『一遍聖絵』の世界 [単行本]
    • 『一遍聖絵』の世界 [単行本]

    • ¥2,20066ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年5月22日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003429632

『一遍聖絵』の世界 [単行本]

価格:¥2,200(税込)
ポイント:66ポイント(3%還元)(¥66相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年5月22日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:吉川弘文館
販売開始日: 2021/07/03
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

『一遍聖絵』の世界 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    踊念仏で知られる一遍の生涯を描いた国宝『一遍聖絵』。全篇にわたって詞書に沿って構図に注目。豊富なカラー図版で一遍の足取りを辿り、これまでの研究でいまだ明らかにされていなかった絵巻の全体像と魅力に迫る。
  • 目次

    はじめに/『一遍聖絵』の制作(出家した一遍/修行の始まり/信仰の確信/遊行の開始/熊野での啓示)/遊行の旅路(融通念仏の遊行/苦難の遊行を経て/福岡の市/京の因幡堂)/踊念仏とともに(踊念仏の始まり/東山道の遊行/奥州への道)/東海道の一遍(鎌倉入りと踊念仏の展開/板屋舞台での踊念仏/伊豆三島社での往生と奇瑞/東海道での奇瑞)/踊念仏の熱狂から農漁村へ(入京への試練/京の一遍/北国の旅路をゆく)/先達の古跡を追って(神事・仏事の奇瑞/聖徳太子の跡を訪ねて/往生を考える/今様に誘われて/芸能を訪ねて)/最期の旅(伊予三島社の一遍/往生の地を求めて/臨終の地に向かう/臨終の時/一遍の往生)/『聖絵』とその周辺(絵巻はいかに制作されたか/聖戒とその周辺/『聖絵』の工夫/円伊はいかなる絵師か/『一遍聖絵』と他の一遍関係絵巻との違い)
  • 出版社からのコメント

    全篇にわたり詞書に沿って構図に注目。豊富なカラー図版で一遍の足取りを辿り、明らかにされていなかった絵巻の全体像と魅力に迫る。
  • 内容紹介

    踊念仏で知られる一遍の生涯を描いた国宝絵巻『一遍聖絵』。鎌倉時代後期の社会を活写した重要資料を、その全篇にわたって詞書に沿って構図に注目する。豊富なカラー図版で一遍の足取りを辿り、人びとの姿や動き、自然の移ろいに目をこらす。これまでの研究でいまだ明らかにされていなかった『一遍聖絵』の全体像と魅力に鮮やかに迫る注目の一冊。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    五味 文彦(ゴミ フミヒコ)
    1946年、山梨県に生まれる。1970年、東京大学大学院修士課程修了。神戸大学講師、お茶の水女子大学助教授、東京大学教授、放送大学教授等を経て、東京大学名誉教授、放送大学名誉教授
  • 著者について

    五味 文彦 (ゴミ フミヒコ)
    1946年山梨県生れ。1970年東京大学大学院修士課程修了。神戸大学講師、お茶の水女子大学助教授、東京大学教授、放送大学教授を経て、現在、東京大学名誉教授・放送大学名誉教授。※2021年8月現在
    【主要編著書】『院政期社会の研究』(山川出版社、1984年)、『書物の中世史』(みすず書房、2003年)、『現代語訳吾妻鏡』全16巻・別巻1(共編、吉川弘文館、2007~2016年)、『文学で読む日本の歴史』5巻(山川出版社2020)

『一遍聖絵』の世界 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:吉川弘文館
著者名:五味 文彦(著)
発行年月日:2021/07/20
ISBN-10:4642083960
ISBN-13:9784642083966
判型:A5
対象:教養
発行形態:単行本
内容:日本歴史
言語:日本語
ページ数:126ページ
縦:21cm
他の吉川弘文館の書籍を探す

    吉川弘文館 『一遍聖絵』の世界 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!