吃音―伝えられないもどかしさ(新潮文庫) [文庫]
    • 吃音―伝えられないもどかしさ(新潮文庫) [文庫]

    • ¥60519ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年9月20日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003418905

吃音―伝えられないもどかしさ(新潮文庫) [文庫]

価格:¥605(税込)
ポイント:19ポイント(3%還元)(¥19相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年9月20日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:新潮社
販売開始日: 2021/04/26
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

吃音―伝えられないもどかしさ(新潮文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    店で注文ができない。電話に出るのが怖い。どもって奇異な視線を向けられたらという不安感から逃れられない…話したい言葉がはっきりあるのに、その通りに声が出ない「吃音」。理解されにくいことが当事者を孤独にし、時に自殺に追い込むほど苦しめる。自らも悩んだ著者が、当事者をはじめ家族や専門家など、多数の関係者に取材を続け、問題に正面から向き合った魂のノンフィクション。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    プロローグ 一八年前
    第1章 死の際に立ちながら
    第2章 ただ“普通に”話すために
    第3章 伝えられないもどかしさ
    第4章 新人看護師の死
    第5章 言葉を取り戻した先に
    第6章 私自身に起きた突然の変化
    第7章 “そのまま”のわが子を愛せるように
    エピローグ たどりついた現実
  • 内容紹介

    店で注文ができない。電話に出るのが怖い。喋ろうとしてどもってしまい、変な人だと思われたくない……話したい言葉がはっきりあるのに、その通りに声が出てこない「吃音」。目に見えず理解されにくいことが当事者を孤独にし、時に自殺に追い込むほど苦しめる。自らも悩んだ著者が、当事者をはじめ家族や同僚、研究者、支援団体に取材を続け、問題に正面から向き合った魂のノンフィクション。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    近藤 雄生(コンドウ ユウキ)
    1976(昭和51)年東京都生れ。東京大学工学部卒業、同大学院修了。ノンフィクションライター。大谷大学/京都芸術大学/放送大学非常勤講師、理系ライター集団「チーム・パスカル」メンバー。2003(平成15)年、自身の吃音をきっかけの一つとして、妻とともに日本を発つ。オーストラリア、東南アジア、中国、ユーラシア大陸で、5年以上にわたって、旅・定住を繰り返しながら月刊誌や週刊誌にルポルタージュなどを寄稿。’08年に帰国。以来、京都市を拠点に執筆する

吃音―伝えられないもどかしさ(新潮文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:新潮社
著者名:近藤 雄生(著)
発行年月日:2021/05/01
ISBN-10:4101027617
ISBN-13:9784101027616
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学評論・随筆
言語:日本語
ページ数:269ページ
縦:16cm
横:11cm
厚さ:1cm
重量:145g
他の新潮社の書籍を探す

    新潮社 吃音―伝えられないもどかしさ(新潮文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!