日本の美意識で世界初に挑む [単行本]
    • 日本の美意識で世界初に挑む [単行本]

    • ¥1,65050ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年12月11日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003454542

日本の美意識で世界初に挑む [単行本]

価格:¥1,650(税込)
ポイント:50ポイント(3%還元)(¥50相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年12月11日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:ダイヤモンド社
販売開始日: 2021/09/16
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

日本の美意識で世界初に挑む [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    ディオール、シャネル、エルメス、カルティエ、ザ・リッツ・カールトン、フォーシーズンズ、レクサス…世界の一流ブランドを魅了する経営の真髄とは?衰退する伝統産業に革命を起こす異色経営者、初の著書!
  • 目次

    はじめに

    衰退する西陣織マーケット;10分の1からの起死回生



    第1章 なぜ今;工芸に注目が集まるのか

    創造性の原点は〝織物〟にあり

    究極の美を追求し;何度も危機を乗り越えてきた西陣織

    前例や慣習にとらわれていては;未来はない

    「手で物をつくる」ことこそ人間の創造性の原点

    妄想がきっかけで;MITの「ディレクターズフェロー」に

    手の中に脳がある



    第2章 固定観念を打破せよ

    固定観念の打破が革新のカギとなる

    プロデュースによってクリエイターを支えたい

    ブランドの立ち上げと解散

    「西陣織」は;なぜ海外で売れなかったのか

    有名建築家から予想外の依頼が届く

    世界初150センチ幅の織機を開発する

    人間の持つ美意識がビジネスの「ビジョン」にな

    現代アートから;世界初の新素材が生まれる

    「常識」では革新的な製品は生まれない

    逆転の発想で勝機を見出す

    工業と工芸の垣根を壊すトヨタ「レクサスLS」





    第3章 妄想がイノベーションを生む

    未来の風呂敷;妄想を現実へと手繰り寄せる

    言葉にすれば;波紋は必ず広がっていく

    自分の軸と掛け合わせることで妄想に価値が生まれる

    トヨタもエルメスも「似た仕事」から成功をつかんだ

    大麻布を現代に蘇らせる

    江戸時代の蚕を復活させる

    妄想を現実化する仕組みをつくる

    スケールの大きな妄想ほど実現する

    失敗は実現までのプロセスととらえる



    第4章 美意識は育つ

    美意識を磨き合う;西陣の仕組み

    ブランド価値を下げないため;苦渋の決断をすることも

    新しい時代の組織論

    美しい環境は人を変える HOSOO FLAGSHIP STORE

    美への投資がもたらすリターン

    物を通してつくり手の美意識を感じる

    どういう物をつくるかが;どういう人をつくり;どういう社会をつくるかを決める

    「本物に触れさせなさい」――フェラガモの哲学

    触覚は育てることができる

    千利休の「守破離」

    未体験のことにどんどんチャレンジする

    「美」を忘れた現代アート

    美しいものを創造している人は幸せになれる

    西陣の着物で世界を変えたい

    「美への投資」を行なうポーラ



    第5章 工芸が時代を紡ぐ

    創造の根幹は工芸にある

    GO ON「伝統工芸」の枠を打ち壊す

    「前例のあることはやらない」がルール

    美意識を磨き合う仲間

    職人=クリエーターの時代

    工業が直面する壁

    松下幸之助「伝統工芸は日本のものづくりの原点」

    ミラノで話題をさらった「Electronics Meets Crafts」

    工業メーカーが工芸性を重視する方向へ舵を切る

    工芸による「新しいルネサンス」
  • 出版社からのコメント

    ビジネスに創造と革新をもたらす秘訣とは? 美への投資がリターンを生む経営とは? 注目の異色経営者の新しい仕事論・経営論。
  • 内容紹介

    ★著者は、創業333年の「西陣織」の老舗12代目経営者。西陣織で海外マーケット、ラグジュアリーブランド市場をいち早く開拓した元ミュージシャンという異色の経歴。

    ★京都で1200年続く伝統産業に新風を吹き込む注目の若手経営者の初の著書。

    ★美や美意識が、なぜ今経営に必要なのか?



    この30年間でマーケットが10分の1に縮小してしまった西陣織。そんな衰退業界にあって、現代人の生活スタイルにも溶け込む伝統文化の変革に成功した細尾氏。

    きっかけは、細尾の帯を見た建築家ピーター・マリノ氏から店舗の壁紙制作の依頼があったこと。伝統的に西陣織の布幅は32センチだが依頼されたのはもっと幅広の布。そこで職人たちと1年をかけて織機を開発し、150センチ幅の布を作ることに成功。その布が世界100都市でディオールをはじめ、シャネル、エルメス、カルティエなどの店舗で使われている。

    また、デビッド・リンチをはじめ多くの一流アーティストたちとのコラボやMITメディアラボ・ディレクターズフェロー、東大大学院との共同研究など伝統産業の枠をはみ出して活動の幅を広げている。ハーバードのケーススタディーとしても取り上げられるなど世界から注目されている若手経営者の仕事論・経営論。

    新しい価値観が求められる時代に、本来、一人ひとりが持っている「美しいものをつくり出したい」という欲求や欲望、そこに回帰することが創造や革新の原動力になるというのが根底に流れるメッセージ。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    細尾 真孝(ホソオ マサタカ)
    株式会社細尾代表取締役社長。MITメディアラボディレクターズフェロー。一般社団法人GO ON代表理事。株式会社ポーラ・オルビスホールディングス外部技術顧問。1978年生まれ。1688年から続く西陣織老舗、細尾12代目。大学卒業後、音楽活動を経て、大手ジュエリーメーカーに入社。退社後、フィレンツェに留学。2008年に細尾入社。西陣織の技術を活用した革新的なテキスタイルを海外に向けて展開。アーティストとのコラボレーションも積極的に行う。2012年より京都の伝統工芸を担う同世代の後継者によるプロジェクト「GO ON」を結成。国内外で伝統工芸を広める活動を行う。Milano Design Award 2017ベストストーリーテリング賞(イタリア)、iF Design Award 2021(ドイツ)、Red Dot Design Award 2021(ドイツ)受賞。『日本の美意識で世界初に挑む』が初の著書
  • 著者について

    細尾 真孝 (ホソオ マサタカ)
    細尾 真孝(ほそお・まさたか)

    株式会社細尾 代表取締役社長

    MITメディアラボ ディレクターズフェロー

    一般社団法人GO ON 代表理事

    株式会社ポーラ・オルビス・ホールディングス 外部技術顧問



    1978年生まれ。1688年から続く西陣織の老舗、細尾12代目。

    大学卒業後、音楽活動を経て、大手ジュエリーメーカーに入社。

    退社後フィレンッェに留学。2008年に細尾入社。

日本の美意識で世界初に挑む [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:ダイヤモンド社
著者名:細尾 真孝(著)
発行年月日:2021/09/14
ISBN-10:4478112371
ISBN-13:9784478112373
判型:B6
発売社名:ダイヤモンド社
対象:一般
発行形態:単行本
内容:経営
言語:日本語
ページ数:260ページ
縦:19cm
他のダイヤモンド社の書籍を探す

    ダイヤモンド社 日本の美意識で世界初に挑む [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!