はじめてのUXリサーチ―ユーザーとともに価値あるサービスを作り続けるために [単行本]
    • はじめてのUXリサーチ―ユーザーとともに価値あるサービスを作り続けるために [単行本]

    • ¥2,20066ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年8月13日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003447067

はじめてのUXリサーチ―ユーザーとともに価値あるサービスを作り続けるために [単行本]

松薗 美帆(共著)草野 孔希(共著)
価格:¥2,200(税込)
ポイント:66ポイント(3%還元)(¥66相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年8月13日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:翔泳社
販売開始日: 2021/08/05
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

はじめてのUXリサーチ―ユーザーとともに価値あるサービスを作り続けるために の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    よりよいサービスを開発していく上で、いまUXリサーチの重要性が高まっています。「作り手の思い込みではなくエビデンスに基づいて意思決定ができる」「ユーザーにとっての価値を、より開発の早い段階でサービスに反映できる」ということから、プロダクトマネージャーやデザイナーなど、多様な職種の人が、現場の課題や目的に応じて取り入れようとしています。本書は、そうした方に向けたUXリサーチの入門書です。UXリサーチの基本的な捉え方から、組み立て方、手法、組織の中で活用するための仲間の増やし方や仕組みの作り方まで、ひとりでも小さく始めて続けられるノウハウをまとめています。さらに、ケーススタディでは、現役UXリサーチャーが現場で実践している方法を7つの事例にもとづいて解説します。
  • 目次

    Introduction はじめに
    なぜ本書を書こうと思ったのか
    UXリサーチ実践者の悩みに寄り添う
    本書を手に取って欲しい人
    本書が想定する実践のステージ

    Chapter 1 UXリサーチの捉え方
    UXリサーチとは
    UXリサーチの必要性が高まっている背景を捉える
    UXリサーチのメリットを捉える
    UXリサーチを手段として捉える
    UXリサーチの分け方を捉える
    定義に囚われすぎない
    COLUMN|UXリサーチで好きなところは?

    Chapter 2 UXリサーチの始め方
    始めること自体は目的ではない
    まずは小さく始めてみよう
    実はもう始めていたUXリサーチ
    何から始めるか
    ひとつでも学びが得られたら前進している
    より良いUXリサーチを目指す工夫
    調査の実施だけではないUXリサーチのプロセス
    COLUMN|メルペイでのUXリサーチの始まり

    Chapter 3 UXリサーチの組み立て方
    UXリサーチで歩む7つのステップ
    組み立て方の概要
    状況を理解するには
    問いを立てるには
    結果の活用を考えるには
    調査手順を考えるには
    組み立てたプランをまとめて、準備を進める
    COLUMN|調査企画書ってどう書けばいいの?

    Chapter 4 UXリサーチの手法を知る
    本章で紹介する手法
    ユーザーインタビュー
    ユーザビリティテスト
    コンセプトテスト
    アンケート
    フィールド調査
    ダイアリー調査
    質的データの分析手法とは
    COLUMN|質的データだけではないUXリサーチャー

    Chapter 5 UXリサーチを一緒にやる仲間の増やし方
    段階に応じた仲間の増やし方
    まずは一度引き込んでみよう
    継続的な関係を構築しよう
    より広く・多くの人を引き込もう
    UXリサーチを文化にしよう
    COLUMN|デザイナーからみたUXリサーチャー

    Chapter 6 UXリサーチを活かす仕組みの作り方
    ResearchOpsとは
    ResearchOpsの実践例
    外部のパートナーと協働する
    COLUMN|UXリサーチに役立つツール

    Chapter 7 UXリサーチのケーススタディ
    事例のラインナップ
    事例1:利用上限金額の設定機能
    事例2:maruhadaka PJ
    事例3:おくる・もらう
    事例4:定額払い
    事例5:初期設定フロー
    事例6:Weekly UXリサーチ
    事例7:リモートUXリサーチ
    COLUMN|UXリサーチャーのしくじり

    Chapter 8 UXリサーチの実践知の共有
    組織の中でUXリサーチの実践知を共有しよう
    組織の外・業界と交流しよう
    COLUMN|本を書くための調査とは?

  • 内容紹介

    現役リサーチャーによる
    現場で生きるノウハウ満載!

    よりよいサービスを開発していく上で、
    いまUXリサーチの重要性が高まっています。

    「作り手の思い込みではなく
    エビデンスに基づいて意思決定ができる」、
    また「顧客にとっての価値を制作のより早い
    段階でサービスに反映できる」ことから、
    プロダクトマネージャーやデザイナーなど、
    多様な職種の人が、現場の課題や目的に応じて、
    UXリサーチを取り入れようとしています。

    本書は、そうした方に向けた
    UXリサーチの入門書です。

    UXリサーチの基本的な捉え方から、
    組み立て方、手法、
    または組織で活かせる仕組みの作り方や
    仲間の増やし方、実践知の共有まで、
    ひとりでも小さく始めて続けられる
    ノウハウをまとめています。

    ケーススタディでは、
    メルペイUXリサーチチームの
    現役UXリサーチャーが
    現場で実践している方法を
    7つの事例にもとづいて解説します。

    さらに、付録として実践で使える
    テンプレートがダウンロードできます。

    〈こんな状況で役立ちます〉
    ・ひとりで小さく始めたい
    ・仲間を増やして一緒に実践したい
    ・続けられる仕組みを作りたい

  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    松薗 美帆(マツゾノ ミホ)
    株式会社メルペイUXリサーチャー。国際基督教大学教養学部卒、文化人類学専攻。株式会社リクルートジョブズに新卒入社し、人材領域のデジタルマーケティング、プロダクトマネージャーに従事。株式会社リクルートテクノロジーズに出向し、UXリサーチチームの立ち上げに携わる。2019年より現職。新規事業立ち上げやUXリサーチの仕組み作りなどに取り組む。北陸先端科学技術大学院大学博士前期課程に社会人学生として在学中

    草野 孔希(クサノ コウキ)
    株式会社メルペイUXリサーチャー。電気通信大学大学院修士課程修了後、通信事業会社の研究所に入社し、デザイン方法論の研究および研究知見を活用したコンサルティングに従事。同時に社会人博士として慶應義塾大学院大学システムデザイン・マネジメント研究科にて博士後期課程を修了、博士(SDM学)。2018年11月より現職。UXリサーチを活用したサービスデザイン、およびUXリサーチチームのマネジメントに取り組む

はじめてのUXリサーチ―ユーザーとともに価値あるサービスを作り続けるために の商品スペック

商品仕様
出版社名:翔泳社
著者名:松薗 美帆(共著)/草野 孔希(共著)
発行年月日:2021/08/05
ISBN-10:4798167924
ISBN-13:9784798167923
判型:A5
発売社名:翔泳社
対象:実用
発行形態:単行本
内容:経営
付録:有
言語:日本語
ページ数:231ページ
縦:21cm
その他:ダウンロードファイル
他の翔泳社の書籍を探す

    翔泳社 はじめてのUXリサーチ―ユーザーとともに価値あるサービスを作り続けるために [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!