漸近的安全性による重力の量子論へのアプローチ [単行本]
    • 漸近的安全性による重力の量子論へのアプローチ [単行本]

    • ¥4,950149ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
漸近的安全性による重力の量子論へのアプローチ [単行本]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003442178

漸近的安全性による重力の量子論へのアプローチ [単行本]

価格:¥4,950(税込)
ポイント:149ポイント(3%還元)(¥149相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:丸善出版
販売開始日: 2021/07/20
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

漸近的安全性による重力の量子論へのアプローチ [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    アインシュタインの一般相対性理論によって、宇宙における古典的な物理現象は概ね計算で説明がつく。しかし宇宙初期のビッグバン特異性を理解するには、量子力学が必要である。もしこの2つの理論を統合することができれば、重力の量子論(量子重力理論)は完成するのだが、未だ課題が残る。これまで多くの研究者がその課題に挑み、超弦理論やループ重力理論などいくつもの理論が提唱されてきた。本書では、別の方法の一つとして注目が集まる「漸近的安全性」(Asymptotic Safety)の概念を用いて重力の量子論にアプローチする。
  • 目次

    第1章 はじめに
     1.1 なぜ重力の量子論は必要なのか
     1.2 場の量子論
     1.3 場の量子論の困難
     1.4 超弦理論の登場
     1.5 場の量子論としての量子重力理論
     1.6 本書の内容,他の量子重力理論へのアプローチ

    第2章 経路積分と有効作用
     2.1 量子力学における経路積分
     2.2 場の量子論における経路積分
     2.3 場の量子論における生成汎関数
     2.4 スカラー場の例
     2.5 有効作用と1 粒子既約グラフ
    第3章 摂動論による重力理論のくりこみ可能性
     3.1 平坦時空の周りの揺らぎ
     3.2 量子化
     3.3 Slavnov-Taylor恒等式
     3.4 くりこみ可能性

    第4章 汎関数くりこみ群方程式と量子論
     4.1 厳密くりこみ群方程式
     4.2 漸近的安全性
     4.3 近似法

    第5章 汎関数くりこみ群方程式による重力の量子論
     5.1 背景場の方法
     5.2 一般相対論の1 ループ
     5.3 切断法
     5.4 スケーリング指数
     5.5 III型切断とpure cutoff

    第6章 f(R)重力
     6.1 正曲率のアインシュタイン空間上のf(R)重力
     6.2 くりこみ群方程式
     6.3 スペクトル和
     6.4 厳密解
     6.5 大域的数値解
     6.6 異なる切断による多項式解
     6.7 双曲面上のf(R)重力

    第7章 計量のパラメトリゼーションとゲージ依存性
     7.1 計量のパラメトリゼーション
     7.2 アインシュタイン重力
     7.3 高階微分重力

    第8章 任意次元における一般背景時空上の高階微分理論
     8.1 4階微分重力
     8.2 作用の2次展開
     8.3 汎関数くりこみ群方程式によるベータ関数の導出
     8.4 4次元
     8.5 4次元近傍
     8.6 3次元
     8.7 理論のユニタリー性

    第9章 物質場と結合した重力理論
     9.1 重力場
     9.2 重力FPゴースト場
     9.3 実スカラー場
     9.4 ベクトル場
     9.5 ディラック場
     9.6 重力理論のベータ関数
     9.7 摂動近似の固定点解析
     9.8 U(1)電荷のベータ関数
     9.9 ヒッグス場の4点結合

    第10章 物理的応用
     10.1 ブラックホール
     10.2 有効作用の計算
     10.3 漸近的安全性における諸問題

    付録A 公式
        A.1 任意背景場における曲率の展開 / A.2 York分解とLichnerowiczラプラシアン
    付録B 熱核による有効作用の評価
        B.1 熱核展開によるトレースの計算 / B.2 熱核係数 / B.3 球面上の場合 /
        B.4 定曲率空間における熱核展開 / B.5 スカラー / B.6 ベクトル /
        B.7 テンソル / B.8 非局所的熱核展開 / B.9 双曲空間上のラプラス演算子のスペクトル
    付録C 一般次元の一般背景場上の量子場に関する2次項の公式
        C.1 UとV / C.2 トレース
    付録D f(R)理論とアインシュタイン重力とスカラー場が結合した理論の同等性
        D.1 古典的同等性 / D.2 量子論的同等性
    付録E 文献解説
  • 出版社からのコメント

    注目が集まる「漸近的安全性」の概念を用いて量子重力理論にアプローチし、その基礎から問題点までを幅広く解説する。
  • 内容紹介

    宇宙における古典的な物理現象は、アインシュタインの一般相対論で概ね計算で説明がつくようになった。しかし、宇宙初期のビッグバン特異性を理解するには量子力学が必要である。もし、この2つの理論が統合できれば、重力の量子論(量子重力理論)は完成するのだが、課題が残り未完成の理論となっている。これまで多くの研究者がその課題に挑み、いくつもの理論が提唱されてきた。なかでも超弦理論やループ重力理論は有力候補と考えられてきたが、近年はあまりめぼしい進展が得られていない。そこで現在、別のアプローチ方法のひとつとして、「漸近的安全性」(Asymptotic Safety)に注目が集まっている。

    本書では、漸近的安全性の概念を用いて量子重力理論にアプローチする。基礎から丁寧に幅広く解説する一方で、現時点での問題点も明確に提示し、今後この方向に興味を持ち、その問題に挑戦する学生や研究者に向ける一冊。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    太田 信義(オオタ ノブヨシ)
    国立中央大学(台湾)客員教授、(兼任)近畿大学理工学総合研究所研究員。東京大学理学系大学院博士課程修了、理学博士。日本学術振興会奨励研究員(東京大学理学部)、イタリアINFN研究員(ローマ)、大阪大学教養部助手、同講師、同助教授、日本学術振興会海外特別研究員(University of Texas at Austin)、北欧理論物理学研究所(NORDITA)客員教授、大阪大学理学部助教授、近畿大学理工学部教授を経て現職。専門は素粒子、重力、宇宙論に関する理論

漸近的安全性による重力の量子論へのアプローチ [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:丸善出版
著者名:太田 信義(著)
発行年月日:2021/07/30
ISBN-10:4621306324
ISBN-13:9784621306321
判型:A5
発売社名:丸善出版
対象:専門
発行形態:単行本
内容:物理学
言語:日本語
ページ数:212ページ
縦:21cm
横:15cm
他の丸善出版の書籍を探す

    丸善出版 漸近的安全性による重力の量子論へのアプローチ [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!