聖書を読んだら哲学がわかった―キリスト教で解きあかす「西洋哲学」超入門 [単行本]
    • 聖書を読んだら哲学がわかった―キリスト教で解きあかす「西洋哲学」超入門 [単行本]

    • ¥1,65050ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年6月30日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003456138

聖書を読んだら哲学がわかった―キリスト教で解きあかす「西洋哲学」超入門 [単行本]

MARO(著)
価格:¥1,650(税込)
ポイント:50ポイント(3%還元)(¥50相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年6月30日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:日本実業出版社
販売開始日: 2021/08/28
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

聖書を読んだら哲学がわかった―キリスト教で解きあかす「西洋哲学」超入門 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    フォロワー10万人、大人気ツイッターの中の人が解説。ゆるゆるだけど斬新な哲学入門書。それぞれの立ち位置がわかる哲学者マップつき。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 哲学はどうしてわかりにくいの?(聖書を読んだら哲学がわかった;聖書は哲学書の本棚 ほか)
    第2章 哲学はギリシアから生まれた(最初の哲学者たち;変わった人たちの多い3つの学派 ほか)
    第3章 キリスト教と哲学はどうつながるの?(ユダヤ教から生まれたキリスト教;イエス・キリストが示した新しい“あたりまえ” ほか)
    第4章 ルネッサンス以降の近世哲学(ペスト―「死そのもの」の考察;ルネッサンス―聖書に戻ろう ほか)
    第5章 現代の哲学は何を問題にしているの?(「わたしたち」とは何か?;相対主義と「分断の時代」 ほか)
  • 出版社からのコメント

    キリスト教の背景が理解できれば、西洋哲学は一気にわかりやすくなる! 新たな視点の哲学入門書。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    MARO(MARO)
    上馬キリスト教会ツイッター部。1979年東京生まれ。慶応義塾大学文学部哲学科、バークリー音楽大学CWP卒。キリスト教会をはじめ、お寺や神社のサポートも行う宗教法人専門の行政書士。10万人以上のフォロワーを持つツイッターアカウト「上馬キリスト教会」の運営を行う「まじめ担当」と「ふざけ担当」のまじめの方でもある。クリスチャン向けウェブサイト「クリスチャンプレス」ディレクター

聖書を読んだら哲学がわかった―キリスト教で解きあかす「西洋哲学」超入門 の商品スペック

商品仕様
出版社名:日本実業出版社
著者名:MARO(著)
発行年月日:2021/09/01
ISBN-10:453405873X
ISBN-13:9784534058737
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:哲学
言語:日本語
ページ数:254ページ
縦:19cm
他の日本実業出版社の書籍を探す

    日本実業出版社 聖書を読んだら哲学がわかった―キリスト教で解きあかす「西洋哲学」超入門 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!