言論統制というビジネス―新聞社史から消された「戦争」(新潮選書) [全集叢書]
    • 言論統制というビジネス―新聞社史から消された「戦争」(新潮選書) [全集叢書]

    • ¥1,70552ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年8月15日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003459985

言論統制というビジネス―新聞社史から消された「戦争」(新潮選書) [全集叢書]

  • 4.0
価格:¥1,705(税込)
ポイント:52ポイント(3%還元)(¥52相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年8月15日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:新潮社
販売開始日: 2021/08/26
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

言論統制というビジネス―新聞社史から消された「戦争」(新潮選書) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    第二次大戦後、新聞社はこぞって言い始めた。「軍部の弾圧で筆を曲げざるを得なかった」と―。しかし、それは真実か?新聞の団体は、当局に迎合するだけの記者クラブを作り、政府の統制組織に人を送り込んで、自由な報道を自ら制限した。「報道報国」の名の下、「思想戦戦士」を自称しつつ、利益を追求したメディアの空白の歴史を検証する。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    一万三四二八紙の新聞
    変貌する報道メディア
    国策通信社の誕生
    実験場としての満州
    新聞参戦
    映画の統合
    内閣情報局に埋め込まれた思惑
    自主統制の対価
    新聞新体制の副産物
    統制の深化
    一県一紙の完成
    悪化する戦局の中で
    巣鴨プリズン
  • 出版社からのコメント

    「軍部にペンを折られた」は噓だった。「報道報国」を掲げ、権力と一体化して部数拡大と特権獲得を図った新聞社の「不都合な真実」。
  • 内容紹介

    「権力とメディアの癒着」――その原点は戦時統制にあり! 「軍部の弾圧でペンを折らざるを得なかった」は虚構だった。「報道報国」の名の下、部数を貪欲に追い求めた新聞社は、当局に迎合するだけの記者クラブを作り、唯一の統制機関「内閣情報局」に幹部を送り込んだ。そして、ライバル紙を蹴落とすために地方紙大合併を仕掛け……。戦争を利用し尽くしたメディア暗黒史。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    里見 脩(サトミ シュウ)
    1948年、福島県生まれ。東京大学大学院学際情報学府博士課程単位取得満期退学。博士(社会情報学)。時事通信社記者、四天王寺大学教授、大妻女子大学教授などを経て、現在は大妻女子大学人間生活文化研究所特別研究員

言論統制というビジネス―新聞社史から消された「戦争」(新潮選書) の商品スペック

商品仕様
出版社名:新潮社
著者名:里見 脩(著)
発行年月日:2021/08/25
ISBN-10:4106038714
ISBN-13:9784106038716
判型:B6
対象:一般
発行形態:全集叢書
内容:社会科学総記
言語:日本語
ページ数:287ページ
縦:20cm
横:13cm
厚さ:2cm
重量:297g
他の新潮社の書籍を探す

    新潮社 言論統制というビジネス―新聞社史から消された「戦争」(新潮選書) [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!