日本列島 地名の謎を解く―地名が語る日本のすがた [単行本]
    • 日本列島 地名の謎を解く―地名が語る日本のすがた [単行本]

    • ¥1,21037ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年5月20日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003457941

日本列島 地名の謎を解く―地名が語る日本のすがた [単行本]

価格:¥1,210(税込)
ポイント:37ポイント(3%還元)(¥37相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年5月20日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:東京書籍
販売開始日: 2021/09/30
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

日本列島 地名の謎を解く―地名が語る日本のすがた の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    地名に秘められた人々の歴史と願いに迫る!長年地名本を手掛けてきた著者がALS発症後にまとめた集大成本!
  • 目次

    「日本列島 地名の謎を解く」 ―地名が語る日本のすがた―

    はじめに
    第1章 聞いてびっくり! ユニークな地名
    宮本武蔵/南蛇井/極楽/輪島/己斐/桑原町/おとめ山/男女川/向津具/半家/浮気/十八女/乳頭温泉/吉里吉里
    第2章 動物が地名をもたらした
    飛鳥/熊谷/鵠沼/犬山/亀有/猫実/狙半内/虎姫
    第3章 都会で気になる地名の謎
    青山/代々木/梅田/針中野/立売堀/関内/国分町/二階堂/雪の下/新宿
    第4章 数字の示す意味は?
    三田/五箇山/六本木/七五三引/八景水谷/九度山/十三/十八成浜/千日前
    第5章 伝説を今に伝える地名
    姫島/及位/東尋坊/鉄輪温泉/鬼無里/鴻巣/姥捨/走水/女化/鬼首/不来方
    第6章 古代史をたどる地名
    不知火/埼玉/安房/間人/安曇野/宍道湖/鵯越/金華山/善光寺/比叡山/太秦
    第7章 武人たちの鼓動を伝える地名
     蹴上/相去/桶狭間/安土城/関ケ原/巌流島/田原坂
    第8章 北海道開拓がもたらした地名
    知床/幸福駅/定山渓
    第9章 都市名に隠された歴史
    仙台/会津若松/平塚/松本/名古屋/岐阜/金沢/富山/福井/高槻/堺/姫路/松江/高知/福岡/熊本/豊見城
    おわりに 地名の成り立ちと変遷
    人々が住まうところに「地名」はうまれる/奈良時代「好字令」を経て地名が二文字となる/廃藩置県により国名廃止、現在の都道府県が成立した
    あとがき
  • 出版社からのコメント

    伝説、動物、数字、ユニークさなど10の観点から選び出した90の日本の地名について、名付けられた歴史に迫る。
  • 内容紹介

    複数の人が共同生活を営み始めると、そこには必ず共通のコードを有した地名が必要になる。日本列島に人々が住み着くようになった時点から地名は存在してきたのだろう。多くの地名は長い歴史を経て現在の呼び名として定着した。本書では地名に隠されている意外と知られていない歴史を探る。興味深く読んでいただけるよう、日本の地名90について、伝説、動物、数字、ユニークさなど10の観点から分類して紹介している。何気なく当たり前のように使われている地名、心に染み入る懐かしい地名、よくよく考えてみると意味不明の地名……。地名には人間の営みが隠されている。日本の地名の成り立ちを探ることは、日本と日本人について考えることでもある。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    谷川 彰英(タニカワ アキヒデ)
    1945年長野県松本市生まれ。ノンフィクション作家(地名作家)。筑波大学名誉教授。柳田国男研究で博士(教育学)の学位を取得。教育学者として千葉大学に赴任して地名研究を始めた。筑波大学に移って理事・副学長を務めた期間も地名に関する本を書き続けた。2009年の退職を機にノンフィクション作家(地名作家)に転じ、多くの地名本を出版するとともにNHKの「日本人のおなまえ」に出演するなど第2の人生は順調に進んでいるかに見えた。だが2018年2月体調を崩し翌19年5月ALS(筋萎縮性側索硬化症)の宣告を受ける
  • 著者について

    谷川彰英 (タニカワ アキヒデ)
    長野県松本市生まれ。長野県松本深志高等学校を経て東京教育大学教育学部に進学し教育学を専攻。 同大学院博士課程修了。千葉大学助教授を経て、筑波大学教授。国立大学法人化に伴い、教育研究科長を経て筑波大学理事、副学長に就任。2009年、退職後はノンフィクション作家に転身。筑波大学名誉教授。2018年2月に体調を崩し、1年後に検査の結果難病のALSと診断される。
    <主な著書>『47都道府県 地名由来百科』(2015年・丸善出版)、『京都 地名の由来を歩く』(2015年・ベストセラーズ・ワニ文庫)、『千葉 地名の由来を歩く』(2016年・ベストセラーズ・ベスト新書)、『埼玉地名の由来を歩く』(2017年・ベストセラーズ・ベスト新書)、『「六本木」には木が6本あったのか? 素朴な疑問でたどる東京地名ミステリー』(2018年・朝日新聞出版・朝日新書)など、著書多数。

日本列島 地名の謎を解く―地名が語る日本のすがた の商品スペック

商品仕様
出版社名:東京書籍
著者名:谷川 彰英(著)
発行年月日:2021/10/01
ISBN-10:4487815266
ISBN-13:9784487815265
判型:B6
発売社名:東京書籍
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学評論・随筆
言語:日本語
ページ数:326ページ
縦:18cm
他の東京書籍の書籍を探す

    東京書籍 日本列島 地名の謎を解く―地名が語る日本のすがた [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!