2030年の品質保証―モノづくりからコトづくりへ [単行本]

販売休止中です

    • 2030年の品質保証―モノづくりからコトづくりへ [単行本]

    • ¥1,98060ポイント(3%還元)
100000009003483709

2030年の品質保証―モノづくりからコトづくりへ [単行本]

価格:¥1,980(税込)
ポイント:60ポイント(3%還元)(¥60相当)
日本全国配達料金無料
出版社:日科技連出版社
販売開始日: 2021/10/15
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

2030年の品質保証―モノづくりからコトづくりへ の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    本書は、100年に一度の大変革と言われる自動車業界において、自動車産業にかかわる方々を中心に、GAFAのような巨大IT企業が参戦する環境で、今までの延長で構えていたのでは必ず淘汰されるという危機感をもつ有志によって執筆されました。来たる2030年に向かって、モノづくりだけでなくコトづくりまでも含めた品質保証を行うためには何が課題となるのか、MaaSを題材として研究しています。AIやICTなどの技術の進化に伴う人材育成や、今必要とされる「人間性尊重」の品質経営についても解説しています。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 自動車を取り巻く環境の変化(2030年自動車業界はこう変わる(CASE視点の予測);品質保証の課題の変化 ほか)
    第2章 コトの品質保証と感情的品質(デザイン思考と品質保証;(株)JTBに学ぶMaaSプラットフォーマーの課題と対応策 ほか)
    第3章 コトを協創する時代に求められる品質保証(MaaSモデル)(MaaSにおけるステークホルダー間の機能と役割;仮想シナリオで考えるMaaSの品質保証 ほか)
    第4章 2030年の品質保証へ向けて(日本における品質保証の役割とその変遷;顧客価値を最大化する品質保証を行う上での組織課題 ほか)
  • 内容紹介

     本書は、100年に一度の大変革と言われる自動車業界において、自動車産業にかかわる方々を中心に、GAFAのような巨大IT企業が参戦する環境で、今までの延長で構えていたのでは必ず淘汰されるという危機感をもつ有志によって執筆されました。来たる2030年に向かって、モノづくりだけでなくコトづくりまでも含めた品質保証を行うためには何が課題となるのか、MaaSを題材として研究しています。AIやICTなどの技術の進化に伴う人材育成や、今必要とされる「人間性尊重」の品質経営についても解説しています。
  • 著者について

    細見 純子 (ホソミ ジュンコ)
    細見純子
    一般社団法人中部品質管理協会 企画部主査・経営企画室長

2030年の品質保証―モノづくりからコトづくりへ の商品スペック

商品仕様
出版社名:日科技連出版社
著者名:中部品質管理協会(監修)/細見 純子(編)/IoT時代の品質保証研究会(著)
発行年月日:2021/10/26
ISBN-10:4817197439
ISBN-13:9784817197436
判型:A5
発売社名:日科技連出版社
対象:専門
発行形態:単行本
内容:工学・工業総記
言語:日本語
ページ数:139ページ
縦:21cm
横:15cm
厚さ:1cm
重量:240g
他の日科技連出版社の書籍を探す

    日科技連出版社 2030年の品質保証―モノづくりからコトづくりへ [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!