伴走型支援―新しい支援と社会のカタチ [単行本]
    • 伴走型支援―新しい支援と社会のカタチ [単行本]

    • ¥2,20066ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009003444094

伴走型支援―新しい支援と社会のカタチ [単行本]

価格:¥2,200(税込)
ポイント:66ポイント(3%還元)(¥66相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:有斐閣
販売開始日: 2021/09/01
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

伴走型支援―新しい支援と社会のカタチ [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    ひきこもり、8050問題、ゴミ屋敷、生活困窮、子どもの貧困…。“深まる社会的孤立”につながり続ける支援を!
  • 目次

    第Ⅰ部 伴走型支援を考える
     第1章 伴走型支援の理念と価値(奥田知志) 第2章 なぜ伴走型支援が求められているのか(稲月正) 第3章 単身化する社会と社会的孤立に対する伴走型支援(藤森克彦)
    第Ⅱ部 人と地域に伴走する支援
     第4章 伴走型支援と地域づくり(勝部麗子) 第5章 アウトリーチと伴走型支援(谷口仁史) 第6章 越境する伴走型支援(大原裕介) 第7章 日本における伴走型支援の展開(原田正樹)
    第Ⅲ部 新しい社会を構想する
     第8章 伴走型支援と当事者研究(向谷地生良) 第9章 伴走型支援は本当に有効か(野澤和弘) 第10章 伴走型支援がつくる未来(村木厚子)
    終 章 あらためて伴走型支援とは何か──物語の支援(奥田知志)
  • 内容紹介

    困窮や孤立,今日的なニーズへの支援として「伴走型支援」への期待が高まっている。この支援を通して社会はどのように変わるのか。10名のパイオニアが実践や研究の中から紡ぎ出す貴重なメッセージから,その概念や方法,課題や可能性について多面的に考える。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    奥田 知志(オクダ トモシ)
    NPO法人抱樸理事長、東八幡キリスト教会牧師。これまでに3600人(2021年3月現在)以上のホームレスの人々の自立を支援。その他、生活困窮者自立支援全国ネットワーク共同代表、共生地域創造財団代表理事、全国居住支援法人協議会共同代表、国の審議会等の役職も歴任

    原田 正樹(ハラダ マサキ)
    日本福祉大学社会福祉学部教授。専攻は地域福祉、福祉教育。日本地域福祉学会会長、日本福祉教育・ボランティア学習学会会長などを務める。厚生労働省の地域力強化検討会(座長)、地域共生社会推進検討会などに参画。全国生活困窮者自立支援ネットワーク理事、全国社会福祉協議会・ボランティア市民活動振興センター運営委員などを歴任

伴走型支援―新しい支援と社会のカタチ [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:有斐閣
著者名:奥田 知志(編)/原田 正樹(編)
発行年月日:2021/08/30
ISBN-10:4641174660
ISBN-13:9784641174665
判型:A5
発売社名:有斐閣
対象:教養
発行形態:単行本
内容:社会
言語:日本語
ページ数:199ページ
縦:21cm
他の有斐閣の書籍を探す

    有斐閣 伴走型支援―新しい支援と社会のカタチ [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!