六代目圓生コレクション 寄席育ち(岩波現代文庫) [文庫]
    • 六代目圓生コレクション 寄席育ち(岩波現代文庫) [文庫]

    • ¥1,73853ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年12月4日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
六代目圓生コレクション 寄席育ち(岩波現代文庫) [文庫]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003431987

六代目圓生コレクション 寄席育ち(岩波現代文庫) [文庫]

  • 5.0
価格:¥1,738(税込)
ポイント:53ポイント(3%還元)(¥53相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年12月4日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:岩波書店
販売開始日: 2021/06/17
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

六代目圓生コレクション 寄席育ち(岩波現代文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    明治・大正・昭和の芸界を生き抜いてきた名人・六代目三遊亭圓生。数多くの著書を遺しているが、本書はその代表作である。自らの生い立ち、修業時代、芸談、噺家列伝など、芸一筋の人生をつぶさに語る。聞き手・山本進によって、圓生ならではの口跡そのままに綴られており、語りの妙を堪能できる。さらに綿密な考証が施され、落語史・芸能史・庶民生活史の資料としても貴重である。
  • 目次

     口 上

    明治篇
     出生
     幼時
     上京
     寄席出演
     雛鍔
     小学教育
     新宿往時
     圓朝忌
     花井お梅
     鼻の圓遊
     伊香保行き
     噺家転向
     噺の稽古〈その一〉
     圓馬の稽古
     踊りの稽古
     噺の稽古〈その二〉
     小せんの稽古
     圓童日常
     読書
     圓生結縁
     異父弟妹
     前座
     鳴物
     出番
     席あれこれ
     楽屋芸談―初代圓左
     第一次研究会
     研究会出勤
     柳・三遊大寄
     赤坂の燕路
     先代出自
     明治から大正へ

    大正篇
     名人圓喬〈その一〉
     名人圓喬〈その二〉
     名人圓喬〈その三〉
     噺家の服装
     柳橋の圓橘
     楽屋奇人伝〈その一〉
     楽屋奇人伝〈その二〉
     楽屋奇人伝〈その三〉
     末広亭清風
     小圓蔵襲名
     先代洋行
     女郎買いの会
     演芸会社
     睦会
     真打昇進
     柳亭市馬
     結婚
     定連
     品川の死
     品川出自
     品川の芸風
     品川の気質
     東西会
     芝三光亭
     関東大震災
     圓蔵襲名
     その頃の演目

    昭和篇
     青山三光亭
     引越し時代
     柳家三語楼
     第二次研究会
     麻雀クラブ
     貧乏ばなし
     圓蔵時代
     信心と方除け
     寄席厭世
     中北支慰問
     先代の死
     発憤
     六代目圓生襲名
     花月独演会
     演目充実
     満洲行き
     終戦まで
     大連にて〈その一〉
     大連にて〈その二〉
     密航船〈その一〉
     密航船〈その二〉
     引き揚げ
     寄席復帰
     開眼
     三十日会
     第四次研究会
     第四次研究会〈続き〉
     独演会
     芸術祭賞
     芝居とテレビ

    芸談篇
     自分の芸
     芸の行儀
     芸の味
     芸の基本
     形の基本
     芸と年齢
     芸の噓
     踊りと唄
     サゲについて
     切れ字と間
     話し癖
     お客と受け方
     お客様がたへ
     新作論議
     古典の改良
     芸道奥の院
     レコード

    列伝篇
     三遊亭圓遊
     三遊亭圓右
     三遊亭遊三
     三遊亭圓馬
     朝寝坊むらく
     立川談志
     古今亭志ん生
     金原亭馬生
     古今亭今輔
     三遊亭金馬
     林家正蔵
     柳亭〈談洲楼〉燕枝
     春風亭柳枝
     麗々亭〈春風亭〉柳橋
     柳家小さん
     柳家小せん
     柳家つばめ
     柳家小三治
     三笑亭可楽
     桂文楽
     柳亭左楽
     蝶花楼馬楽
     三升家小勝
     立花家橘之助
     一柳斎柳一
     西川たつ

     三遊亭圓生年譜
     三遊亭圓生代々(初代~四代)
     あとがき……………山本 進
     岩波現代文庫版あとがき……………山本 進
     解 説……………延広真治
  • 出版社からのコメント

    圓生みずから、生い立ち、修業時代、芸談、噺家列伝等をつぶさに語る。資料としても貴重。解説=延広真治
  • 内容紹介

    明治・大正・昭和の芸界を生き抜いてきた名人・六代目圓生。本書はその代表作である。生い立ち、修業時代、芸談、噺家列伝など、芸一筋の人生をつぶさに語る。聞き手・山本進によって、圓生の口跡そのままに綴られ、語りの妙を堪能できる。さらに綿密な考証が施され、落語史・芸能史の資料としても貴重である。解説=延広真治
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    三遊亭 圓生(サンユウテイ エンショウ)
    1900‐1979年。落語家。子ども義太夫を経て落語家に転向、橘家圓童で初高座。20年橘家圓好で真打。41年六代目三遊亭圓生を襲名。45年春、志ん生らと共に満洲に渡り慰問公演を行い、大連で終戦を迎える。戦後は完成度の高い高座を披露、押しも押されもせぬ大看板として活躍。65‐72年落語協会会長。68年芸術選奨文部大臣賞、72年芸術祭大賞、73年勲四等瑞宝章を受ける

六代目圓生コレクション 寄席育ち(岩波現代文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:岩波書店
著者名:三遊亭 圓生(著)
発行年月日:2021/06/15
ISBN-10:4006023332
ISBN-13:9784006023331
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:諸芸・娯楽
言語:日本語
ページ数:508ページ
縦:15cm
横:11cm
厚さ:2cm
重量:310g
他の岩波書店の書籍を探す

    岩波書店 六代目圓生コレクション 寄席育ち(岩波現代文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!