フランス経済学史教養講義―資本主義と社会主義の葛藤 [単行本]
    • フランス経済学史教養講義―資本主義と社会主義の葛藤 [単行本]

    • ¥2,64080ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年1月25日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003463257

フランス経済学史教養講義―資本主義と社会主義の葛藤 [単行本]

価格:¥2,640(税込)
ポイント:80ポイント(3%還元)(¥80相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年1月25日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:明石書店
販売開始日: 2021/07/30
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

フランス経済学史教養講義―資本主義と社会主義の葛藤 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    ケネー、サン=シモン、クールノー、ワルラス、ピケティ…資本主義を肯定する思想と否定する思想の両方に大きな貢献を果たし、あまたの数理経済学者をも生んだフランスの経済学。
  • 目次

    序文:なぜフランス経済学史か

    第1講 重商主義、重工主義、初期重農主義の経済学
     1 はじめに
     2 重商主義と重工主義
     3 ボワギルベール
     4 カンティロン
     5 ムロン

    第2講 重農主義
     1 はじめに
     2 ケネーの一生と存在価値
     3 ケネーの経済表
     4 重農主義の評価と批判
     5 自由放任主義

    第3講 ポスト重農主義と産業主義
     1 はじめに
     2 カナールとセー
     3 サン=シモン主義
     4 ミッシェル・シュヴァリエ

    第4講 空想的社会主義
     1 はじめに
     2 ロバート・オーエン
     3 クロード・アンリ・ド・サン=シモン
     4 シャルル・フーリエ

    第5講 クールノー均衡とゲーム理論の先駆け
     1 はじめに
     2 クールノー
     3 需要曲線
     4 独占、寡占
     5 ベルトラン均衡
     6 ゲーム理論

    第6講 一般均衡論者ワルラスの輝き
     1 はじめに
     2 ワルラスの人となり
     3 限界革命
     4 一般均衡の世界
     5 模索過程
     6 均衡の存在と安定
     7 ワルラスは社会主義者か
     8 パレート
     9 ワルラスの総合評価

    第7講 エンジニア・エコノミスト
     1 はじめに
     2 エンジニア・エコノミストとは
     3 エコール・ポリテクニク
     4 ジュール・デュピュイ
     5 公共財の経済学
     6 政府の役割
     7 現代のエンジニア・エコノミスト
     8 ディリジスム

    第8講 資本主義(自由経済主義)と社会主義の闘い
     1 はじめに
     2 バスティア
     3 Ce qu'on voit et ce qu'on ne voit pas(見えるものと見えないもの)
     4 その他の自由主義経済派の群像
     5 ルイ・オーギュスト・ブランキ
     6 プルードンとソレル
     7 ルシアン・サニエル、アルギリ・エマニュエル、シャルル・ベッテライム
     8 レギュラシオン理論の誕生と推移
     9 レギュラシオン理論の本質
     10 資本主義の類型

    第9講 ピケティの格差論
     1 はじめに
     2 ピケティの衝撃
     3 20世紀フランスにおける所得分配
     4 『21世紀の資本』の衝撃
     5 内容
     6 評価
     7 ピケティを日本の立場で考える
     8 『21世紀の資本』への論者からのコメント
     9 資本とイデオロギー
     10 エスター・デュフロ

    第10講 フランス以外の経済学の特色
     1 はじめに
     2 イギリス経済学史の素描
     3 ドイツ経済学史の素描
     4 カール・マルクスとフリードリッヒ・エンゲルス
     5 英・独・仏以外の経済学

    最終講 フランス経済学の特色
     1 はじめに
     2 特色①:重農主義と経済自由主義
     3 特色②:空想的社会主義
     4 特色③:数理経済学
     5 特色④:一般均衡理論
     6 特色⑤:エンジニアリング経済学
     7 特色⑥:フランス語文献の地位低下
     8 おわりに

    補講 日本におけるフランス経済学研究の系譜
     1 はじめに
     2 ケネーとワルラス
     3 ケネー、ワルラス以外の経済学者

     あとがき
     参考文献一覧
  • 内容紹介

    資本主義を肯定する思想と否定する思想の両方に貢献し、あまたの数理経済学者をも生んだフランス経済学。なぜ傑出した者たちが登場し、課題解決のための理論と政策を主張するに至ったのか。格差と不平等に満ちた現代社会を読みとくため、今こそ軌跡をたどろう。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    橘木 俊詔(タチバナキ トシアキ)
    京都女子大学客員教授、京都大学名誉教授。1943年兵庫県生まれ。小樽商科大学、大阪大学大学院を経て、ジョンズ・ホプキンス大学大学院博士課程修了(Ph.D.)。京都大学教授、同志社大学教授を歴任。元日本経済学会会長。専門は経済学、特に労働経済学。フランス、アメリカ、イギリス、ドイツで研究職・教育職に従事するとともに、日本銀行、経済産業省などで客員研究員を経験。和文、英文、仏文の著書・論文が多数ある
  • 著者について

    橘木 俊詔 (タチバナキ トシアキ)
    京都女子大学客員教授,京都大学名誉教授
    1943年兵庫県生まれ。
    小樽商科大学,大阪大学大学院を経て,ジョンズ・ホプキンス大学大学院博士課程修了(Ph.D.)。京都大学教授,同志社大学教授を歴任。元日本経済学会会長。
    専門は経済学,特に労働経済学。フランス,アメリカ,イギリス,ドイツで研究職・教育職に従事するとともに,日本銀行,経済産業省などで客員研究員を経験。
    和文,英文,仏文の著書・論文が多数ある。
    〔主要近著〕
    『日本の構造:50の統計データで読む国のかたち』(講談社,2021年)
    『教育格差の経済学:何が子どもの将来を決めるのか』(NHK出版,2020年)
    『“フランスかぶれ”ニッポン』(藤原書店,2019年)
    『日本の経済学史』(法律文化社,2019年)
    『21世紀日本の格差』(岩波書店,2016年)
    『フランス産エリートはなぜ凄いのか』(中央公論新社,2015年)

フランス経済学史教養講義―資本主義と社会主義の葛藤 の商品スペック

商品仕様
出版社名:明石書店
著者名:橘木 俊詔(著)
発行年月日:2021/07/30
ISBN-10:475035225X
ISBN-13:9784750352251
判型:B6
発売社名:明石書店
対象:一般
発行形態:単行本
内容:経済・財政・統計
言語:日本語
ページ数:241ページ
縦:19cm
他の明石書店の書籍を探す

    明石書店 フランス経済学史教養講義―資本主義と社会主義の葛藤 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!