アタッチメントと心理療法―こころに安心基地を作るための理論と実践 [単行本]
    • アタッチメントと心理療法―こころに安心基地を作るための理論と実践 [単行本]

    • ¥5,280159ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年6月29日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003457410

アタッチメントと心理療法―こころに安心基地を作るための理論と実践 [単行本]

価格:¥5,280(税込)
ポイント:159ポイント(3%還元)(¥159相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年6月29日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:みすず書房
販売開始日: 2021/08/18
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

アタッチメントと心理療法―こころに安心基地を作るための理論と実践 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    クライエントにこころの探索を可能にする「安心基地」は、面接場面でいかに生まれるのか?厖大な先行研究と多様な面接技法を通覧する、アタッチメント理論と精神分析的心理療法の架け橋。
  • 目次

    序文
    謝辞
    第一部 理論
    第1章 想定すること
    第2章 メンタライズすること
    第3章 くっつくこと
    第4章 意味すること
    第5章 変わること
    第6章 エンパワーすること
    第7章 修復すること
    第8章 詩を詠うこと
    第二部 実践
    第9章 セックスを愛すること
    第10章 ボーダーラインすること
    第11章 自殺と自傷すること
    第12章 夢見ること
    第13章 終わること
    第14章 エピローグ
    解題
    訳者あとがき
    文献
    索引
  • 内容紹介

    〈不安定さと探索は相容れない。安全感が優勢にならないと、ケアを求める人――すなわち患者やクライエント――は自分自身、自らの人生状況、自身の気持ちの探索を始めることができないのだ〉
    ジョン・ボウルビィらがアタッチメント理論を創始してから、四半世紀以上の時がすぎた。その間に、心理療法には優れた臨床家たちによって多様な視点が生まれ、それぞれの技法が個別に深まりを見せ、心理療法内部に分裂がもたらされてきた。
    このような時代の流れを自身も臨床家として見つづけてきた著者は、本書で「心理療法の共通言語」に挑む。厖大なアタッチメント研究を渉猟し、多種多様な面接技法においてこころの「安心基地」の提供を追究していく筆致は、あらゆる心理臨床家に良い治療関係を築くヒントを与えてくれるだろう。
    英国で長年にわたり統合的な心理療法を探究してきた臨床家による、アタッチメント理論と精神分析的心理療法の架け橋となる重要書。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    ホームズ,ジェレミー(ホームズ,ジェレミー/Holmes,Jeremy)
    1943‐。英国の精神科医・精神療法家。エクセター大学心理学部客員教授

    細澤 仁(ホソザワ ジン)
    精神科医。臨床心理士。フェルマータ・メンタルクリニック院長、アイリス心理相談室代表

    筒井 亮太(ツツイ リョウタ)
    臨床心理士。たちメンタルクリニック
  • 著者について

    ジェレミー・ホームズ (ジェレミーホームズ)
    (Jeremy Holmes)1943-。英国の精神科医・精神療法家。エクセター大学心理学部客員教授。著書にJohn Bowlby and Attachment Theory. Routledge, 1993(『ボウルビィとアタッチメント理論』岩崎学術出版社 1996)Introduction to Psychoanalysis: Contemporary Theory and Practice. Routledge 1995(『臨床家のための精神分析入門:今日の理論と実践』岩崎学術出版社 2010)などがある。

    細澤仁 (ホソザワジン)
    精神科医。臨床心理士。フェルマータ・メンタルクリニック院長、アイリス心理相談室代表。著書『解離性障害の治療技法』(みすず書房 2008)『日常臨床に活かす精神分析:現場に生きる臨床家のために』(編著 誠信書房 2017)『実践に学ぶ30分カウンセリング:多職種で考える短時間臨床』(編著 日本評論社 2020)ほか多数。訳書 メルツァー/ウィリアムズ『精神分析と美』(監訳 みすず書房 2010)ランク『出生外傷』(共訳 みすず書房 2013)ほか多数。

    筒井亮太 (ツツイリョウタ)
    臨床心理士。たちメンタルクリニック。訳書 ジェイコブス『ドナルド・ウィニコット:その理論と臨床から影響と発展まで』(共監訳 誠信書房 2019)コトヴィッチ『R. D. レインと反精神医学の道』(共訳 日本評論社 2020)ボウルビィ『アタッチメントと親子関係:ボウルビィの臨床セミナー』(金剛出版 2021)ほか多数。

アタッチメントと心理療法―こころに安心基地を作るための理論と実践 の商品スペック

商品仕様
出版社名:みすず書房
著者名:ジェレミー ホームズ(著)/細澤 仁(訳)/筒井 亮太(訳)
発行年月日:2021/08/16
ISBN-10:4622090279
ISBN-13:9784622090274
判型:A5
発売社名:みすず書房
対象:教養
発行形態:単行本
内容:心理学
言語:日本語
ページ数:316ページ ※300,16P
縦:22cm
重量:530g
他のみすず書房の書籍を探す

    みすず書房 アタッチメントと心理療法―こころに安心基地を作るための理論と実践 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!