ジェネリック医薬品の不都合な真実―世界的ムーブメントが引き起こした功罪 [単行本]
    • ジェネリック医薬品の不都合な真実―世界的ムーブメントが引き起こした功罪 [単行本]

    • ¥2,75083ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年7月7日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003449041

ジェネリック医薬品の不都合な真実―世界的ムーブメントが引き起こした功罪 [単行本]

価格:¥2,750(税込)
ポイント:83ポイント(3%還元)(¥83相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年7月7日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:翔泳社
販売開始日: 2021/08/26
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

ジェネリック医薬品の不都合な真実―世界的ムーブメントが引き起こした功罪 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    世界一規制が厳しいとされているFDA(アメリカ食品医薬品局)を擁する国で、なぜ、効果や安全性が偽装された「嘘」の薬が輸入され、人々の健康を奪っているのか。その理由を丹念に調査するなかで、著者が目にしたものは、海外のジェネリック医薬品メーカーが、コスト削減のために品質に関わるデータを偽装し、FDAの査察官を欺いているという事実だった。そうして、消費者は知らず知らずのうちに効果や安全性が不確かな薬を口にしていたのだ。このような「不都合な真実」を暴いた本書の内容は、日本にとっても決して対岸の火事ではない。なぜなら、医薬品業界はすでに高度にグローバル化しており、海外企業の存在なくしては立ち行かない状況になっているからだ。NYタイムズベストセラー。
  • 目次

    【第1部 パラダイムシフト】
    第1章 先を見通した男
    第2章 ゴールドラッシュ
    第3章 富裕層向けスラム街
    第4章 品質という名の言語
    第5章 危険信号

    【第2部 インドの興隆】
    第6章 自由の戦士たち
    第7章 一日一ドル
    第8章 物事の賢いやり方
    第9章 特別な任務

    【第3部 追いつ追われつのビジネス】
    第10章 グローバルな隠蔽工作
    第11章 世界地図
    第12章 製薬業界の王

    【第4部 立証】
    第13章 陰から踏み出す
    第14章 「けっしてFDAに渡してはならない」
    第15章 「この問題はいったいどれほど大きいんだ?」
    第16章 ダイヤモンドとルビー
    第17章 「あなたは何もわかっちゃいない」

    【第5部 暗闇のなかの探偵たち】
    第18章 議会が目を覚ます
    第19章 Xを解く
    第20章 忍耐力の試練
    第21章 深く暗い井戸
    第22章 六億ドルの承認申請書(ジャケット)

    【第6部 分水嶺】
    第23章 明かりのスイッチ
    第24章 伝説のチャンピオン(ウィー・アー・ザ・チャンピオンズ)
    第25章 ファイルの強制破壊(クラッシュ)
    第26章 究極の試験場

    【第7部 報い】
    第27章 蠅が多すぎて数えられない
    第28章 訴訟を起こす権利

  • 出版社からのコメント

    NYタイムズベストセラー!試験データの捏造、不衛生な工場…。海外企業の「嘘」に翻弄される医薬品業界の現実を暴いた一冊!
  • 内容紹介

    【NYタイムズベストセラー】
    ハエが飛び交う製造現場、試験データの捏造・隠蔽…
    不正を行う海外企業の「嘘」に翻弄される
    医薬品業界の現実を暴いた衝撃のノンフィクション!

    ジェネリック医薬品の登場は、
    公衆衛生上の大きなイノベーションといわれており、
    必要な薬を手に入れられなかった貧しい人々を救うとともに、
    医療費増大に悩む国々の希望の光となっています。

    しかし、それは、政府の医薬品審査機関の厳格な管理・監督のもと
    ジェネリック医薬品メーカーが高い倫理観をもって
    「先発医薬品と変わらない薬効・安全性の薬を製造しているはずだ」
    という「信頼」を前提とした話です。

