タンパク質科学―生物物理学的なアプローチ [単行本]

販売休止中です

    • タンパク質科学―生物物理学的なアプローチ [単行本]

    • ¥3,520106ポイント(3%還元)
タンパク質科学―生物物理学的なアプローチ [単行本]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003457370

タンパク質科学―生物物理学的なアプローチ [単行本]

価格:¥3,520(税込)
ポイント:106ポイント(3%還元)(¥106相当)
フォーマット:
日本全国配達料金無料
出版社:裳華房
販売開始日: 2021/08/30
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

タンパク質科学―生物物理学的なアプローチ [単行本] の 商品概要

  • 目次

    1.タンパク質とは何か
    2.タンパク質の高次構造
    3.タンパク質の立体構造を安定化する力
    4.ポリペプチドの折りたたみ(フォールディング)
    5.タンパク質のサブユニット構造
    6.タンパク質の生合成
    7.タンパク質と低分子リガンドの結合
    8.タンパク質分子の相互作用
    9.消化酵素・細胞内プロテアーゼ・エネルギー依存性タンパク質分解システム
    10.超分子タンパク質集合体
    11.タンパク質の概念に大きな影響を与えた発見
    12.ゲノムとタンパク質 -タンパク質科学の新しい局面-
  • 出版社からのコメント

    タンパク質科学の基礎から、天然変性タンパク質など最近の知見までを解説した入門書。立体構造の画像を多数掲載した。
  • 内容紹介

     2004年に刊行した『バイオサイエンスのための 蛋白質科学入門』は、東京工業大学生命理工学部での講義「蛋白質科学」の講義ノートを元に加筆・再構成したもので、幸い読者の皆様から好評を得ることができ、増刷を重ねてきた。しかし、初版発行からすでに16年が経過し、この間、タンパク質概念の変更を迫るようなものも含め、数多くの発見があった。そこで、それらの新知見を補完し、また多色刷りによって大幅にリニューアルしたのが本書である。
     多数の美麗な立体構造図を示しながら、タンパク質の基礎から最先端の動向までをわかりやすく解説する。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    有坂 文雄(アリサカ フミオ)
    1948年神奈川県に生まれる。1972年東京大学教養学部基礎科学科卒業。1974年東京大学大学院理学系研究科修士課程修了(生物化学専攻)。1977年米国オレゴン州立大学大学院博士課程修了(生物物理学専攻)Ph.D.。1977年スイスバーゼル大学バイオセンター博士研究員。1980年北海道大学薬学部助手。1990年東京工業大学生命理工学部助教授。2010年東京工業大学大学院生命理工学研究科教授。2014年東京工業大学名誉教授
  • 著者について

    有坂 文雄 (アリサカ フミオ)
    東京工業大学名誉教授、Ph. D.。1948年 神奈川県生まれ。東京大学教養学部卒業、東京大学理学系大学院修士課程修了、米国オレゴン州立大学大学院博士課程修了。スイスバーゼル大学バイオセンター博士研究員、北海道大学助手、東京工業大学助教授・教授などを歴任。

タンパク質科学―生物物理学的なアプローチ [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:裳華房
著者名:有坂 文雄(著)
発行年月日:2021/08/20
ISBN-10:4785352442
ISBN-13:9784785352448
判型:B5
発売社名:裳華房
対象:専門
発行形態:単行本
内容:生物学
言語:日本語
ページ数:196ページ
縦:26cm
横:18cm
重量:601g
他の裳華房の書籍を探す

    裳華房 タンパク質科学―生物物理学的なアプローチ [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!