子宮頸がんワクチン問題―社会・法・科学 [単行本]
    • 子宮頸がんワクチン問題―社会・法・科学 [単行本]

    • ¥5,500165ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年12月10日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003457349

子宮頸がんワクチン問題―社会・法・科学 [単行本]

価格:¥5,500(税込)
ポイント:165ポイント(3%還元)(¥165相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年12月10日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:みすず書房
販売開始日: 2021/08/18
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

子宮頸がんワクチン問題―社会・法・科学 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「がんを予防するワクチン」は世界に広まったが、副作用の報告が多発。効果は証明されたのか。多角的調査から真実を追い、安全なワクチンのあり方を問う。
  • 目次

    序文 リュック・モンタニエ  
    日本の読者のみなさまへ 
    略語表  
    基本用語  
    まえがき 
     
    Ⅰ 臨床試験

    第1章 発明者への褒賞  
    第2章 臨床試験がもたらした健康被害──デンマークからの証言
    第3章 ワクチン開発競争
    第4章 子宮頸がんのリスクが本当に高いのは誰なのか
    第5章 臨床試験──HPVワクチンの基礎
    第6章 結果を急ぐ──代理エンドポイントと迅速審査
    第7章 偽プラセボとプラセボ
    第8章 プロトコル──ありふれた光景の中に潜むものは?
    第9章 増大するリスク──「負の有効性」
    第10章 受胎能力への影響──臨床試験でのシグナルが見逃されている?
    第11章 臨床試験の不正?
    第12章 インド──臨床試験スキャンダル

    Ⅱ 市場でヒットしたHPVワクチン

    第13章 無から生み出された市場
    第14章 アメリカ合衆国──販売と強制
    第15章 溢れ出る被害報告
    第16章 正義を求めて
    第17章 言論のコントロール
    第18章 オーストラリア──最初にHPVをワクチン接種

    Ⅲ HPVワクチンの科学の深層へ

    第19章 科学の通説への異議申し立て──異端者たち
    第20章 アルミニウム含有アジュバントは〈火に注ぐ油〉か
    第21章  バイアルにはほかに何が含まれているのか
    第22章 HPVワクチン、自己免疫、分子相同性
    第23章  見落とされているHPVワクチンの副反応

    Ⅳ 異議の高まり

    第24章  日本──ワクチン接種の積極勧奨中止
    第25章  デンマーク──ヨーロッパにおける抵抗
    第26章 アイルランド──接種され放置される
    第27章 英国──メディア・マジック
    第28章 コロンビア──家族たちの反撃
    第29章 裸の王様

    翻訳を終えて──新たな薬害の発生防止に役立つように
  • 出版社からのコメント

    「がんを予防するワクチン」の開発から商品化の過程で何が起きたのか。多角的調査により真実を追い、安全なワクチンのあり方を問う。
  • 内容紹介

    2006年、子宮頸がんの病変に関連するウイルス(HPV:ヒトパピローマウイルス)のワクチンが米国で商品化された。「がんを予防するワクチン」の登場である。高い抗体価が長期間にわたって保持される仕組みによってHPVの感染を阻止するというこのワクチンは、現在までに125か国以上で少年少女に接種され、天井知らずの収益を生んでいる。
    一方、世界中で重篤な副作用の報告が相次いでいる。自己免疫や脳の炎症との関連を解明しようとする研究が進んでいるが、因果関係をめぐる論争に決着はついていない。
    このワクチンはどのように開発されたのか。臨床試験と接種後のモニタリングに問題はなかったか。大成功と称される製薬会社の宣伝戦略の実態。米国をはじめインド、英国、アイルランド、デンマーク、日本、コロンビアなど各国の被害と医師、政府の対応。司法の救済を求める少女・親たちの裁判闘争。
    予防のためには多少の犠牲はやむをえないとする論理が被害者を生みだす事実にどう向きあうか。
    科学論争から社会現象までを詳細な調査によって追い、HPVワクチンをめぐる真実に迫った。真に安全なワクチンのあり方を考えるうえで必読の書。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    ホーランド,メアリー(ホーランド,メアリー/Holland,Mary)
    法学博士。慢性疾患の蔓延の原因に取り組み、子どもたちの健康改善を目的とした組織Children’s Health Defenseの会長兼法律顧問を務める。最近、ニューヨーク大学大学院法務技術プログラムのディレクターを退任するまでの過去18年間、コロンビア大学法科大学院およびニューヨーク大学法科大学院の教授を務め、人権に関する講座を担当した

    ローゼンバーグ,キム・M.(ローゼンバーグ,キムM./Rosenberg,Kim Mack)
    法学博士、個人で活動する弁護士。製造物責任補償や保険適用訴訟を手がける一方、自閉症、子どもたちの健康、環境問題などの問題を担当し、子どもたちの健康を追求する多くの非営利団体の運営にかかわってきた

