若き日の藤田幽谷―その学問形成(水戸史学選書) [全集叢書]

販売休止中です

    • 若き日の藤田幽谷―その学問形成(水戸史学選書) [全集叢書]

    • ¥3,520106ポイント(3%還元)
100000009003454390

若き日の藤田幽谷―その学問形成(水戸史学選書) [全集叢書]

価格:¥3,520(税込)
ポイント:106ポイント(3%還元)(¥106相当)
日本全国配達料金無料
出版社:錦正社
販売開始日: 2021/08/03
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

若き日の藤田幽谷―その学問形成(水戸史学選書) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    後期水戸学の中心的存在で水戸学の本流であった藤田幽谷の青少年期の学問成果に注目し、その形成の一端を明らかにする。幽谷門下の吉田活堂を中心とする水戸の国学、そして『大日本史』や『扶桑拾葉集』の研究を経て辿り着く、幽谷研究の決定版。
  • 目次

    まえがき
    第一章 「藤田神童」の誕生
       一 神童誕生の端緒
       二 赤水の吹聴
       三 「古文孝経孔安国伝」の考察
       四 赤水の吹聴(続)
       五 むすびー「古文孝経孔安国伝」研究の意義ー
    第二章 「藤田神童」の展開
         はじめに
       一 「舜典二十八字考」の概要
       二 幽谷の考察
       三 研究史の回顧
       四 「読書雑記」との関係
    第三章 藤田幽谷の学問志向ー十四歳の論文の考察ー
         はじめに
       一 幽谷十四歳の論文とその概要
       二 「斎藤伯通君執事に呈す」
       三 「外岡子慎に報ず」
       四 「天王弁」
       五 「荘子を読む」
       六 「擬対策」
         おわりに
    第四章 藤田幽谷十五歳論文年代順序考
    第五章 藤田幽谷「安民論」考
       一 「安民論」
       二 「足民論」との関係
    第六章 藤田幽谷の代作
         はじめに
       一 「江遊印譜序」
       二 「比観亭碑并序」の附記
       三 「比観亭碑并序」
       四 伯楽としての翠軒と赤水
    第七章 藤田幽谷「正名論」を読む
       一 『正名論』の成立と二説の根拠
       二 幽谷学の確立
       三 『正名論』の本文
       補論 「正名論」と「幽谷随筆」との関係
    第八章 藤田幽谷の交遊
       一 「戯作」にみる交遊
       二 「川口嬰卿に報ず」にみる交遊
       三 西天の「興孝社題名記」
       四 幽谷の「釈西天に復す」
       五 桜井安亨との交遊
       六 翠軒門下としての桜井安亨
    第九章 藤田幽谷における義公観の形成
         はじめに
       一 十四歳の幽谷
       二 十五歳の幽谷
       三 十七歳の幽谷
       四 十九歳の幽谷
         おわりに
    第十章 藤田幽谷『二連異称』考
       一 『二連異称』とは
       二 後村上天皇・重明親王・義公・紀夏井
       三 土佐の陪臣
       四 伊藤仁斎
       五 桜井安亨の跋
       六 幽谷学形成における『二連異称』
       七 附録の「藤衣」
    第十一章 藤田幽谷「丁巳封事」の『論語』
    第十二章 義公論としての『修史始末』
     一 梗概
       二 巻之上の按文
       三 巻之上の按文(続)
       四 巻之下の按文
       五 むすび
    第十三章 藤田幽谷『修史始末』の出典註記
         はじめに
       一 『修史始末』における出典註記
       二 『修史始末』にみえる安積澹泊関連の記事
       三 『修史始末』における全文引用の史料
       四 『修史始末』にみえる祭文・碑銘
       五 幽谷の澹泊評価
       六 出典としての「澹泊文集」の疑問
         おわりに
    第十四章 藤田幽谷『勧農或問』考
         はじめに
       一 『勧農或問』の構成とその主張
       二 『勧農或問』の批評(1)
     三 『勧農或問』の批評(2)
       四 『勧農或問』の背景
       五 『勧農或問』の評価
         おわりに
    第十五章 藤田幽谷と『孝経』
         はじめに
       一 水戸の『孝経』
       二 会沢正志斎の『孝経考』
       三 『孝経考』の序文
       四 『孝経考』の考察
       五 幽谷の『孝経』理解
    第十六章 藤田幽谷と徂徠学
       一 徂徠学の隆盛
       二 木村子虚への反論
       三 会沢正志斎の徂徠観
       四 幽谷の徂徠学把握
       五 幽谷の徂徠学把握(続)
       六 長久保赤水の徂徠観
       補論 藤田幽谷の志類観
    第十七章 藤田幽谷と安積澹泊「検閲議」
       一 「検閲議」の本文
       二 「検閲議」の注釈
       三 澹泊と徂徠
       四 幽谷の「四家雋を読む」
       五 「検閲議」の真意
    第十八章 藤田幽谷における一字一句の取り扱いの意味
       一 「聿脩録の序」をめぐる問題
       二 書名をめぐる問題
       三 「聿脩録の序」をめぐる問題(続)
       四 「聿脩録の序」の本文
       五 「聿脩録の序」をめぐる問題(続々)
       六 幽谷の序文に対する思い
       七 むすび
    附一 『論語』の四子言志論をめぐってー幽谷・東湖、そして正志斎ー
    附二 青年期著作年代一覧
    初出一覧
    あとがき
  • 内容紹介

    後期水戸学の中心的存在で水戸学の本流であった藤田幽谷の青少年期の学問成果に注目し、その形成の一端を明らかにする。幽谷門下の吉田活堂を中心とする水戸の国学、そして『大日本史』や『扶桑拾葉集』の研究を経て辿り着く、幽谷研究の決定版。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    梶山 孝夫(カジヤマ タカオ)
    昭和26年茨城県生。大学卒業後茨城県内の私立学校に奉職、平成24年3月退職。現在、水戸史学会理事。藝林会理事。温故学会顧問。博士(文学)
  • 著者について

    梶山孝夫 (カジヤマタカオ)
    昭和26年 茨城県生
    大学卒業後茨城県内の私立学校に奉職、平成24年3月退職
    現在 水戸史学会理事
       藝林会理事
       温故学会顧問
       博士(文学)

    主要著書 新版佐久良東雄歌集(錦正社)
    水戸の國學―吉田活堂を中心として―(錦正社)
    水戸派国学の研究(臨川書店)
    大日本史と扶桑拾葉集(錦正社)
    現代水戸学論批判(錦正社)
    大日本史の史眼―その構成と叙述―(錦正社)
    藤田幽谷のものがたりⅠ~Ⅲ(錦正社)
    安積澹泊のものがたり(錦正社)
    水戸の国学者 吉田活堂(錦正社)
    金沢八景と金沢文庫(錦正社)
    義公漫筆(錦正社)

若き日の藤田幽谷―その学問形成(水戸史学選書) の商品スペック

商品仕様
出版社名:錦正社
著者名:梶山 孝夫(著)/水戸史学会(企画)
発行年月日:2021/07/27
ISBN-10:4764601443
ISBN-13:9784764601444
判型:B6
発売社名:錦正社
対象:一般
発行形態:全集叢書
内容:日本歴史
言語:日本語
ページ数:308ページ
縦:19cm
重量:435g
他の錦正社の書籍を探す

    錦正社 若き日の藤田幽谷―その学問形成(水戸史学選書) [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!