犬神家の戸籍―「血」と「家」の近代日本 [単行本]
    • 犬神家の戸籍―「血」と「家」の近代日本 [単行本]

    • ¥1,98060ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年7月27日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003462133

犬神家の戸籍―「血」と「家」の近代日本 [単行本]

  • 4.0
価格:¥1,980(税込)
ポイント:60ポイント(3%還元)(¥60相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年7月27日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:青土社
販売開始日: 2021/10/12
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

犬神家の戸籍―「血」と「家」の近代日本 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「家族」とはなにか?その系図に刻まれた欲望と不条理。飛び散る血しぶき、耳をつんざく悲鳴、謎かけを込めて“展示”される死体―。犬神家を襲った怪奇な連続殺人事件の背景には、何があったのか?物語を読み解くカギは「戸籍」にあり。血で血を洗った一族の系譜を丁寧にたどりながら、社会に根強く残る「血」や「家」の秩序と価値観を炙り出し、近代日本の陰に光をあてる。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    序章 『犬神家の一族』の読み方
    第1章 「犬神家」とは誰か―家族制度の転換期の物語
    第2章 犬神佐兵衛の戸籍―孤児に始まり、家長に終わる
    第3章 婚外子がいっぱい―犬神佐兵衛の落とし種
    第4章 養子たちの命運―日本ならではの「家族」
    第5章 戦争と個人の戸籍―事件捜査を左右したものは
    終章 犬神家の戸籍が映し出す「日本」―愛憎入り混じった一族の“系譜”
  • 内容紹介

    横溝正史はなぜ金田一を“結婚させなかった”のか?
    戦後の転換期、すなわち敗戦から民主化へと向かう新旧の制度や慣習が入り交じった時期に書かれた、横溝正史の代表作にして、探偵小説の金字塔『犬神家の一族』。犬神家の複雑かつ血みどろの人間模様を紙上で規定していたのは「戸籍」であった――。精緻な読解と検証を通じて、日本社会に根強く残る「血」や「家」の秩序と価値観を炙り出す、血に塗れた「紙の上の家族」の日本史。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    遠藤 正敬(エンドウ マサタカ)
    1972年生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科博士課程修了。博士(政治学)。専門は政治学、日本政治史。現在、早稲田大学台湾研究所非常勤次席研究員。宇都宮大学、埼玉県立大学、東邦大学等で非常勤講師。著書に、第39回サントリー学芸賞を受賞した『戸籍と無戸籍―「日本人」の輪郭』(人文書院)などがある

犬神家の戸籍―「血」と「家」の近代日本 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:青土社
著者名:遠藤 正敬(著)
発行年月日:2021/10/15
ISBN-10:4791773950
ISBN-13:9784791773954
判型:B6
発売社名:青土社
対象:一般
発行形態:単行本
内容:社会
言語:日本語
ページ数:222ページ ※220,2P
縦:19cm
他の青土社の書籍を探す

    青土社 犬神家の戸籍―「血」と「家」の近代日本 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!