1日1ページ、365日で世界一周 [単行本]
    • 1日1ページ、365日で世界一周 [単行本]

    • ¥1,98060ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年6月28日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003425356

1日1ページ、365日で世界一周 [単行本]

価格:¥1,980(税込)
ポイント:60ポイント(3%還元)(¥60相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年6月28日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:成美堂出版
販売開始日: 2021/04/28
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

1日1ページ、365日で世界一周 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    さまざまな情報を集め、写真・イラスト付きで一冊に。歴史、自然、国際情勢、産業経済、民族、食、環境問題など、豊富な知識が楽しく身につく。オールカラー。
  • 目次

      ◇ 世界地図

    < アジア >
     【韓国】 時差ボケなし!?最も日本に近い外国
     【北朝鮮】 南北軍事境回線は野生生物の楽園だった!
     【モンゴル】 1k㎡あたりにわずか1.87人!世界一人口密度が低い国
     【中国】 国土が広いのに時差がないのはなぜ?
     【香港】 違いは方言以上!?中国の標準語と広東語
     【マカオ】 カジノのおかげで学費も医療費もタダ!!
     【台湾】 清水、松山、玉井・・・ 日本語の地名が多い理由は?
     【ベトナム】 「マンゴーシャワー」ってどんな雨?
     【タイ】 地下鉄には「僧侶優先席」がある!?
     【カンボジア】 1人あたりの米の消費量が世界一多い国  ほか

    < ロシア・コーカサス地方 >
     【アゼルバイジャン】 なぜ「火の国」と呼ばれるのか?
     【アルメニア】 バラ色の凝灰石が彩る首都エレバン
     【ジョージア】 クレオパトラも愛したワイン発祥の地
     【ロシア】 始発から終点まで1週間かかるシベリア鉄道
     【ロシア】 モスクワに劇場が多いのはなぜ?  ほか

    < ヨーロッパ >
     【エストニア】 投票も納税もオンラインで完結 世界一のIT先進国
     【ラトビア】 「バルトのベルサイユ」と呼ばれるルンダーレ宮殿
     【リトアニア】 世界最古のお酒 蜂蜜種「ミード」の産地
     【ベラルーシ】 チェルノブイリ原発事故で最も多くの被害を受けた国
     【ウクライナ】 肥沃な黒土地帯が分布する「ヨーロッパのパン籠」
     【チェコ】 1人あたりのビール消費量世界一 水よりビールが安い国
     【ハンガリー】 豊富な温泉が選手を育てる!?水球の強豪国
     【ルーマニア】 魔女が職業として認められている国
     【ブルガリア】 ブルガリア=ヨーグルトのイメージを定着させた商品とは?
     【ギリシャ】 パルテノン神殿はカラフルな極彩色だった!?  ほか

    < アフリカ >
     【ジブチ】 日本の猛暑どころじゃない 炎熱地獄
     【モロッコ】 世界一過酷なサハラマラソン
     【アルジェリア】 巨大な迷路のような旧市街「カスバ」とは?
     【チュニジア】 その昔、ローマ帝国に対抗した強国だった!?
     【スーダン】 2つのナイルはハルツームで出会う
     【リビア】 アフリカ一の埋蔵量を誇る石油が経済再生のカギ
     【エジプト】 エジプトといえばナイル川 その今昔
     【リベリア】 その名が示すものは独立の自由
     【コートジボワール】 チョコレート生産国の甘くない現実
     【トーゴ】 泥で造られた美しい家に住む人たち  ほか

    < グリーンランド・北極・南極・アラスカ >
     【グリーンランド】 ほとんど真っ白なのになぜ「グリーン」?
     【北極・南極】 北極 vs 南極 寒いのはどっち?広いのはどっち?
     【北極・南極】 北極と南極、これらの土地は誰のもの?
     【アラスカ】(アメリカ) トーテムポールはアラスカ発祥  ほか

    < 北米・中米・南米 >
     【カナダ】 カナダの「軸」はセントローレンス川
     【アメリカ】 いわゆる“白人”が半数を割る日が来る?
     【メキシコ】 世界遺産にもなったテキーラ文化
     【グアテマラ】 古代マヤ文明の発祥の地
     【エルサルバドル】 戦後、日本企業の海外工場進出はここから
     【ホンジュラス】 世界で人気のカリブ海リゾート
     【コスタリカ】 本当に軍隊を持っていない非武装中立国
     【パナマ】 なぜ多い? パナマ船籍
     【キューバ】 国民の数に対する医師の数が世界一多い
     【ジャマイカ】 高級コーヒーを生み出すブルー・マウンテン  ほか

    < オセアニア >
     【オーストラリア】 有袋類がこんなにいるのはどうして?
     【パプアニューギニア】 人類最古の農作物はタロイモ?
     【ニュージーランド】 公用語は英語、マオリ語、手話
     【ニューカレドニア】 神様からの贈り物!?マングローブ林に“ハート”
     【バヌアツ】 バンジージャンプの原型は恐ろしすぎる成人式
     【フィジー】 「ケレケレ」は究極のシェアリングエコノミー?
     【トンガ】 日本の冬至に目をつけて“カボチャ”で大成功
     【サモア】 世界一太っているのは遺伝子のせい?
     【ツバル】 このままでは太平洋の海に沈んでしまう?
     【ソロモン諸島】 太平洋戦争の激戦地  ほか
  • 出版社からのコメント

    世界各地から文化や産業、自然などの面白いネタを集め、イラストや写真付きで紹介。1日1ページ読めば世界の地理に詳しくなれる。
  • 内容紹介

    眺めるだけで旅気分。読めば、世界の地理に詳しくなれる!
    世界各地から文化や産業、自然、民族、食などの面白い情報を集め、イラストや写真付きで紹介。
    1日1ページ、1つのトピックスを読むことで、365日の世界一周をどうぞ楽しんでください。
    オールカラー版。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    井田 仁康(イダ ヨシヤス)
    筑波大学人間系教授。1958年東京都生まれ。筑波大学第一学群自然学類卒。博士(理学)。社会科教育・地理教育の研究を行っているほか、国際地理オリンピックにもたずさわっている。著書多数

1日1ページ、365日で世界一周 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:成美堂出版
著者名:井田 仁康(監修)
発行年月日:2021/05/20
ISBN-10:4415329489
ISBN-13:9784415329482
判型:A5
発売社名:成美堂出版
対象:実用
発行形態:単行本
内容:地理
言語:日本語
ページ数:383ページ
縦:22cm
他の成美堂出版の書籍を探す

    成美堂出版 1日1ページ、365日で世界一周 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!