一夜の夢―照降町四季〈4〉(文春文庫) [文庫]
    • 一夜の夢―照降町四季〈4〉(文春文庫) [文庫]

    • ¥82525ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年10月27日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003432850

一夜の夢―照降町四季〈4〉(文春文庫) [文庫]

価格:¥825(税込)
ポイント:25ポイント(3%還元)(¥25相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年10月27日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:文藝春秋
販売開始日: 2021/07/07
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 48865位1日間100位以内
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

一夜の夢―照降町四季〈4〉(文春文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    派閥争いで命を落とした周五郎の兄。存続の危機に立たされた旧藩・豊前小倉藩から呼び出された周五郎は、照降町を去らなくてはならないのか。そして、佳乃との関係は―大火から九ケ月、新設された中村座で佳乃をモデルにした芝居の幕が開く。大入り満席の中には、意外な人の姿があった。勇気と感動の全四巻ついに完結!
  • 出版社からのコメント

    豊前小倉藩から呼び出しを受ける周五郎。大火から半年、佳乃をモデルにした舞台の幕が開くが――勇気と感動の物語、完結!
  • 内容紹介

    焼失した建物の再建も進む中、舟を使った出店、千代田の城を見ながらの絶品風呂など
    アイデアをいかした商いも続々生まれ、照降町は元気を取り戻そうとしている。
    町の復興の要となり、照降町の人々の支えとなっている周五郎だったが、
    小倉藩の派閥争いの中、実兄が命をおとし、藩主からのSOSに苦悩するが…
    周五郎が町をいずれ去ることを覚悟する佳乃の想いとは。

    大火から9ケ月後、二丁町には官許の芝居小屋中村座が完成。こけら落としの出し物は
    佳乃をモデルにしたものだった。大入り満員の最終日、客席には意外な人物が。

    コロナ下と重なる江戸の情景と、人々の想いが元気をくれる!
    佐伯泰英の新作四巻、ついに完結!
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    佐伯 泰英(サエキ ヤスヒデ)
    1942年、北九州市生まれ。日本大学芸術学部映画学科卒。デビュー作『闘牛』をはじめ、滞在経験を活かしてスペインをテーマにした作品を発表。99年、時代小説に転向。「密命」シリーズを皮切りに次々と作品を発表して高い評価を受け、“文庫書き下ろし時代小説”という新たなジャンルを確立する。2018年、菊池寛賞受賞

一夜の夢―照降町四季〈4〉(文春文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:文藝春秋
著者名:佐伯 泰英(著)
発行年月日:2021/07/10
ISBN-10:4167917173
ISBN-13:9784167917173
判型:文庫
発売社名:文藝春秋
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:361ページ
縦:16cm
他の文藝春秋の書籍を探す

    文藝春秋 一夜の夢―照降町四季〈4〉(文春文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!