世界の夜-非時間性をめぐる哲学的断章 [単行本]

販売休止中です

    • 世界の夜-非時間性をめぐる哲学的断章 [単行本]

    • ¥2,86086ポイント(3%還元)
100000009003483177

世界の夜-非時間性をめぐる哲学的断章 [単行本]

布施 哲(著・文・その他)
価格:¥2,860(税込)
ポイント:86ポイント(3%還元)(¥86相当)
日本全国配達料金無料
出版社:航思社
販売開始日: 2021/10/25
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

世界の夜-非時間性をめぐる哲学的断章 [単行本] の 商品概要

  • 目次

    はじめに

    第0章 台詞がなかったペルセースのために

    ●第1部 シュンペーター
    第Ⅰ章 シュンペーターの終末論
    第Ⅱ章 資本化と政治的威信
    第Ⅲ章 新結合をめぐって――イノベーションとその主体に関するいくつかの考察

    ●間奏 ラクラウ
    第Ⅳ章 回帰する人民――ポピュリズムと民主主義の狭間で

    ●第2部 シュトラウス
    第Ⅴ章 末人たちの共和主義――レオ・シュトラウスと“政治哲学”
    第Ⅵ章 闘う聖人
  • 出版社からのコメント

    シュンペーター、シュトラウス、ラクラウという一見相容れない3人の思想を根源的に捉えた果てに現れる、反資本主義と革命の水脈。
  • 内容紹介

    非時間性=「革命」の水脈

    シュンペーター、シュトラウス、ラクラウ――
    「イノベーション」や「アントレプレナー」、
    新保守主義と政治哲学、
    そしてラディカル・デモクラシーで知られる
    一見相容れない3人の思想を
    根源的に捉えぬいた果てに立ち現れる未知の相貌。

    図書館選書
    シュンペーター、シュトラウス、ラクラウ――イノベーションやアントレプレナー、新保守主義と政治哲学、ラディカル・デモクラシーという一見相容れない3人の思想を根源的に捉えぬいた果てに現れる、反資本主義と革命の水脈。
  • 著者について

    布施 哲 (フセ サトシ)
    布施哲(ふせ・さとし)
    名古屋大学大学院人文学研究科准教授。
    1964年生まれ。
    慶應義塾大学法学部政治学科卒業、エセックス大学で博士号取得(政治哲学)。
    主な著書に『希望の政治学――テロルか偽善か』(角川学芸出版)、『フーコー研究』(共著、岩波書店)、『現代思想と政治――資本主義・精神分析・哲学』(共著、平凡社)など。

世界の夜-非時間性をめぐる哲学的断章 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:航思社
著者名:布施 哲(著・文・その他)
発行年月日:2021/10/25
ISBN-13:9784906738236
判型:46判
発売社名:航思社
対象:一般
発行形態:単行本
内容:哲学
言語:日本語
ページ数:280ページ
他の航思社の書籍を探す

    航思社 世界の夜-非時間性をめぐる哲学的断章 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!