    本書では、2万点を超える機密文書の調査と、200人以上の内部告発者、
    不正を行った企業の役員・現場作業者、
    米国の食品医薬品局(FDA)の査察官らへの緻密な取材によって、
    次のような事実を明らかにしました。

    (1)インドや中国などの一部のジェネリック医薬品メーカーでは、
     利益の最大化のため、承認試験データを捏造して早期承認をめざし、
     衛生管理を軽視して不衛生な環境で医薬品製造を行っていること

    (2)FDAの査察官による現地調査も行われているが、
     査察決定から査察日の間に試験データを捏造し、
     見せかけの衛生環境を整備して、巧妙な「嘘」で査察官を欺いていること

    (3)そのような薬が実際に米国の人々の健康を奪っていること
     品質基準を満たしていない薬が発展途上国へと流れ、健康被害を生み出していること
     品質の悪い抗生物質が、薬剤耐性菌発生の一因となっていること

    この本で取り上げている事例は、倫理観の欠如した海外企業の話であり、
    当然ながら、今までの公衆衛生上の貢献や
    日本におけるジェネリック医薬品の意義を否定するものではありません。

    ただし、世界一厳しいといわれている
    米国食品医薬品局(FDA)をもってしても
    なぜ、「嘘」でつくられた薬が消費者の手に届いてしまったのか。
    その事実を知ることは、これからの日本の医療安全を考える上で
    大いに参考になるはずです。

    【原書名】
    Bottle of Lies: The Inside Story of the Generic Drug Boom

  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    イーバン,キャサリン(イーバン,キャサリン/Eban,Katherine)
    調査ジャーナリスト。『バニティ・フェア』誌の寄稿編集者であり、優れた著術家として出版活動への支援を受けられるアンドリュー・カーネギー・フェローに選出されている。偽造医薬品、銃の違法取引、CIAによる強制的な尋問を取り上げた記事は国際的に注目を集め、多くの賞を獲得している。『フォーチュン』誌や「ニューヨーク・タイムズ」紙などにも寄稿しており、医薬品のデータの完全性保証に関する講演も数多い。2冊目の著書である『ジェネリック医薬品の不都合な真実―世界的ムーブメントが引き起こした功罪』は「ニューヨーク・タイムズ」紙のベストセラーとなった。初めての著書『危険な投薬』は、アメリカの書評誌『カーカス・レビュー』から2005年の年間ベストブックの1冊に選ばれたほか、アメリカ最大の書店チェーン、バーンズ・アンド・ノーブルが有望な新人作家の第一作に贈る「Discover Great New Writers」の1冊にも選ばれた。ブラウン大学で教育を受け、ローズ奨学生としてオックスフォード大学で学ぶ。現在、夫、2人の娘、とともにニューヨークに在住

    丹澤 和比古(タンザワ カズヒコ)
    東京大学農学部農芸化学科卒業。同大学院修士課程修了。理化学研究所ライフサイエンス基盤技術研究センターコーディネーター等を歴任。農学博士

    寺町 朋子(テラマチ トモコ)
    翻訳家。京都大学薬学部卒業。企業で医薬品の研究開発に携わり、科学書出版社勤務を経て現在に至る。訳書多数

ジェネリック医薬品の不都合な真実―世界的ムーブメントが引き起こした功罪 の商品スペック

商品仕様
出版社名:翔泳社
著者名:キャサリン イーバン(著)/丹澤 和比古(訳)/寺町 朋子(訳)
発行年月日:2021/08/26
ISBN-10:4798168122
ISBN-13:9784798168128
判型:B6
発売社名:翔泳社
対象:一般
発行形態:単行本
内容:医学・薬学・歯学
付録:有
言語:日本語
ページ数:543ページ
縦:19cm
その他: 原書名: BOTTLE OF LIES:THE INSIDE STORY OF THE GENERIC DRUG BOOM〈Eban,Katherine〉
他の翔泳社の書籍を探す

    翔泳社 ジェネリック医薬品の不都合な真実―世界的ムーブメントが引き起こした功罪 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!