原敬―「平民宰相」の虚像と実像(中公新書) [新書]
    • 原敬―「平民宰相」の虚像と実像(中公新書) [新書]

    • ¥99030ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年5月26日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003467908

原敬―「平民宰相」の虚像と実像(中公新書) [新書]

価格:¥990(税込)
ポイント:30ポイント(3%還元)(¥30相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年5月26日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:中央公論新社
販売開始日: 2021/09/18
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

原敬―「平民宰相」の虚像と実像(中公新書) [新書] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    初の「平民」首相として、本格的政党内閣を率いた原敬。戊辰戦争で敗れた盛岡藩出身の原は苦学を重ね、新聞記者を経て外務省入省、次官まで栄進する。その後、伊藤博文の政友会に参加、政治家の道を歩む。大正政変、米騒動など民意高揚の中、閣僚を経て党の看板として藩閥と時に敵対、時に妥協し改革を主導。首相就任後、未来を見据えた改革途上で凶刃に倒れた。独裁的、権威的と評されるリアリスト原の軌跡とその真意を描く。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 明治維新後の新時代―激変のなかを生きる
    第2章 興隆期の官界中枢へ―建設と発展のために
    第3章 政界再編、政治への参画―立憲政治の始動
    第4章 政権への接近―桂園体制の七年間
    第5章 大正デモクラシーの時代―政界トップへの道
    第6章 近代日本の政党政治確立へ―第一次世界大戦後
    おわりに―原敬が遺したもの
  • 出版社からのコメント

    米騒動など民意高揚下、藩閥と敵対、時に妥協し改革を主導。初の本格的政党内閣を率いた原敬。リアリストの軌跡を追いその真意を描く
  • 内容紹介

    初の「平民」首相として、本格的政党内閣を率いた原敬。戊辰戦争で敗れた盛岡藩出身の原は苦学を重ね、新聞記者から外務省入省、次官まで栄進する。その後、伊藤博文の政友会に参加、政治家の道を歩む。大正政変、米騒動など民意高揚の中、閣僚を経て党の看板として藩閥と時に敵対、時に妥協し改革を主導。首相就任後、未来を見据えた改革途上で凶刃に倒れた。独裁的、権威的と評されるリアリスト原の軌跡とその真意を描く。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    清水 唯一朗(シミズ ユイチロウ)
    1974年長野県生まれ。99年慶應義塾大学法学部政治学科卒。2003年慶應義塾大学大学院法学研究科単位取得、退学。05年博士(法学)。東京大学先端科学技術センター特任助手などを経て、07年慶應義塾大学総合政策学部専任講師、准教授を経て、17年より同教授。専攻/日本政治外交史。オーラル・ヒストリー。著書に『近代日本の官僚』(中公新書、2013年。日本公共政策学会賞)など
  • 著者について

    清水 唯一朗 (シミズユイチロウ)
    1974(昭和49)年長野県生まれ. 99年慶應義塾大学法学部政治学科卒. 2003年慶應義塾大学大学院法学研究科単位取得, 退学. 05年博士(法学). 東京大学先端科学技術センター特任助手などを経て, 07年慶應義塾大学総合政策学部専任講師, 准教授を経て, 17年より慶應義塾大学総合政策学部教授. 専攻/日本政治外交史. オーラル・ヒストリー. 著書に『政党と官僚の近代』(藤原書店,2007年),『近代日本の官僚』(中公新書, 2013年. 日本公共政策学会賞)などほか多数.

原敬―「平民宰相」の虚像と実像(中公新書) [新書] の商品スペック

商品仕様
出版社名:中央公論新社
著者名:清水 唯一朗(著)
発行年月日:2021/09/25
ISBN-10:4121026608
ISBN-13:9784121026606
判型:新書
対象:教養
発行形態:新書
内容:日本歴史
言語:日本語
ページ数:324ページ
縦:18cm
他の中央公論新社の書籍を探す

    中央公論新社 原敬―「平民宰相」の虚像と実像(中公新書) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!