千歳くんはラムネ瓶のなか〈6〉(ガガガ文庫) [文庫]
    • 千歳くんはラムネ瓶のなか〈6〉(ガガガ文庫) [文庫]

    • ¥93529ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年12月8日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003459964

千歳くんはラムネ瓶のなか〈6〉(ガガガ文庫) [文庫]

裕夢(著)
価格:¥935(税込)
ポイント:29ポイント(3%還元)(¥29相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年12月8日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:小学館
販売開始日: 2021/08/19
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

千歳くんはラムネ瓶のなか〈6〉(ガガガ文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    すべては変わってしまった。唐突に、劇的に。どうしようもないほど残酷に。けれど、ひとりで塞ぎ込む時間を、彼女は与えてくれなかった。「あの日のあなたがそうしてくれたように。今度は私が誰よりも朔くんの隣にいるの」―1年前。まだ優空が内田さんで、俺が千歳くんで。お互いの“心”に触れ合ったあの日。俺たちの関係がはじまったあの夜を思い出す。優空は言う。「大丈夫、だいじょうぶ」月の見えない夜に無くした何かを、また手繰りよせられるというように。…俺たちの夏は。まだ、終わらない。
  • 内容紹介

    私を見つけてくれて、ありがとう

    すべては変わってしまった。
    唐突に、劇的に。どうしようもないほど残酷に。

    けれど、ひとりで塞ぎ込む時間を、彼女は与えてくれなかった。
    「あの日のあなたがそうしてくれたように。今度は私が誰よりも朔くんの隣にいるの」

    ――1年前。まだ優空が内田さんで、俺が千歳くんで。
    お互いの“心”に触れ合ったあの日。俺たちの関係がはじまったあの夜を思い出す。

    優空は言う。

    「大丈夫、だいじょうぶ」
    月の見えない夜に無くした何かを、また手繰りよせられるというように。

    ……俺たちの夏は。まだ、終わらない。





    図書館選書
    すべてが変わってしまったあのとき。ただ一人動いたのは彼女だった。「あの日のあなたがそうしてくれたように。今度は私が誰よりも朔くんの隣にいるの」 いま、交わされた誓いと、それぞれの弱さが明かされる――。

千歳くんはラムネ瓶のなか〈6〉(ガガガ文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:裕夢(著)
発行年月日:2021/08/24
ISBN-10:4094530223
ISBN-13:9784094530223
判型:文庫
発売社名:小学館
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:613ページ
縦:15cm
他の小学館の書籍を探す

    小学館 千歳くんはラムネ瓶のなか〈6〉(ガガガ文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!