場クラウンへの道
    第一一章 多様化するクラウン
    エピローグ
  • 出版社からのコメント

    サーカス等で道化を演じるクラウン。道化師といえば日本ではピエロが一般的だが、なぜそうなったのか。歴史を辿り、謎を解き明かす。
  • 内容紹介

    近代サーカスの誕生時から、本場のサーカスや舞台で
    道化を演じるのは“クラウン”と呼ばれてきた。
    だが、日本で道化師といえば“ピエロ”が一般的だ。
    日本ではなぜ“クラウン”ではなく、“ピエロ”が定着したのか。
    クラウンは日本でいかに受けとめられてきたか。
    サーカス研究の第一人者が、日本における「道化師」の歴史をたどる。

    《目次》
    プロローグ
    第一章  クラウンの歴史
    第二章  なぜ日本では「ピエロ」が定着したのか
    第三章  日本のクラウンの原像
    第四章  近代サーカスのクラウン
    第五章  美術に描かれたクラウン
    第六章  クラウンの先駆者たち
    第七章  道化の時代
    第八章  クラウンがやって来た!
    第九章  ソ連から来たクラウンの衝撃
    第一〇章 劇場クラウンへの道
    第一一章 多様化するクラウン
    エピローグ


  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    大島 幹雄(オオシマ ミキオ)
    1953年宮城県生まれ。早稲田大学第一文学部露文科卒業。ノンフィクション作家、サーカス学会会長。石巻若宮丸漂流民の会事務局長、早稲田大学非常勤講師も務める
  • 著者について

    大島 幹雄 (オオシマ ミキオ)
    大島幹雄:1953年宮城県生まれ。早稲田大学第一文学部露文科卒業。ノンフィクション作家、サーカス学会会長。石巻若宮丸漂流民の会事務局長、早稲田大学非常勤講師も務める。著書に『海を渡ったサーカス芸人──コスモポリタン沢田豊の生涯』(平凡社)、『虚業成れり── 「呼び屋」神彰の生涯』(岩波書店)、『満洲浪漫──長谷川濬が見た夢』(藤原書店)、『〈サーカス学〉誕生──曲芸・クラウン・動物芸の文化誌』(せりか書房)、『明治のサーカス芸人はなぜロシアに消えたのか』(祥伝社)などがある。

日本の道化師―ピエロとクラウンの文化史(平凡社新書) の商品スペック

商品仕様
出版社名:平凡社
著者名:大島 幹雄(著)
発行年月日:2021/05/14
ISBN-10:4582859747
ISBN-13:9784582859744
判型:新書
対象:一般
発行形態:新書
内容:諸芸・娯楽
言語:日本語
ページ数:247ページ
縦:18cm
他の平凡社の書籍を探す

    平凡社 日本の道化師―ピエロとクラウンの文化史(平凡社新書) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!