病んだ言葉 癒やす言葉 生きる言葉 [単行本]
    • 病んだ言葉 癒やす言葉 生きる言葉 [単行本]

    • ¥2,20066ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年7月27日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003482398

病んだ言葉 癒やす言葉 生きる言葉 [単行本]

価格:¥2,200(税込)
ポイント:66ポイント(3%還元)(¥66相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年7月27日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:青土社
販売開始日: 2021/11/12
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

病んだ言葉 癒やす言葉 生きる言葉 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    謎だらけの入試政策、「論理国語」の迷走、英語ぺらぺら信仰、英語スピード信仰…言葉はどうなるのか。鴎外、漱石、太宰、西脇…喧嘩や胃弱、事務処理、「がっかり」、突然の豹変やケアから読み取る文学者たちの息づかい。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1部 言葉を甘く見てはいけない
    第2部 英語入試大混乱の後先
    第3部 「病」と「死」を生かす言葉
    第4部 言葉を伝えるために汗をかく
    第5部 書くことへの「こだわり」は病なのか、救いなのか
    第6部 どうしてもうまく語れない作家たち
  • 出版社からのコメント

    言葉を読むとは何か。言葉を学ぶとは何か。そして、言葉を守るとは何か。英文学教授が、渾身の力を込めて綴ったエッセイ・コラム集。
  • 内容紹介

    読めば「言葉」が好きになる。
    「言葉を甘く見てはいけない。言葉や人間をめぐる学問の最大の効用は、世界を知り尽くしてやっつけることにあるのではありません。むしろ世界の不思議さに驚き、日々新しい畏怖の念にかられること、それが先につながります。今、私たちに必要なのは、まずは驚く力なのかもしれません」(本書内「言葉は技能なのか」より)。言葉を読むとは何か。言葉を使うとは何か。言葉を学ぶとは何か。そして、言葉を守るとは何か。英文学教授が、文学作品から言語教育まで、渾身の力を込めて綴ったエッセイ・評論集。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    阿部 公彦(アベ マサヒコ)
    1966年神奈川県生まれ。英文学者。東京大学文学部卒業。同大学院人文科学研究科修士課程修了。ケンブリッジ大学大学院で博士号取得。現在、東京大学大学院人文社会系研究科教授。専門は近現代の英米小説や英米詩だが、英・米の境界や小説・詩の境界にこだわることなく、日本の詩や小説も含みながら、個別のテーマを設定して研究している。「荒れ野に行く」で第15回早稲田文学新人賞受賞、『文学を“凝視する”』(岩波書店)で第35回サントリー学芸賞(芸術・文学部門)を受賞

病んだ言葉 癒やす言葉 生きる言葉 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:青土社
著者名:阿部 公彦(著)
発行年月日:2021/11/22
ISBN-10:4791774280
ISBN-13:9784791774289
判型:B6
発売社名:青土社
対象:一般
発行形態:単行本
内容:社会
言語:日本語
ページ数:367ページ
縦:19cm
他の青土社の書籍を探す

    青土社 病んだ言葉 癒やす言葉 生きる言葉 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!