ネット企業はなぜ免責されるのか―言論の自由と通信品位法230条 [単行本]
    • ネット企業はなぜ免責されるのか―言論の自由と通信品位法230条 [単行本]

    • ¥5,720344ポイント(6%還元)
    • 在庫あり2024年4月21日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003428048

ネット企業はなぜ免責されるのか―言論の自由と通信品位法230条 [単行本]

価格:¥5,720(税込)
ポイント:344ポイント(6%還元)(¥344相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年4月21日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:みすず書房
販売開始日: 2021/06/18
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

ネット企業はなぜ免責されるのか―言論の自由と通信品位法230条 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    1996年に米国で成立した通信品位法230条は、起草段階では、匿名掲示板の主に性的な品位を欠いた投稿に対して、プロバイダー企業、プラットフォーム企業による自主規制を促すための法律だった。しかし、1997年にケネス・ゼラン対アメリカ・オンライン訴訟の判決が出ると、風向きが変わる。ユーザーの「言論の自由」を侵害しないために、企業側はむしろ投稿の監視を怠っているほうが責任を問われない、という判例ができてしまったのだ。匿名の誹謗中傷、性的人身取引の窓口、テロリストの募集…。通信品位法230条は成立から20年以上にわたり、多くの被害者が生まれる場を提供している企業を守り、育ててきた。ネット社会の礎となった法の起草から転換点となった裁判、法解釈の変遷までを克明に描く歴史物語。
  • 目次

    謝辞
    イントロダクション

    第I部 230条の誕生
    第1章 エレアザル・スミスの書店
    第2章 プロディジーの例外
    第3章 クリスとロンのランチ

    第II部 230条の興隆
    第4章 ご注文はケンまで
    第5章 ヒムラーの孫娘とベイジョー星の少女
    第6章 フラワーチャイルドと一兆ドル産業
    第7章 アメリカ例外主義

    第III部 230条のほころび
    第8章 無法地帯?
    第9章 230条を突き崩せ

    第IV部 230条の未来
    第10章 サラ対ダーティー・アーミー
    第11章 殺せ、殺せ、殺せ、殺せ
    第12章 モデレーションの動向
    第13章 例外中の例外

    結論

    解説 インターネット媒介者責任の現状と名誉毀損に対する法的救済の動向(長島光一)

    原註
    索引
  • 出版社からのコメント

    デマが流され個人情報が晒される。誹謗中傷の空間を提供した企業を守り育ててきたのは、1996年に米国で成立したある法律だった。
  • 内容紹介

    インターネットを誹謗中傷の空間に創り上げたのは、AppleがiPhoneの初号機さえ発売しておらず、マーク・ザッカーバーグがまだ11歳のころに議会に提案された、ある法律だった――。
    1996年に米国で成立した通信品位法230条は、起草段階では、匿名掲示板の主に性的な品位を欠いた投稿に対して、プロバイダー企業、プラットフォーム企業による自主規制を促すための法律だった。
    しかし、1997年にケネス・ゼラン対アメリカ・オンライン訴訟の判決が出ると、風向きが変わる。ユーザーの「言論の自由」を侵害しないために、企業側はむしろ投稿の監視を怠っているほうが責任を問われない、という判例ができてしまったのだ。
    匿名の誹謗中傷、性的人身取引の窓口、テロリストの募集……。通信品位法230条は成立から20年以上にわたり、多くの被害者が生まれる場を提供している企業を守り、育ててきた。ネット社会の礎となった法の起草から転換点となった裁判、法解釈の変遷までを克明に描く歴史物語。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    コセフ,ジェフ(コセフ,ジェフ/Kosseff,Jeff)
    1978‐。米国海軍士官学校サイバーセキュリティ法部門准教授。弁護士・元ジャーナリストであり、テクノロジー法や合衆国憲法修正第一条に精通する

    小田嶋 由美子(オダジマ ユミコ)
    翻訳家。明治大学大学院法学研究科修了

    長島 光一(ナガシマ コウイチ)
    帝京大学法学部講師。専門は民事手続法、環境法、医事法、情報法など。明治大学大学院法学研究科博士後期課程単位取得退学。明治大学法学部助手を経て現職
  • 著者について

    ジェフ・コセフ (ジェフコセフ)
    1978年生まれ。米国海軍士官学校サイバーセキュリティ法部門准教授。弁護士・元ジャーナリストであり、テクノロジー法や合衆国憲法修正第一条に精通する。著書にThe Twenty-Six Words That Created the Internet (Cornell University Press, 2019、『ネット企業はなぜ免責されるのか』小田嶋由美子訳・長島光一監修、みすず書房)、Cybersecurity Law(Wiley, 2017)がある。

    小田嶋由美子 (オダジマユミコ)
    翻訳家。明治大学大学院法学研究科修了。訳書にヤング『インターネット中毒』(毎日新聞社 1998)スパーダフォリ他『猫のいる生活』(清流出版 2003)アング『デジタル写真大事典』(共訳 エムピーシー 2005)ガワンデ『予期せぬ瞬間』(共訳 みすず書房 2017)ウェスタビー『鼓動が止まるとき』(みすず書房 2018)プリスビロー『意識と感覚のない世界』(みすず書房 2019)コセフ『ネット企業はなぜ免責されるのか』(みすず書房 2021)などがある。

    長島光一 (ナガシマコウイチ)
    帝京大学法学部講師。専門は民事手続法、環境法、医事法、情報法など。明治大学大学院法学研究科博士後期課程単位取得退学。明治大学法学部助手を経て現職。著書に『法学入門』(共編著 成文堂 2018)『スタンダード法学』(共著 芦書房 2018)『著作権法コンメンタール(改訂版)Ⅲ』(共著 第一法規 2020)『看護をめぐる法と制度(第2版)』(共著 メディカ出版 2021)などがある。

ネット企業はなぜ免責されるのか―言論の自由と通信品位法230条 の商品スペック

商品仕様
出版社名:みすず書房
著者名:ジェフ コセフ(著)/小田嶋 由美子(訳)/長島 光一(監修)
発行年月日:2021/06/16
ISBN-10:4622090066
ISBN-13:9784622090069
判型:B6
発売社名:みすず書房
対象:一般
発行形態:単行本
内容:社会
言語:日本語
ページ数:428ページ ※399,29P
縦:20cm
重量:550g
その他: 原書名: THE TWENTY-SIX WORDS THAT CREATED THE INTERNET〈Kosseff,Jeff〉
他のみすず書房の書籍を探す

    みすず書房 ネット企業はなぜ免責されるのか―言論の自由と通信品位法230条 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!