スター・トレック アート&ヴィジュアル・エフェクツ [単行本]
    • スター・トレック アート&ヴィジュアル・エフェクツ [単行本]

    • ¥6,600396ポイント(6%還元)
    • 在庫あり2024年4月17日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
スター・トレック アート&ヴィジュアル・エフェクツ [単行本]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003478026

スター・トレック アート&ヴィジュアル・エフェクツ [単行本]

価格:¥6,600(税込)
ポイント:396ポイント(6%還元)(¥396相当)
フォーマット:
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年4月17日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:竹書房
販売開始日: 2022/03/24
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

スター・トレック アート&ヴィジュアル・エフェクツ の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    1979年に全米公開された劇場版『スター・トレック』は、個性的かつ愛すべき登場人物たち、記憶に残る衣装、そして見るたびに驚きをもたらす革新的な視覚効果で、40年間にわたって観客を魅了し続けた。この不朽の名作SF映画はいかにして製作されたのか?イメージを創り上げたヴィジュアル・アーティストたち―シド・ミード、ラルフ・マクォーリー、ロバート・エイブル、アンドリュー・プロバート、ケン・アダムスらによる、本邦初のヴィジュアル・アートや写真が満載。
  • 目次

    目次
    序文――ジェフ・ボンド/ジーン・コジッキ
    イントロダクション:発進中止――幻の企画となった「PLANET OF THE TITANS」と「STAR TREK PHASE II」
    第1章 ワープの実験――ボブ・エイブル
    第2章 修理――ダグラス・トランブルとジョン・ダイクストラ
    第3章 U.S.S.エンタープライズ――クラシックな宇宙船をいかに進化させるか
    第4章 ストレンジ・ニュー・ワールズ――ヴァルカンと地球のデザイン
    第5章 ヴィージャーのデザイン
    第6章 ヴィージャーの内部――消されたメモリウォール・シークエンスとスポックの船外活動シーン
    第7章 ヴィージャーの神殿――ヴィージャーの起源について
    第8章 クリンゴンへの攻撃――オープニング・シークエンス
    第9章 良き始まり――スター・トレックの継続的な進化
  • 出版社からのコメント

    制作スタッフたちへの取材と本邦初のヴィジュアル・アートや写真満載で贈る、映画版「スター・トレック」究極のビジュアル・ブック。
  • 内容紹介

    伝説的な映画版第1作の舞台裏がついにあきらかに。
    「Star Trek: The Motion Picture: The Art and Visual Effects」待望の邦訳版!
    制作に関わったスタッフたちへの取材と本邦初のヴィジュアル・アートや写真満載で贈る、
    映画版「スター・トレック」究極のビジュアル・ブック。

    カーク、スポック、マッコイなどおなじみの愛すべきクルーたち、映画版で初登場したアイリーア、デッカーなどの愛する登場人物たち。
    劇場版であらたに作り直された数々の衣装、そしてダグラス・トランブル(『未知との遭遇』)とジョン・ダイクストラ(『スター・ウォーズ』)による、芸術的なまでに美しいヴィジュアル・エフェクト。
    そのイメージを創り上げたヴィジュアル・アーティスト――シド・ミード、ラルフ・マッカリー、ロバート・エイブル、アンドリュー・プロバート、ケン・アダムスたち。

    1966年から69年にわたって放映されたSFドラマシリーズ「スター・トレック(宇宙大作戦)」。
    当時は視聴率がふるわずわずか3シーズンにて終了となった。
    しかし、その後全米各地での再放送から多くのファンができ、彼らを〝トレッキー〟と呼ぶなど社会現象とまでなった。
    この熱狂を受け、パラマウント映画は「スター・トレック」の〝復活〟を目論む。
    当初は2時間のテレビスペシャルとして企画されたが、徐々に形を変え「映画」として制作することとなる。
    多くの有名SF作家や脚本家・監督たちが関わるなか、最終的に指揮をとったのは『サウンド・オブ・ミュージック』『ウエスト・サイド物語』『アンドロメダ...』などの巨匠ロバート・ワイズ監督。
    しかし、映画版の〝航海〟はすんなりとはいかず、多くのトラブル(特撮監督の交代、予算超過などなど)を抱えることとなる……

    スター・トレック
    Star Trek: The Motion Picture
    監督:ロバート・ワイズ
    脚本:ハロルド・リヴィングストン
    原案:アラン・ディーン・フォスター
    製作・原作:ジーン・ロッデンベリー
    音楽:ジェリー・ゴールドスミス
    撮影:リチャード・H・クライン
    編集:トッド・C・ラムゼイ
    全米配給:パラマウント映画
    日本配給: CIC映画
    全米公開日:1979年12月7日
    日本公開日:1980年7月12日
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    ボンド,ジェフ(ボンド,ジェフ/Bond,Jeff)
    ロサンゼルス在住のフリーランスのライター、作家、雑誌編集者

    コジッキ,ジーン(コジッキ,ジーン/Kozicki,Gene)
    視覚効果プロダクション・マネージャーとして30年以上の経験があり、現在は視覚効果アーカイヴ・コンサルタントをつとめる

    有澤 真庭(アリサワ マニワ)
    千葉県出身。アニメーター、編集者等を経て、現在は翻訳業
  • 著者について

    ジェフ・ボンド (ジェフボンド)
    ジェフ・ボンド Jeff Bond
    ジェフ・ボンドはロサンゼルス在住のフリーランスのライター、作家、雑誌編集者。ボンドはダニー・エルフマン、アーウィン・アレン、《スタートレック》、『猿の惑星』、「宇宙探査艦オーヴィル」その他オタクなテーマの本を書いた。

    ジーン・コジッキ (ジーンコジッキ)
    ジーン・コジッキ Gene Kozicki
    ジーン・コジッキは視覚効果プロダクション・マネージャーとして30年以上の経験があり、現在は視覚効果アーカイヴ・コンサルタントをつとめる。おそらくは予言的に、『新スタートレック』第3シーズンのインターンとしてキャリアをスタートさせた。長年のあいだ幸運にも、少年時代に影響を受けた映像作品を手がけた多くの人々と仕事をし、友情を結んできた。コジッキは本書が彼らの仕事と芸術性へのトリビュート、そして感謝の印となることを願う。コジッキは本書を母親の思い出に捧げる。彼の母は幼少時より息子の人生における《スタートレック》の重要性に気づいたが、サンダルを履くときは靴下をはかせた。

スター・トレック アート&ヴィジュアル・エフェクツ の商品スペック

商品仕様
出版社名:竹書房
著者名:ジェフ ボンド(著)/ジーン コジッキ(著)/有澤 真庭(訳)/岸川 靖(監修)
発行年月日:2022/03/31
ISBN-10:4801929443
ISBN-13:9784801929449
判型:規大
発売社名:竹書房
対象:一般
発行形態:単行本
内容:外国文学小説
言語:日本語
ページ数:1冊
縦:28cm
横:31cm
厚さ:2cm
重量:1210g
その他: 原書名: STAR TREK THE MOTION PICTURE:INSIDE THE ART AND VISUAL EFFECTS〈Bond,Jeff;Kozicki,Gene〉
他の竹書房の書籍を探す

    竹書房 スター・トレック アート&ヴィジュアル・エフェクツ [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!