    イオリオ,アイリーン(イオリオ,アイリーン/Iorio,Eileen)
    健康・医療問題のライター。銀行と金融論を学ぶ。ワクチンで傷害を負った子の母

    別府 宏圀(ベップ ヒロクニ)
    1964年東京大学医学部卒業。東京都立神経病院神経内科部長、都立北療育医療センター院長、横浜総合健診センター・新横浜ソーワクリニック院長などを経て、現在、横浜ソーワクリニック勤務。専門は神経内科。臨床医として勤務する傍ら、製薬企業から独立した立場で医薬品の監視・情報収集・開示に取り組んできた。1985年、医薬品・治療研究会を組織し1986年日本初の独立医薬品情報誌『正しい治療と薬の情報』(TIP)を創刊、以来2014年まで同誌編集長を務めた。International Journal of Risk and Safety in Medicine誌編集委員(1990~95年)、British Medical Journal誌編集委員(1997~2000年)、NGO薬害オンブズパースン会議(副代表、1997年~現在)、NPO DIPEx-Japan健康と病いの語り(代表、2006年~現在)など。日本臨床薬理学会/日本薬剤疫学会名誉会員
  • 著者について

    メアリー・ホランド (メアリーホランド)
    (Mary Holland)法学博士。慢性疾患の蔓延の原因に取り組み、子どもたちの健康改善を目的とした組織Children's Health Defenseの会長兼法律顧問を務める。最近、ニューヨーク大学大学院法務技術プログラムのディレクターを退任するまでの過去18年間、コロンビア大学法科大学院およびニューヨーク大学法科大学院の教授を務め、人権に関する講座を担当した。共著にVaccine Epidemic: How Corporate Greed, Biased Science, and Coercive Government Threaten Our Human Rights, Our Health, and Our Children.

    キム・M・ローゼンバーグ (キムローゼンバーグ)
    (Kim Mack Rosenberg)法学博士、個人で活動する弁護士。製造物責任補償や保険適用訴訟を手がける一方、自閉症、子どもたちの健康、環境問題などの問題を担当し、子どもたちの健康を追求する多くの非営利団体の運営にかかわってきた。著書にThe Parent’s Autism Sourcebook: A Comprehensive Guide to Screenings, Treatments, Services, and Organizations. 共編著にHow to Prevent Autism: Expert Advice from Medical Professionals.

    アイリーン・イオリオ (アイリーンイオリオ)
    (Eileen Iorio)健康・医療問題のライター。銀行と金融論を学ぶ。ワクチンで傷害を負った子の母。

    別府宏圀 (ベップヒロクニ)
    1964年東京大学医学部卒業、東京都立神経病院神経内科部長、都立北療育医療センター院長、横浜総合健診センター・新横浜ソーワクリニック院長などを経て、現在、横浜ソーワクリニック勤務。専門は神経内科。臨床医として勤務する傍ら、製薬企業から独立した立場で医薬品の監視・情報収集・開示に取り組んできた。1985年、医薬品・治療研究会を組織し1986年日本初の独立医薬品情報誌『正しい治療と薬の情報』(TIP)を創刊、以来2014年まで同誌編集長を務めた。International Journal of Risk and Safety in Medicine誌編集委員(1990-95年)、British Medical Journal誌編集委員(1997-2000年)、NGO薬害オンブズパースン会議(副代表、1997年―現在)、NPO DIPEx-Japan 健康と病いの語り(代表、2006年―現在)など。日本臨床薬理学会/日本薬剤疫学会名誉会員。主な著書に『医者が薬を疑うとき』(亜紀書房)、訳書に世界のエッセンシャルドラッグ──必須医薬品』(三省堂)他。

子宮頸がんワクチン問題―社会・法・科学 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:みすず書房
著者名:メアリー ホーランド(著)/キム・M. ローゼンバーグ(著)/アイリーン イオリオ(著)/別府 宏圀(監訳)
発行年月日:2021/08/16
ISBN-10:4622089904
ISBN-13:9784622089902
判型:A5
発売社名:みすず書房
対象:一般
発行形態:単行本
内容:社会科学総記
言語:日本語
ページ数:513ページ ※431,82P
縦:20cm
重量:640g
その他: 原書名: THE HPV VACCINE ON TRIAL:Seeking Justice for a Generation Betrayed〈Holland,Mary;Rosenberg,Kim Mack;Iorio,Eileen〉
他のみすず書房の書籍を探す

    みすず書房 子宮頸がんワクチン問題―社会・法・科学 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!