ラジオの残響―ヘビーリスナー聴く語り記 [単行本]
    • ラジオの残響―ヘビーリスナー聴く語り記 [単行本]

    • ¥3,30099ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年5月23日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
ラジオの残響―ヘビーリスナー聴く語り記 [単行本]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003426929

ラジオの残響―ヘビーリスナー聴く語り記 [単行本]

価格:¥3,300(税込)
ポイント:99ポイント(3%還元)(¥99相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年5月23日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:双葉社
販売開始日: 2021/06/17
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

ラジオの残響―ヘビーリスナー聴く語り記 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    早朝も深夜も地方局もFMもくまなくラジオを聴き続けその発言を拾い上げ紡いだパーソナリティーたちの濃密なドラマ。様々の人の手を通過して掲載されるインタビュー記事、カッコつけた「情熱」の編集が前提の30分番組では到底描けない、再放送のない「流れていくメディア」だからこそ語られる本音。そのすべてを拾い集めた圧倒的な聴取経験で綴られた大著。「人間を映し出す」のがラジオなのだとすれば、あまりに必然の文字量!
  • 目次

    『ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル』     
    『サンドウィッチマンのラジオやらせろ!』
    特別編「SMAPラジオ 華麗なる終焉」
    『ももいろクローバーZ ももクロくらぶxoxo』
    『ウッチャンナンチャンのオールナイトニッポン』
    村上春樹『村上RADIO』
    『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』『春風亭昇太と乾貴美子のラジオビバリー昼ズ』
    『菊地成孔の粋な夜電波』
    『広末涼子のがんばらナイト』
    『ウーマンラッシュアワーのオールナイトニッポン0』 『ウーマンラッシュアワー村本大輔のオールナイトニッポン』 
    『倉本聰 富良野からの風を』 
    特別編 「電気グルーヴの平成ラジオ ~『オールナイトニッポン』から『たまむすび』まで」
    『清水富美加 みなぎるPM』 
    『コサキンDEワァオ!』 
    チャットモンチー『SPARK』
    『くりぃむしちゅーのオールナイトニッポン』 
    『新垣隆の音楽室』 
    『小泉今日子のオールナイトニッポン』
    『雨上がり決死隊 べしゃりブリンッ!』 
    『ウィークエンドバラエティ 日高晤郎ショー』 
    松岡茉優『AVALON』 
    『菅田将暉のオールナイトニッポン』 
    特別編「コミュニティFM『渋谷のラジオ』開局リスニング一年記」 
    『アルコ&ピースのオールナイトニッポン』シリーズ
    『上沼恵美子のこころ晴天』 
    『高橋みなみと朝井リョウ ヨブンのこと』 
    『ユニコーンのオールナイトニッポン』 
    『ゆうがたパラダイス「赤い公園・津野米咲のKOIKIなPOP・ROCKパラダイス」』
    『オードリーのオールナイトニッポン[10周年編] 』
    『Berryz工房 嗣永桃子のぷりぷりプリンセス』 
    『笑福亭鶴光のオールナイトニッポン』
    『ハイ!SPEEDで行こう!』
    『安住紳一郎の日曜天国』
    『裕木奈江のオールナイトニッポン』
    ピーター・バラカン『Barakan Beat』『ウィークエンド・サンシャイン』 ≈
    『斉藤由貴「オールナイトニッポンMUSIC10」』 
    『水曜JUNK 山里亮太の不毛な議論』 
    『さくらももこのオールナイトニッポン』 『ももこのおしゃべりチャンネル』
    特別編「『めちゃイケ』アフター ラジオで愁活(シュウカツ)」
    槇原敬之『 Who cares? 』
    特別編「永六輔 叶わなかった生放送の大往生」
    ・・・を主題とし、本文中には約200番組、約300人の話題が登場。
  • 出版社からのコメント

    すべての本音は、そのタレントにとっての城である「ラジオ番組」で語られてきた。芸能人たちの本音を追い続けたの著者が綴るドラマ。
  • 内容紹介

    無名のサンドウィッチマンがM1優勝前に地元のコミュニティFMで話していたことは? 
    SMAP解散直前の中居正広が『紅白歌合戦』と同時間放送のラジオで語っていたことは? 
    ピエール瀧は、槇原敬之は、リスナーにどう対峙していたのか? 
    すべての本音は、そのタレントにとっての城である「ラジオ番組」で常に語られてきた。
    早朝も深夜も地方局もFMもくまなく聴き続け、異能の芸能人たちの本音を追い続けた、
    テレビの放送作家でラジオのヘビースナーの著者が綴る、他メディアからは伝えられないパーソナリティーたちの濃密なドラマ。

    圧倒的な聴取経験で紡がれた800ページ近い空前絶後の大ボリュームで迫りくる本書。
    「人間を映し出すラジオを描く」のであれば、あまりに必然の文字量!
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    川野 将一(カワノ マサカズ)
    1971年10月11日、静岡県出身。テレビの放送作家でラジオのヘビーリスナー。1992年、大学在学中に編集プロダクションに加入しテレビ分野を中心としたライターとして『TeLePAL』『TVBros.』等で執筆。1996年、放送作家事務所へ。主なテレビの構成/脚本番組に『マジカル頭脳パワー!!』『笑う犬』シリーズ、『テクノマエストロ』など

ラジオの残響―ヘビーリスナー聴く語り記 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:双葉社
著者名:川野 将一(著)
発行年月日:2021/06/20
ISBN-10:457531627X
ISBN-13:9784575316278
判型:B6
発売社名:双葉社
対象:一般
発行形態:単行本
内容:諸芸・娯楽
言語:日本語
ページ数:767ページ
縦:19cm
他の双葉社の書籍を探す

    双葉社 ラジオの残響―ヘビーリスナー聴く語り記 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!