福島の甲状腺検査と過剰診断―子どもたちのために何ができるか [単行本]
    • 福島の甲状腺検査と過剰診断―子どもたちのために何ができるか [単行本]

    • ¥2,20066ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年1月22日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003450201

福島の甲状腺検査と過剰診断―子どもたちのために何ができるか [単行本]

価格:¥2,200(税込)
ポイント:66ポイント(3%還元)(¥66相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年1月22日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:あけび書房
販売開始日: 2021/08/05
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

福島の甲状腺検査と過剰診断―子どもたちのために何ができるか の 商品概要

  • 目次

    はじめに -この本で伝えたいこと-
    第1章 甲状腺がんとはどんながんなのか               
    第2章 甲状腺超音波検診は何をもたらしたのか
    第3章 福島で起こったこと-世界初の学校検診によるがんの過剰診断―
    第4章 甲状腺検査の現場から見えるもの         
    第5章 甲状腺検査、巨大事業体制の厚い壁        
    第6章 甲状腺検査をどうしたらいいのか
    第7章 原発事故と甲状腺
    第8章 甲状腺検査に関するさまざまな活動について
    あとがき
  • 出版社からのコメント

    過剰診断の最新の知見から、原発事故後の福島の甲状腺検査に関する最新の情報を提供し、子どもたちのために何をなすべきかを提案。
  • 内容紹介

     福島第一原子力発電所の事故で、福島県の多くの方々は甚大な被害を被むりましたが、事故で放出された放射性物質によって健康影響が出ると考えられる量の放射線被曝はないことが分かったのは不幸中の幸いでした。しかしその一方で、福島県の子どもたちに大変な問題が起こってしまいました。甲状腺検査でがんが数多く発見され、「過剰診断」という深刻な問題が発生し、これは原発事故がもたらした被害の中でもっとも深刻なものの一つです。本書では甲状腺検査に関する最新の情報を提供し、福島県の子どもたちのために何をなすべきかを提案しています。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    〓野 徹(タカノ トオル)
    高校まで佐渡島で育つ。東京大学理学部天文学科卒業後、大阪大学医学部に学士入学、同大学院修了。医学博士。大阪大学講師を経て現りんくう総合医療センター甲状腺センター長兼大阪大学特任講師。専門は甲状腺がんの分子病理学。2000年に従来の多段階発がん説に変わる甲状腺がんの発がん理論として、発生学との関連性に注目した芽細胞発がん説(fetal cell carcinogenesis)を提唱。現在この説は、甲状腺がんにおける早期診断・早期治療が過剰診断の弊害をもたらすことを最初に予見したものとして国際的に広く知られている。日本甲状腺学会甲状腺専門医、日本甲状腺学会七條賞受賞。2019年よりヨーロッパ甲状腺学会小児甲状腺腫瘍診療ガイドライン作成委員

    緑川 早苗(ミドリカワ サナエ)
    1968年福島県(会津)生まれ。1993年福島県立医科大学医学部卒業。医学博士。専門を内分泌代謝学とする内科臨床医。福島県立医科大学糖尿病内分泌代謝内科講師を経て、原発事故後は放射線健康管理学講座(准教授)に異動し、甲状腺検査の実務、管理に携わる。2020年4月より宮城学院女子大学教授。福島県甲状腺検査の疑問や不安に応えるための任意団体POFF(ぽーぽいフレンズふくしま)共同代表

    大津留 晶(オオツル アキラ)
    1957年長崎市生まれ。1982年長崎大学医学部卒業、1988年長崎大学大学院医学研究科修了、医学博士。専攻は内科学、被ばく医療学。長崎大学・第一内科、同・原爆後障害医療研究施設を経て、2003年より長崎大学病院・国際ヒバクシャ医療センター副センター長(准教授)、2011年より福島県立医科大学医学部・放射線健康管理学講座主任教授。県民健康調査・甲状腺検査部門長を2015年~18年に担当。2020年より長崎大学客員教授。POFF(ぽーぽいフレンズふくしま)の共同代表

    菊池 誠(キクチ マコト)
    1958年生まれ。1986年東北大学大学院理学研究科博士後期課程・物理学専攻修了、理学博士。専門は生物物理学、統計物理学、計算物理学。大阪大学理学部助手・同助教授を経て、大阪大学サイバーメディアセンター教授

    児玉 一八(コダマ カズヤ)
    1960年福井県武生市生まれ。1980年金沢大学理学部化学科在学中に第1種放射線取扱主任者免状を取得。1988年金沢大学大学院医学研究科博士課程修了。医学博士、理学修士。専攻は生物化学、分子生物学。現在、核・エネルギー問題情報センター理事、原発問題住民運動全国連絡センター代表委員
  • 著者について

    髙野徹 緑川早苗 大津留晶 菊池誠 児玉一八  (タカノトオル ミドリカワサナエ オオツルアキラ キクチマコト コダマカズヤ)
    髙野徹 大阪大学医学系研究科特任講師
    緑川早苗 宮城学院女子大学教授
    大津留晶 長崎大学客員教授
    菊池誠 大阪大学サイバーメディアセンター教授

    児玉一八 核・エネルギー問題情報センター理事

福島の甲状腺検査と過剰診断―子どもたちのために何ができるか の商品スペック

商品仕様
出版社名:あけび書房
著者名:〓野 徹(著)/緑川 早苗(著)/大津留 晶(著)/菊池 誠(著)/児玉 一八(著)
発行年月日:2021/07/26
ISBN-10:4871541908
ISBN-13:9784871541909
判型:A5
発売社名:あけび書房
対象:専門
発行形態:単行本
内容:医学・薬学・歯学
言語:日本語
ページ数:207ページ
縦:21cm
他のあけび書房の書籍を探す

    あけび書房 福島の甲状腺検査と過剰診断―子どもたちのために何ができるか [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!