記憶の切繪図―七十五年の回想(ちくま学芸文庫) [文庫]
    • 記憶の切繪図―七十五年の回想(ちくま学芸文庫) [文庫]

    • ¥1,21037ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年5月27日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003461244

記憶の切繪図―七十五年の回想(ちくま学芸文庫) [文庫]

価格:¥1,210(税込)
ポイント:37ポイント(3%還元)(¥37相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年5月27日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:筑摩書房
販売開始日: 2021/09/11
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

記憶の切繪図―七十五年の回想(ちくま学芸文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    300年以上の超難問であった「フェルマーの最終定理」が1995年A.ワイルズによって解決された。その際多大な貢献をしたのが「志村予想」であった。志村多様体論や高次虚数乗法論で知られる世界的数学者・志村五郎の自伝的随想。幼少期、学生時代、プリンストンでの研究生活、さまざまな時代の追想を交え75年の人生におけるエピソードを時に辛辣に、時に滋味深く綴る。特にアンドレ・ヴェイユ、カール・ジーゲル等、数学者との交流と評価、「志村予想」への自身唯一の言及は興味深い。
  • 目次

    一 はじめに
    二 切繪図の世界
    三 茶色のランドセル
    四 宇宙の構造
    五 子供の悩み
    六 中学では
    七 終戦前後
    八 死について
    九 いかに学んだか
    十 邪念と憍慢
    十一 大学の三年間
    十二 数学者としての出発
    十三 教える身になって
    十四 フランスでは
    十五 プリンストン研究所では
    十六 東京に帰って
    十七 大阪での一年
    十八 再びプリンストンに
    十九 なぜあの文章を書いたか
    二十 所かわれば
    二十一 ユー・ウィル・ファインド・アウト
    二十二 向う側
    付録一 方程式を解くとは
    付録二 知の継承が生む創造力
    付録三 あの予想
    あとがき
    解説 きれぎれのおもいで 時枝 正
  • 内容紹介

    世界的数学者の自叙伝。幼年時代、プリンストンでの研究生活と数多くの数学者との交流と評価。巻末に「志村予想」への言及を収録。解説 時枝正

    ===
    300年以上の超難問であった「フェルマーの最終定理」が1995年A・ワイルズによって解決された。その際多大の貢献をしたのが「志村予想」であった。志村多様体論や高次虚数乗法論で知られる世界的数学者・志村五郎の自伝的随想。幼少期、学生時代、プリンストンでの研究生活、さまざまな時代の追想を交え75年の人生におけるエピソードを時に辛辣に、時に滋味深く綴る。特にアンドレ・ヴェイユ、カール・ジーゲル等数学者との交流と評価、「志村予想」への自身唯一の言及は興味深い。
    ===

    世界的数学者は、何を考えていたのか
    幼年時代、研究者生活、そして「あの予想」


    【目次】
    一 はじめに
    二 切繪図の世界
    三 茶色のランドセル
    四 宇宙の構造
    五 子供の悩み
    六 中学では
    七 終戦前後
    八 死について
    九 いかに学んだか
    十 邪念と憍慢
    十一 大学の三年間
    十二 数学者としての出発
    十三 教える身になって
    十四 フランスでは
    十五 プリンストン研究所では
    十六 東京に帰って
    十七 大阪での一年
    十八 再びプリンストンに
    十九 なぜあの文章を書いたか
    二十 所かわれば
    二十一 ユー・ウィル・ファインド・アウト
    二十二 向う側
    付録一 方程式を解くとは
    付録二 知の継承が生む創造力
    付録三 あの予想
    あとがき
    解説 きれぎれのおもいで 時枝 正
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    志村 五郎(シムラ ゴロウ)
    1930年静岡生まれ、東京育ち。1952年東京大学理学部数学科卒業。東京大学助教授、大阪大学教授。プリンストン高等研究所を経て、1964年プリンストン大学教授。同大学名誉教授。アーベル多様体の虚数乗法論の高次元化、アーベル多様体のモジュライ理論とモジュライに対応するCM体上のアーベル拡大を記述する保型関数を構成し、志村多様体論を展開。アメリカ数学会コール賞(数論部門)、アメリカ数学会スティール賞(生涯の業績部門)、朝日賞、藤原科学財団藤原賞他受賞。2019年逝去
  • 著者について

    志村 五郎 (シムラ ゴロウ)
    志村 五郎(しむら・ごろう) 1930年静岡生れ、東京育ち。1952年東京大学理学部数学科卒業。東京大学助教授、大阪大学教授。プリンストン高等研究所を経て、1964年プリンストン大学教授。同大学名誉教授。アーベル多様体の虚数乗法論の高次元化、アーベル多様体のモジュライ理論とモジュライに対応するCM体上のアーベル拡大を記述する保型関数を構成し、志村多様体論を展開。アメリカ数学会コール賞(数論部門)、アメリカ数学会スティール賞(生涯の業績部門)、朝日賞、藤原化学財団藤原賞他受賞。2019年逝去。

記憶の切繪図―七十五年の回想(ちくま学芸文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:筑摩書房
著者名:志村 五郎(著)
発行年月日:2021/09/10
ISBN-10:4480510753
ISBN-13:9784480510754
判型:文庫
発売社名:筑摩書房
対象:一般
発行形態:文庫
内容:数学
言語:日本語
ページ数:278ページ
縦:15cm
他の筑摩書房の書籍を探す

    筑摩書房 記憶の切繪図―七十五年の回想(ちくま学芸文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!