わざわざゾンビを殺す人間なんていない。(二見ホラー×ミステリ文庫) [文庫]
    • わざわざゾンビを殺す人間なんていない。(二見ホラー×ミステリ文庫) [文庫]

    • ¥88027ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年9月24日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
わざわざゾンビを殺す人間なんていない。(二見ホラー×ミステリ文庫) [文庫]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003434305

わざわざゾンビを殺す人間なんていない。(二見ホラー×ミステリ文庫) [文庫]

価格:¥880(税込)
ポイント:27ポイント(3%還元)(¥27相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年9月24日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:二見書房
販売開始日: 2021/07/24
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

わざわざゾンビを殺す人間なんていない。(二見ホラー×ミステリ文庫) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    地球上の全ての生物がウイルスに感染し、誰もがいずれ活性化遺体(ゾンビ)になる世界。ゾンビは家畜ゾンビとして施設で管理されるか、野良ゾンビとして徘徊する―そんな中、ある細胞活性化研究者が密室の中でゾンビ化してしまう。彼はいつ死んだのか、どのようにゾンビになったのか、取り調べが行われる現場に探偵・八つ頭瑠璃が現れ、その謎に迫っていく―。
  • 出版社からのコメント

    世界中の動物がウイルスに感染、死後誰もがゾンビ化する世界。ある邸宅で密室殺人が起こる。探偵八つ頭瑠璃が強引に推理を始める――
  • 内容紹介

    【 創刊 二見ホラー×ミステリ文庫 】 毎月20日頃発売

    死ねば誰もが活性化死体(ゾンビ)化する世界

    密室の中で突然ゾンビ化した研究者
    その真相は──


    地球上の全ての生物がウイルスに感染し、誰もがいずれ活性化遺体(ゾンビ)になる世界。
    ゾンビは家畜ゾンビとして施設で管理されるか、野良ゾンビとして徘徊する──そんな中、ある細胞活性化研究者が密室の中でゾンビ化してしまう。
    彼はいつ死んだのか、どのようにゾンビになったのか、取り調べが行われる現場に探偵・八つ頭瑠璃が現れ、謎に迫っていく──
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    小林 泰三(コバヤシ ヤスミ)
    1962年、京都府生まれ。大阪大学大学院修了。95年「玩具修理者」で第二回日本ホラー小説大賞短編賞を受賞しデビュー。98年「海を見る人」で第10回SFマガジン読者賞国内部門、2014年に『アリス殺し』で啓文堂書店文芸書大賞、17年に『ウルトラマンF』で星雲賞(日本長編部門)を受賞。20年に病没
  • 著者について

    小林 泰三 (コバヤシ ヤスミ)
    小林泰三(こばやし・やすみ)
    1962年、京都府生まれ。大阪大学大学院修了。95年「玩具修理者」で第二回日本ホラー小説大賞短編賞を受賞しデビュー。
    98年「海を見る人」で第10回SFマガジン読者賞国内部門、2014年に『アリス殺し』で啓文堂書店文芸書大賞、17年に『ウルトラマンF』で星雲賞(日本長編部門)を受賞。
    『ドロシイ殺し』『因業探偵』『人外サーカス』『未来からの脱出』など、精力的に執筆していたが、20年に病没。

わざわざゾンビを殺す人間なんていない。(二見ホラー×ミステリ文庫) の商品スペック

商品仕様
出版社名:二見書房
著者名:小林 泰三(著)
発行年月日:2021/08/20
ISBN-10:4576211137
ISBN-13:9784576211138
判型:文庫
発売社名:二見書房
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:398ページ
縦:15cm
横:11cm
厚さ:2cm
重量:220g
他の二見書房の書籍を探す

    二見書房 わざわざゾンビを殺す人間なんていない。(二見ホラー×ミステリ文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!