実話怪談 牛首村(竹書房文庫) [文庫]
    • 実話怪談 牛首村(竹書房文庫) [文庫]

    • ¥74823ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年5月25日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
実話怪談 牛首村(竹書房文庫) [文庫]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003477351

実話怪談 牛首村(竹書房文庫) [文庫]

吉田 悠軌(ほか著)栗原 亨(ほか著)久田 樹生(ほか著)神沼 三平太(ほか著)しのはら 史絵(ほか著)
価格:¥748(税込)
ポイント:23ポイント(3%還元)(¥23相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年5月25日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:竹書房
販売開始日: 2022/01/20
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

実話怪談 牛首村(竹書房文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    禁断の村落「牛首村」は実在するのか―?北陸に最凶とうたわれる二つの心霊スポットがある。富山県魚津市の山中に取り残された廃ホテル、坪野鉱泉の「ホテル坪野」。そして、石川県と富山県の県境にある曰く付きの隧道、通称「牛首トンネル」がそれである。映画「牛首村」の舞台にもなったこれらの地の闇を徹底検証、坪野鉱泉ホテルの探索ルポのほか、日本各地に残された不気味な廃村を写真付きで紹介する。また、坪野鉱泉や隧道で実際に起きた怪奇事件、口減らしや神隠し、双子や牛に纏わる恐怖の村怪談も収録。北陸最大のミステリーに迫る、実話怪談版・牛首村!
  • 内容(「BOOK」データベースより)

    坪野鉱泉怪談紀行;坪野鉱泉ホテル探訪ルポ;廃村の歩き方(廃村・峰(東京都);十七つの家(茨城県);柏崎トルコ文化村(新潟県);松尾鉱山緑が丘住宅群(岩手県);永谷集落(福井県));牛首実話怪談(禍地;牛首トンネル;トンネルの果て;何も無い場所。;光の集団;子返しの女;下見;水音と鳴弦;はしらげの立つ村;てれんこしょって;双児;ホテル廃墟;山の中で)
  • 出版社からのコメント

    映画「牛首村」の舞台になった「坪野鉱泉」周辺地域を徹底調査。実際に起きた怪奇事件、恐怖体験談、その他日本各地の村怪談を収録!
  • 内容紹介

    北陸最凶の地と、日本の村の恐怖に迫る――!

    北陸に最凶とうたわれる二つの心霊スポットがある。
    富山県魚津市の山中に取り残された坪野鉱泉の廃ホテル。
    そして、石川県と富山県の県境にある曰く付きの隧道、
    通称「牛首トンネル」がそれである。
    坪野鉱泉では、肝試しに訪れた少女二人が失踪する事件が起き、
    24年の時を経て遺体が海から発見されたものの、
    いまだ多くの謎が残されている。
    映画「牛首村」の舞台ともなったこれらの地の闇を徹底検証、
    坪野鉱泉ホテルの探索ルポのほか、
    日本各地に残された不気味な廃村を写真付きで紹介する。
    また、坪野鉱泉や隧道で実際に起きた怪奇事件、
    口減らしや神隠し、双子や牛に纏わる恐怖の村怪談も収録。
    北陸最大のミステリーに迫る、実話怪談版・牛首村!

    ◆収録内容

    ●坪野鉱泉怪談紀行(吉田悠軌/著)
    ●坪野鉱泉ホテル 探索ルポ(栗原亨/著)
    ●廃村の歩き方(栗原亨/著)
    ・廃村・峰(東京都)
    ・十七つの家(茨城県)
    ・柏崎トルコ文化村(新潟県)
    ・松尾鉱山 緑が丘住宅群(岩手県)
    ・永谷集落(福井県)
    ●牛首実話怪談
    「禍地」しのはら史絵
    「牛首トンネル」営業のK
    「トンネルの果て」久田樹生
    「何もない場所。」音隣宗二
    「光の集団」影絵草子
    「子返しの女」青葉入鹿
    「下見」青葉入鹿
    「水音と鳴弦」しのはら史絵
    「はしらげの立つ村」丸太町小川
    「てれんこしょって」丸太町小川
    「双児」久田樹生
    「ホテル廃墟」神沼三平太
    「山の中で」久田樹生
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    吉田 悠軌(ヨシダ ユウキ)
    怪談サークルとうもろこしの会会長。怪談の収集・語りとオカルト全般を研究。月刊ムーで連載中。オカルトスポット探訪雑誌『怪処』発行。文筆業を中心にTV映画出演、イベント、ポッドキャストなどで活動

    栗原 亨(クリハラ トオル)
    1966年生まれ。樹海及び廃墟探検家。30年以上にわたり約1500箇所の廃墟を巡り、青木ヶ原樹海にて70体以上の自殺遺体を発見。近年はテクニカルダイバーの資格を取得し、海中の廃墟である沈船を30隻以上探索
  • 著者について

    吉田 悠軌 (ヨシダ ユウキ)
    ◆吉田悠軌 Yuki Yoshida
    怪談サークルとうもろこしの会会長。怪談の収集・語りとオカルト全般を研究。著書に『オカルト探偵ヨシダの実話怪談』シリーズ(岩崎書店)『一生忘れない怖い話の語り方』(KADOKAWA)、「恐怖実話」シリーズ『怪の残滓』『怪の残響』『 怪の残像』『怪の手形』『怪の足跡』(以上、竹書房)、「怖いうわさ ぼくらの都市伝説」シリーズ(教育画劇)、『うわさの怪談』(三笠書房)、『日めくり怪談』(集英社)、『禁足地巡礼』(扶桑社)、共著に『実話怪談 犬鳴村』『怪談四十九夜 鬼気』など。
    月刊ムーで連載中。オカルトスポット探訪雑誌『怪処』発行。文筆業を中心にTV映画出演、イベント、ポッドキャストなどで活動。

    栗原亨 (クリハラトオル)
    ◆栗原亨  Toru Kurihara
    1966年生まれ。樹海及び廃墟探検家。
    30年以上にわたり約1500箇所の廃墟を巡り、青木ヶ原樹海にて70体以上の自殺遺体を発見。
    著書に『廃墟の歩き方』『廃墟の歩き方2』『初めての廃墟の歩き方』『樹海の歩き方』(以上、イースト・プレス)『新・廃墟の歩き方』(二見書房)、『廃墟紀行』(マガジンランド)、『ウソかマコトか!?恐怖の樹海都市伝説』(秋田書店)、共著に『実話怪談 樹海村』(竹書房)がある。
    近年はテクニカルダイバーの資格を取得し、海中の廃墟である沈船を30隻以上探索。

実話怪談 牛首村(竹書房文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:竹書房
著者名:吉田 悠軌(ほか著)/栗原 亨(ほか著)/久田 樹生(ほか著)/神沼 三平太(ほか著)/しのはら 史絵(ほか著)
発行年月日:2022/01/27
ISBN-10:4801929273
ISBN-13:9784801929272
判型:文庫
発売社名:竹書房
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:219ページ
縦:15cm
横:11cm
厚さ:1cm
重量:142g
他の竹書房の書籍を探す

    竹書房 実話怪談 牛首村(竹書房文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!