財政学 第3版 [単行本]
    • 財政学 第3版 [単行本]

    • ¥3,630109ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年12月6日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003456477

財政学 第3版 [単行本]

価格:¥3,630(税込)
ポイント:109ポイント(3%還元)(¥109相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年12月6日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:有斐閣
販売開始日: 2021/08/16
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

財政学 第3版 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    初版から20年、社会は混迷の度を強め、さらにパンデミックが襲っている。財政学を総合社会科学として鋳直し、「危機の時代」の指針となるべく世に出された本書の役割はますます増している。この間の制度的変遷をふまえ、データを刷新して改訂。
  • 目次

    第1編 財政学のパースペクティブ
     1 財政学への旅立ち/2 財政と三つのサブシステム
    第2編 財政学のあゆみ
     3 財政学の生成/4 財政学の展開/5 現代財政学の諸潮流
    第3編 予 算
     6 財政のコントロール・システムとしての予算/7 予算のプリンシプル/8 予算制度の構造と機能/9 予算過程の論理と実態/10 予算の改革
    第4編 租 税
     11 租税原則/12 租税の分類と体系/13 人税の仕組みと実態/14 生産物市場税の仕組みと実態/15 要素市場税の仕組みと実態/16 オプションとしての公債と公債原則
    第5編 財政のアウトプットとサブシステム
     17 貨幣支出としてのアウトプット/18 公共サービスの供給としてのアウトプット/19 三つのサブシステムと公共支出
    第6編 政府間財政関係
     20 地方財政と中央財政/21 地方財政の理論と実際/22 政府としての社会保障基金/23 公企業と財政投融資
    終 章 財政の過去から未来へ
  • 内容紹介

    初版から20年,社会は混迷の度を強め,さらにパンデミックが襲っている。財政学を総合社会科学として鋳直し,「危機の時代」の指針となるべく世に出された本書の役割はますます増している。財政社会学の第一人者の体系書をこの間の制度的変遷をふまえて改訂。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    神野 直彦(ジンノ ナオヒコ)
    1946年埼玉県に生まれる。1969年東京大学経済学部卒業。1981年東京大学大学院経済学研究科博士課程修了。大阪市立大学助教授、東京大学大学院経済学研究科教授、地方財政審議会会長などを経て、東京大学名誉教授

財政学 第3版 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:有斐閣
著者名:神野 直彦(著)
発行年月日:2021/08/10
ISBN-10:4641165815
ISBN-13:9784641165816
旧版ISBN:9784641162983
判型:A5
発売社名:有斐閣
対象:教養
発行形態:単行本
内容:経済・財政・統計
言語:日本語
ページ数:392ページ
縦:22cm
他の有斐閣の書籍を探す

    有斐閣 財政学 第3版 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!