中国と戦うときがきた日本―経済安全保障で加速する日本の中国排除 [単行本]
    • 中国と戦うときがきた日本―経済安全保障で加速する日本の中国排除 [単行本]

    • ¥1,65050ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年10月29日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003437843

中国と戦うときがきた日本―経済安全保障で加速する日本の中国排除 [単行本]

価格:¥1,650(税込)
ポイント:50ポイント(3%還元)(¥50相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年10月29日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:徳間書店
販売開始日: 2021/06/02
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

中国と戦うときがきた日本―経済安全保障で加速する日本の中国排除 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    日米の経済安全保障で、中国ビジネスは崩壊へ!楽天、LINE、ユニクロ、無印良品、パナソニック…中国と提携する企業に迫る致命的リスク、アメリカ「2021年戦略的競争法」がもたらす衝撃や秒読み段階に入った韓国の離反と尖閣・台湾危機など、急速に進展する日本の脱中国と対立激化の影響を気鋭のエコノミストが解説!
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 中国にかかわることが最大のリスクとなった日本(変わりはじめた米中対立構造;バイデン政権でさらに燃え上がる中国の人権問題 ほか)
    第2章 超弩級の中国経済大破滅がやってくる(不動産バブルを認識、総量規制に乗り出した中国;不動産バブルはどこまで崩壊するか ほか)
    第3章 経済安全保障で中国と対決する世界(ついに日本も米中対立への参戦を表明;中国を排除するために進む日米の法整備 ほか)
    第4章 日本は中国にどう勝つか(レッドチームへ行く韓国;文在寅政権で中国の属国に戻った韓国 ほか)
  • 出版社からのコメント

    日米経済安全保障で、経済的集団的自衛権が発動! 中国とつながる企業は命取りに。米国の新たな対中制裁法と日本の今後を解説!
  • 内容紹介

    ネットメディアに引っ張りだこのエコノミストが
    日米経済安全保障による日本の対中政策、
    対中ビジネスの大転換を解説!


    楽天、ユニクロ、無印良品、パナソニックなど、
    中国にのめり込む企業の命運は? 
    次に危ない企業は?

    経済的集団的自衛権の発動で、日中関係は激変、
    尖閣侵略、台湾有事に備えたアジア版NATO成立へ!

    日米「経済安全保障」により、経済的集団的自衛権が発動! 中国企業の出資を受ける楽天は日米政府の共同監視対象に、対中情報管理が甘かったLINEは体制改善を迫られ、ユニクロや無印良品などはウイグル人強制労働との関連を内外から追及されるなど、中国ビジネスはもはや最大のリスクとなった。次に危ない企業はどこか。米国「2021年 戦略的競争法」施行で日本の対中政策は180度大転換が必至、そこで何が起こるのか。気鋭エコノミストが解説!

    第1章 
    中国にかかわることが最大のリスクとなった日本

    ・バイデン政権でさらに燃え上がる中国の人権問題
    ・西側では中国企業との取引が致命傷になる
    ・国際金融もウイグル関連企業から資金引き上げ
    ・中国ワクチン外交の危険な罠
    ・中国共産党による民間企業支配が始まった
    ・海外のビッグデータまでも中国が支配する恐怖
    ・中国は情報データの提出義務を法制化 
    ほか


    第2章 
    超弩級の中国経済大破滅がやってくる

    ・中国の不動産バブルはどこまで崩壊するか
    ・銀行破綻を見越した政策を打ち出した中国政府
    ・バランスシート不況に陥る中国
    ・「デジタル人民元」が絶対に失敗する理由
    ・深刻な人口減少が始まった中国
    ・中国はアメリカを超えることができない
    ・ワクチンで立ち直る世界と高まる中国責任論 
    ほか

    第3章
    経済安全保障で中国と対決する世界

    ・ついに日本も米中対立への参戦を表明
    ・中国を排除するために進む日米の法整備
    ・クリーンネットワーク構築で中国は完全排除
    ・楽天が日米政府の共同監視になった背景
    ・日本が台湾との国交回復を宣言する日
    ・アメリカ「2021年 戦略的競争法」の衝撃
    ・ほとんど意味がない中国の報復措置
    ・反中同盟の主役となりつつあるイギリス
    ほか

    第4章
    日本は中国にどう勝つか

    ・レッドチームへ行く韓国が日本の脅威となる
    ・文在寅政権で中国の属国に戻った韓国
    ・「法」の概念が世界と違う中国
    ・急がれる企業、大学などの経済安保体制の構築
    ・これを知らないと米国の制裁対象となり破綻
    ・中国と戦うための改革が求められる日本
    ・日中決戦のときに備えよ
    ほか
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    渡邉 哲也(ワタナベ テツヤ)
    作家・経済評論家。1969年生まれ。日本大学法学部経営法学科卒業。貿易会社に勤務した後、独立。複数の企業運営などに携わる。大手掲示板での欧米経済、韓国経済などの評論が話題となり、2009年、『本当にヤバイ!欧州経済』(彩図社)を出版、欧州危機を警告し大反響を呼んだ。内外の経済・政治情勢のリサーチや分析に定評があり、さまざまな政策立案の支援から、雑誌の企画・監修まで幅広く活動を行っている
  • 著者について

    渡邉哲也 (ワタナベテツヤ)
    作家・経済評論家。1969年生まれ。日本大学法学部経営法学科卒業。貿易会社に勤務した後、独立。複数の企業運営などに携わる。大手掲示板での欧米経済、韓国経済などの評論が話題となり、2009年、『本当にヤバイ!欧州経済』(彩図社)を出版、欧州危機を警告し大反響を呼んだ。内外の経済・政治情勢のリサーチや分析に定評があり、さまざまな政策立案の支援から、雑誌の企画・監修まで幅広く活動を行っている。著書に『これからすごいことになる日本経済』『パナマ文書』『「中国大崩壊」入門』『「韓国大破滅」入門』『「新型コロナ恐慌」後の世界』『2030年 「シン・世界」大全』(以上、徳間書店)などのベストセラーの他、『「お金」と「経済」の法則は歴史から学べ!』(PHP研究所)、『今だからこそ、知りたい「仮想通貨」の真実』(ワック)、『GAFAvs.中国』(ビジネス社)など多数。

中国と戦うときがきた日本―経済安全保障で加速する日本の中国排除 の商品スペック

商品仕様
出版社名:徳間書店
著者名:渡邉 哲也(著)
発行年月日:2021/05/31
ISBN-10:4198652619
ISBN-13:9784198652616
判型:B6
発売社名:徳間書店
対象:一般
発行形態:単行本
内容:社会科学総記
言語:日本語
ページ数:230ページ
縦:19cm
横:13cm
他の徳間書店の書籍を探す

    徳間書店 中国と戦うときがきた日本―経済安全保障で加速する日本の中国排除 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!