英文法の正体―ネイティブの感覚で捉える [単行本]
    • 英文法の正体―ネイティブの感覚で捉える [単行本]

    • ¥1,98060ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年1月29日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003484743

英文法の正体―ネイティブの感覚で捉える [単行本]

価格:¥1,980(税込)
ポイント:60ポイント(3%還元)(¥60相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年1月29日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:青灯社
販売開始日: 2021/10/23
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

英文法の正体―ネイティブの感覚で捉える [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「行く」がなぜcomeになるのか?ハッと気づかされる英語感覚の秘密。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 英語の表現パターン
    第2章 動詞のイメージ
    第3章 英語の「時制」と「完了形」「進行形」の感覚
    第4章 法助動詞の働き
    第5章 冠詞(a/the)と名詞的要素
    第6章 前置詞の世界
    第7章 英語の語順の原理―重要なモノから先に言う
    第8章 英語の構文の表現効果
  • 内容紹介

    読めばハッと気づかされる、ネイティブの「英語感覚」の秘密!

    自分に見えているままに表現する日本語と、出来事全体を外から見ている感覚で表現する英語。
    ネイティブの見ている世界はどんなものかを、図を用いて目からウロコの解説。
    よく似た意味を持つ身近な動詞たちの使い分け方。
    ・tellとspeakとtalkとsay
    ・lookとseeとwatch
    ・takeとhave
    ・goとcome
    ・startとbegin など
    現在形は「今起こっていること」を表現できない! →不変の事実や知識を表す時制。
    終わりのある動作や、今この場で起きていることを生き生きと表現するには進行形を使おう。
    助動詞willとbe going toの違い、mustとhave toの違い、canとbe able toの違いとは。>
    「out→外に出る」「across→渡る」「trough→通り抜ける」など、前置詞は日本語の動詞のニュアンスも含んでいる。
    経緯を順に伝える日本語とは異なり、英語は重要なモノから先に言う。
    受動文、倒置文、挿入句、分詞構文などの特徴を理解し上手に使えば、英文に表情が出る。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    濱田 英人(ハマダ ヒデト)
    札幌大学地域共創学群教授。1957年、北海道生まれ。北海道大学大学院文学研究科英米文学専攻博士後期課程退学。博士(文学)。2001年~2002年、カリフォルニア大学サンディエゴ校客員研究員(Langacker教授の指導の下、英語の主要な構文について認知文法の視点から研究)。専攻、認知言語学、英語学
  • 著者について

    濱田 英人 (ハマダヒデト)
    札幌大学地域共創学群教授。
    1957年、北海道生まれ。北海道大学大学院文学研究科英米文学専攻博士後期課程退学。博士(文学)
    2001年~2002年、カリフォルニア大学サンディエゴ校客員研究員(Langacker教授の指導の下、英語の主要な構文について認知文法の視点から研究)。専攻、認知言語学、英語学
    主著 Grammar and Cognition (Kyodo Bunkasha,2002) Grammar of the English Language(テキスト、三浦印刷、2010)
    『認知と言語』(開拓社、2016) 『脳のしくみが解れば英語がみえる』(開拓社、2019) 『認知文法の原理』(開拓社、2021)ほか

英文法の正体―ネイティブの感覚で捉える [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:青灯社
著者名:濱田 英人(著)
発行年月日:2021/10/20
ISBN-10:4862281176
ISBN-13:9784862281173
判型:B6
発売社名:青灯社
対象:一般
発行形態:単行本
内容:英米語
言語:日本語
ページ数:252ページ
縦:19cm
他の青灯社の書籍を探す

    青灯社 英文法の正体―ネイティブの感覚で捉える [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!