´ecriture 新人作家・杉浦李奈の推論(角川文庫) [文庫]
    • ´ecriture 新人作家・杉浦李奈の推論(角川文庫) [文庫]

    • ¥74823ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年8月23日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
´ecriture 新人作家・杉浦李奈の推論(角川文庫) [文庫]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003482966

´ecriture 新人作家・杉浦李奈の推論(角川文庫) [文庫]

  • 5.0
価格:¥748(税込)
ポイント:23ポイント(3%還元)(¥23相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年8月23日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:KADOKAWA
販売開始日: 2021/10/21
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

´ecriture 新人作家・杉浦李奈の推論(角川文庫) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    ラノベ作家の杉浦李奈は、新進気鋭の小説家・岩崎翔吾との雑誌対談に出席。テーマの「芥川龍之介と太宰治」について互いに意見を交わした。この企画がきっかけとなり、次作の帯に岩崎からの推薦文をもらえることになった李奈だったが、新作発売直前、岩崎の小説に盗作疑惑が持ち上がり、この件は白紙に。そればかりか、盗作騒動に端を発した、不可解な事件に巻き込まれていく…。真相は一体?出版界を巡る文学ミステリ!
  • 出版社からのコメント

    新進気鋭の作家に盗作疑惑!? 発覚後は失踪――
  • 内容紹介

    ラノベ作家の杉浦李奈は、新進気鋭の小説家・岩崎翔吾との雑誌対談に出席。テーマの「芥川龍之介と太宰治」について互いに意見を交わした。この企画がきっかけとなり、次作の帯に岩崎からの推薦文をもらえることになった李奈だったが、新作発売直前、岩崎の小説に盗作疑惑が持ち上がり、この件は白紙に。そればかりか、盗作騒動に端を発した不可解な事件に巻き込まれていく……。真相は一体? 出版界を巡る文学ミステリ!

    図書館選書
    ラノベ作家の李奈は、新進気鋭の小説家・岩崎翔吾との対談企画に出席。後日、岩崎の二作目に盗作疑惑が持ち上がり、その騒動に端を発した事件に巻き込まれていく。真相は一体? 出版界を巡る文学ミステリ!
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    松岡 圭祐(マツオカ ケイスケ)
    1968年12月3日、愛知県生まれ。デビュー作『催眠』がミリオンセラーに。「万能鑑定士Q」シリーズは2014年に映画化され、さらにブックウォーカー大賞2014文芸賞を受賞、17年には吉川英治文庫賞候補作となる
  • 著者について

    松岡 圭祐 (マツオカ ケイスケ)
    1968年、愛知県生まれ。デビュー作『催眠』がミリオンセラーに。大藪春彦賞候補作「千里眼」シリーズは累計628万部超。「万能鑑定士Q」シリーズは2014年に映画化、ブックウォーカー大賞2014文芸賞を受賞。『シャーロック・ホームズ対伊藤博文』は19年に全米翻訳出版。NYヴァーティカル社編集者ヤニ・メンザスは「世界に誇るべき才能」と評する。その他の作品に『ミッキーマウスの憂鬱』、『ジェームズ・ボンドは来ない』、『黄砂の籠城』、『ヒトラーの試写室』、「グアムの探偵」「高校事変」シリーズなど。

´ecriture 新人作家・杉浦李奈の推論(角川文庫) の商品スペック

商品仕様
出版社名:KADOKAWA
著者名:松岡 圭祐(著)
発行年月日:2021/10/25
ISBN-10:404112056X
ISBN-13:9784041120569
判型:文庫
発売社名:KADOKAWA
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:324ページ
縦:15cm
他のKADOKAWAの書籍を探す

    KADOKAWA ´ecriture 新人作家・杉浦李奈の推論(角川文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!