怪談四十九夜 地獄蝶(竹書房怪談文庫) [文庫]
    • 怪談四十九夜 地獄蝶(竹書房怪談文庫) [文庫]

    • ¥74823ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年5月25日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
怪談四十九夜 地獄蝶(竹書房怪談文庫) [文庫]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003458372

怪談四十九夜 地獄蝶(竹書房怪談文庫) [文庫]

価格:¥748(税込)
ポイント:23ポイント(3%還元)(¥23相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年5月25日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:竹書房
販売開始日: 2021/09/29
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

怪談四十九夜 地獄蝶(竹書房怪談文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    黒木あるじのもとに当世随一の怪談作家が集い49話を書き下ろす人気実話競作集“怪談四十九夜”最新刊!とある家に伝わるお盆の風習、追究するうち恐ろしい事実が明らかに…「迎」(黒木あるじ)ほか、事故車の修理中に血も沸き立つ悍ましい怪異に襲われる「G車」(葛西俊和)、事故物件に住んだ男に降りかかった絶望の因果「子供が死ぬ家」(つくね乱蔵)ほか、我妻俊樹、小田イ輔、朱雀門出、冨士玉目に加え、郷内心瞳、しのはら史絵、渋川紀秀の3名が新たに加わり百花繚乱の恐怖が幕を開ける。宵闇に戯れる蝶は、奈落の残穢を日常に撒き散らす!
  • 内容(「BOOK」データベースより)

    渋川紀秀(ものまね;似てる子;軽くなる;崩れる喫茶店;ロッカーの中から);我妻俊樹(赤骸骨、青骸骨;ハンドバッグ;まちがえた帰宅;背中;猿のお面;小田イ輔(お祭りの音が聞こえる;やつらのニオイがする;タンスの味がする;何か轢いた感覚がある;おかしくなっている自分が見える);しのはら史絵(学生寮にて;殺したのに;受け取ってください;割って;牛舎にて);葛西俊和(G車;ゴーストレコード;煙草もらい;口;清潔な部屋);冨士玉目(里帰り;葬式ということ;猫の文句;何が隠されてた;家に来た人);朱雀門出(一番怖い電車;へきりじ陣屋跡の怪;ヒヨコ;狛犬の死骸;よく首つりに選ばれる樹を見に行った話);つくね乱蔵(ぐるぐるぐるぐる;河原亜紀子;子供が死ぬ家;図々しい奴;対決);黒木あるじ(迎;見;開;届);郷内心瞳(幽霊スナック;燃えやすいほど強い;生まれ出る;蛆の知らせ;行方不明)
  • 出版社からのコメント

    黒木あるじが招集する実話怪談界の手練れたち10名が紡ぐ死へ道行き、地獄の恐怖夜話!
  • 内容紹介

    精選された10名の怪談作家が刻む、身も凍る49の怪談話!

    黒木あるじのもとに当世随一の怪談作家が集い49話を書き下ろす人気実話競作集〈怪談四十九夜〉最新刊!
    とある家に伝わるお盆の風習、追究するうち恐ろしい事実が明らかに…「迎」「見」「開」「届」(黒木あるじ)、
    事故車の修理中に血も沸き立つ悍ましい怪異に襲われる「G車」(葛西俊和)、
    事故物件に住んだ男に降りかかった絶望の因果「子供が死ぬ家」(つくね乱蔵)
    ――ほか、我妻俊樹、小田イ輔、朱雀門出、冨士玉目に加え、郷内心瞳、しのはら史絵、渋川紀秀の3名が新たに加わり百花繚乱の恐怖が幕を開ける。
    宵闇に戯れる蝶は、奈落の残穢を日常に撒き散らす!
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    黒木 あるじ(クロキ アルジ)
    怪談作家として精力的に活躍。小説も手掛ける
  • 著者について

    黒木 あるじ (クロキ アルジ)
    黒木あるじ (くろき・あるじ)

    『怪談実話 震』で単著デビュー。「無惨百物語」シリーズ、『黒木魔奇録』『黒木魔奇録 狐憑き』『怪談実話傑作選 弔』『怪談実話傑作選 磔』『怪談売買録 拝み猫』『怪談売買録 嗤い猿』など。共著には「FKB饗宴」「怪談五色」「ふたり怪談」「怪談四十九夜」「瞬殺怪談」各シリーズ、『奥羽怪談』『未成仏百物語』『実録怪談 最恐事故物件』『黄泉つなぎ百物語』など。小田イ輔やムラシタショウイチなど新たな書き手の発掘にも精力的だ。他に小説『掃除屋 プロレス始末伝』『葬儀屋 プロレス刺客伝』など。

