消費課税の将来構想―租税法研究〈第49号〉 [単行本]

販売休止中です

    • 消費課税の将来構想―租税法研究〈第49号〉 [単行本]

    • ¥3,850116ポイント(3%還元)
100000009003432300

消費課税の将来構想―租税法研究〈第49号〉 [単行本]

価格:¥3,850(税込)
ポイント:116ポイント(3%還元)(¥116相当)
日本全国配達料金無料
出版社:有斐閣
販売開始日: 2021/07/12
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

消費課税の将来構想―租税法研究〈第49号〉 [単行本] の 商品概要

  • 目次(「BOOK」データベースより)

    論説・コメント(消費課税の意義と将来構想;渡辺報告に対するコメント;近時の消費税法の改正とその課題―軽減税率と適格請求書等保存方式を中心に;酒井報告に対するコメント;越境取引と消費税;西山報告に対するコメント;経済のデジタル化・キャッシュレス化と消費税;野一色報告に対するコメント;脱炭素社会と消費課税―車体課税を中心として;柴報告に対するコメント)
    シンポジウム(消費課税の将来構想)
    学界展望(租税法学界の動向;学会記事)
  • 内容紹介

    【論説・コメント】
    消費課税の意義と将来構想(渡辺智之)/渡辺報告に対するコメント(田中治)/近時の消費税法の改正とその課題──軽減税率と適格請求書等保存方式を中心に(酒井貴子)/酒井報告に対するコメント(望月爾)/越境取引と消費税(西山由美)/西山報告に対するコメント(田中啓之)/経済のデジタル化・キャッシュレス化と消費税(野一色直人)/野一色報告に対するコメント(渡辺徹也)/脱炭素社会と消費課税──車体課税を中心として(柴由花)/柴報告に対するコメント(神山弘行)
    【シンポジウム】
    消費課税の将来構想
    【学界展望】
    租税法学界の動向

消費課税の将来構想―租税法研究〈第49号〉 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:有斐閣
著者名:租税法学会(編)
発行年月日:2021/06/30
ISBN-10:4641228140
ISBN-13:9784641228146
ISSNコード:09104313
判型:A5
発売社名:有斐閣
対象:専門
発行形態:単行本
内容:法律
言語:日本語
ページ数:162ページ
縦:22cm
その他:消費課税の将来構想
他の有斐閣の書籍を探す

    有斐閣 消費課税の将来構想―租税法研究〈第49号〉 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!