個性化における「私」と「身体」-アニメ映画『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』と『イノセンス』の分析を通じて(ユング派分析家資格取得論文シリーズ 第2巻) [全集叢書]

販売休止中です

    • 個性化における「私」と「身体」-アニメ映画『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』と『イノセンス』の分析を通...

    • ¥4,400132ポイント(3%還元)
個性化における「私」と「身体」-アニメ映画『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』と『イノセンス』の分析を通じて(ユング派分析家資格取得論文シリーズ 第2巻) [全集叢書]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003480959

個性化における「私」と「身体」-アニメ映画『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』と『イノセンス』の分析を通じて(ユング派分析家資格取得論文シリーズ 第2巻) [全集叢書]

齋藤 眞(著・文・その他)
価格:¥4,400(税込)
ポイント:132ポイント(3%還元)(¥132相当)
日本全国配達料金無料
出版社:創元社
販売開始日: 2021/11/17
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

個性化における「私」と「身体」-アニメ映画『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』と『イノセンス』の分析を通じて(ユング派分析家資格取得論文シリーズ 第2巻) の 商品概要

  • 目次

    【目次】

    シリーズ刊行に寄せて

    はじめに

    第1章 目的と問題の焦点化
     1.目的
     2.基本的観点

    第2章 映画監督・押井守――素材へいたるまでの背景
     1.押井守
     2.テレビアニメ制作の現場
     3.映画へのこだわり
     4.アニメ映画監督
     5.アニメ監督としての挫折
     6.アニメ映画監督としての再生
     7.日本の平和や戦争についての押井の思い

    第3章 アニメ映画『攻殻機動隊』(前半)
     1.時代設定を示す最初の場面
     2.登場人物の特徴を示す場面
     3.主題の先取り
     4.アニメ映画世界の説明と“攻性”
     5.見えなくなる体とあやつられる記憶

    第4章 アニメ映画『攻殻機動隊』(前半)の考察
     1.街の情景
     2.レイアウトを通じて演出される情景

    第5章 アニメ映画『攻殻機動隊』(後半)
     1.主人公の心情深化と映画主題を提示する場面(遠景との関わり)
     2.主人公の心情深化(中景との関わり)
     3.義体の中の“ゴースト”?
     4.“人形使い”との対面
     5.廃墟と化した博物館での戦闘
     6.“人形使い”との融合

    第6章 アニメ映画『攻殻機動隊』(後半)の考察
     1.影との直面化
     2.押井の中の女性像とその影
     3.押井の中の少女像

    第7章 アニメ映画『イノセンス』
     1.『攻殻機動隊』から『イノセンス』(2004年)への情況
     2.『イノセンス』のストーリー展開

    第8章 アニメ映画『イノセンス』の考察
     1.アニメのキャラクターの体を主題化することでアニメーション映画を問うこと
     2.内容主題的に体を問うこと
     3.問われている「体」
     4.人形と犬
     5.想いを残すということ
     6.この世にいるということ

    第9章 総合考察
     1.押井を通じてクローズアップされる日本人ならではの課題
     2.映画を通じて象徴される個性化の過程・分析心理学的過程
     3.心理臨床への視点

    おわりに
    索引
    謝辞
  • 出版社からのコメント

    私とは何か、私がいる現実とは何か。映画監督・押井守の問いを心理臨床実践に重ね合わせ、心理臨床の意味を問い直す心理臨床論。
  • 内容紹介

    私とは何か、私がいる現実とは何か……。映画監督・押井守がその作品を通して投げかけてくる問いを心理臨床実践に重ね合わせたとき、どのような地平が開けるのか。心理臨床の根本的な出発点となる「私」、そして「私」がこの世に身を置くための基盤となる「身体」を切り口として、押井の発言や作品を手がかりに、心理臨床の意味を問い直す。“ゴースト”のささやきにいかに耳を傾けることができるか、異色の心理臨床論。

    図書館選書
    私とは何か、私がいる現実とは何か……。映画監督・押井守がその作品を通して投げかけてくる問いを心理臨床実践に重ね合わせ、「私」と「身体」を切り口として心理臨床の意味を問い直す異色の心理臨床論。
  • 著者について

    齋藤 眞 (サイトウ マコト)
    齋藤眞(さいとう・まこと)
    1963年生まれ。1992年京都大学大学院教育学研究科博士後期課程単位取得満期退学。京都大学博士(教育学)。ユング派分析家、臨床心理士、公認心理師。愛知教育大学教育学部准教授を経て、現在、愛知学院大学心身科学部(2022年心理学部開設予定)教授。専門は臨床心理学、心理療法論。著書に『現代青年の理解の仕方――発達臨床心理学的視点から』(ナカニシヤ出版,1998年,共著)、主な論文に「『田螺長者』の心理学的解釈」(愛知教育大学研究報告(教育科学),50,115-124.2001年)、「箱庭療法と身体性」(精神療法,28(2),176-182.2002年)、「箱庭療法の背景思想をめぐって――『見えない微細な身体』を手がかりとして」(プシケー,24,76-99.2005年)、訳書にJ・レイヤード『ケルトの探求』(人文書院,1994年,共訳)などがある。

個性化における「私」と「身体」-アニメ映画『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』と『イノセンス』の分析を通じて(ユング派分析家資格取得論文シリーズ 第2巻) の商品スペック

商品仕様
出版社名:創元社
著者名:齋藤 眞(著・文・その他)
発行年月日:2021/11/17
ISBN-13:9784422117607
判型:A5
発売社名:創元社
対象:専門
発行形態:全集叢書
内容:心理学
言語:日本語
ページ数:180ページ
縦:21cm
横:15cm
他の創元社の書籍を探す

    創元社 個性化における「私」と「身体」-アニメ映画『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』と『イノセンス』の分析を通じて(ユング派分析家資格取得論文シリーズ 第2巻) [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!