    我妻 俊樹 (アガツマトシキ)
    我妻俊樹 (あがつま・としき)

    『実話怪談覚書 忌之刻』にて単著デビュー。「実話怪談覚書」「奇々耳草紙」各シリーズ、「忌印恐怖譚」シリーズ『くちけむり』『めくらまし』『みみざんげ』『くびはらい』など。共著に「FKB饗宴」「てのひら怪談」「ふたり怪談」「怪談五色」「怪談四十九夜」「瞬殺怪談」各シリーズ、『猫怪談』など。

    小田 イ輔 (オダイスケ)
    小田イ輔 (おだ・いすけ)

    『FKB怪幽録 奇の穴』で単著デビュー。「実話コレクション」「怪談奇聞」各シリーズ、共著に「怪談四十九夜」「瞬殺怪談」各シリーズ、『奥羽怪談』『未成仏百物語』など。原作コミック『厭怪談 なにかがいる』(画・柏屋コッコ)もある。

    葛西 俊和 (カサイトシカズ)
    葛西俊和 (かさい・としかず)

    怪談蒐集にいそしむ傍ら、青森県の伝承や民話、風習についても情報を集めている。単著に『降霊怪談』『鬼哭怪談』、共著に「怪談四十九夜」シリーズ、『奥羽怪談』『怪談実話競作集 怨呪』『獄・百物語』など。

    郷内 心瞳 (ゴウナイシンドウ)
    郷内心瞳 (ごうない・しんどう)

    憑き物落としや魔祓いを手掛けるほか、各種加持祈祷、悩み相談などをうけている。二〇一四年『拝み屋郷内 怪談始末』で単著デビュー。『拝み屋備忘録 怪談火だるま乙女』をはじめとする「拝み屋備忘録」シリーズ、「拝み屋怪談」「拝み屋異聞」などのシリーズを手掛ける。

    しのはら史絵 (シノハラシエ)
    しのはら史絵 (しのはら・しえ)

    作家・脚本家としてシナリオ、小説、漫画原作を手掛ける傍ら、幼少の頃から好きであった怪談蒐集に勤しむ。著書に『弔い怪談 葬歌』、共著に『高崎怪談会 東国百鬼譚』『異職怪談~特殊職業人が遭遇した26の怪異~』『魑魅怪談』など。正木信太郎氏と「板橋怪談会」を主催。不定期で「女だけの秘密の怪談会」も主催している。

    渋川 紀秀 (シブカワノリヒデ)
    渋川紀秀 (しぶかわ・のりひで)

    心霊と人の狂気の間の話を描く『恐怖実話 狂霊』『恐怖実話 狂忌』『恐怖実話 狂葬』『恐怖実話 狂縁』『恐怖実話 狂禍』など。共著に『FKB怪談幽戯』『怪談実話競作集 怨呪』『怪談五色 破戒』など。

    朱雀門 出 (スザクモンイヅル)
    朱雀門出 (すざくもん・いづる)

    二〇〇九年「今昔奇怪録」で第十六回日本ホラー小説大賞短編賞を受賞。実話怪談では『第六脳釘怪談』をはじめとする「脳釘怪談」シリーズほか。共著に「怪談五色」シリーズ、『京都怪談 神隠し』など。

    つくね乱蔵 (ツクネランゾウ)
    つくね乱蔵 (つくね・らんぞう)

    『恐怖箱 厭怪』で単著デビュー。『つくね乱蔵実話怪談傑作選 厭ノ蔵』『恐怖箱 厭熟』『恐怖箱 絶望怪談』『恐怖箱 厭獄』『恐怖箱 厭還』など。共著に「瞬殺怪談」「怪談五色」「恐怖箱テーマアンソロジー」各シリーズなど。ホラーライトノベルの単著に『僕の手を借りたい。』ほか、黒川進吾の名でショートショートも発表、共著『ショートショートの宝箱』もある。

    冨士 玉目 (フジタマメ)
    冨士玉目 (ふじ・たまめ)

    怪談を聞いたり読んだり語ったりするのが好き。普段はサラリーマンとして生きている。最近知り合いの不幸が妙に多いので、これ以上深入りをしない方がいいのかと逡巡しながら今回も参加。冨士玉女から改名。

怪談四十九夜 地獄蝶(竹書房怪談文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:竹書房
著者名:黒木 あるじ(編著)
発行年月日:2021/10/06
ISBN-10:480192865X
ISBN-13:9784801928657
判型:文庫
発売社名:竹書房
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:223ページ
縦:15cm
横:11cm
厚さ:1cm
重量:135g
他の竹書房の書籍を探す

    竹書房 怪談四十九夜 地獄蝶(竹書房怪談文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!