日本語のふしぎ発見!―日常のことばに隠された秘密―(リベラルアーツコトバ双書<1>) [新書]
    • 日本語のふしぎ発見!―日常のことばに隠された秘密―(リベラルアーツコトバ双書<1>) [新書]

    • ¥1,10033ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年6月20日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
日本語のふしぎ発見!―日常のことばに隠された秘密―(リベラルアーツコトバ双書<1>) [新書]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003484972

日本語のふしぎ発見!―日常のことばに隠された秘密―(リベラルアーツコトバ双書<1>) [新書]

価格:¥1,100(税込)
ポイント:33ポイント(3%還元)(¥33相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年6月20日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:その他
販売開始日: 2021/10/01
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

日本語のふしぎ発見!―日常のことばに隠された秘密―(リベラルアーツコトバ双書<1>) の 商品概要

  • 目次

    Part I  エッセイ
    エッセイ 1 さあ,出発! 発車オーライ? 行き先案内・アナウンスの謎
    エッセイ 2 職業の種類は働く場所との関係で決まる?
    エッセイ 3 子ゾウのかあさんはどんなゾウさん?
    エッセイ 4 書類で山のように盛り上がった机を見て考えること
    エッセイ 5 日本語で数をかぞえると,カラスの気持ちがわかる?
    エッセイ 6 大会発表賞の審査員が学会でする地味な仕事
    エッセイ 7 メンデルの法則とおかたづけの遺伝子
    エッセイ 8 「おとうさんの背中」と「トイレ」を同列に扱う意外な理由
    エッセイ 9 体育の号令が忠実に実行されると目にすることになる光景
    エッセイ 10 感情表現が絡むとおかしなことになる人間関係のむずかしさ
    エッセイ 11 誘惑に駆られてしまうと見えなくなるもの
    エッセイ 12 身につけるものを場面によって格好よく使いわけるセンス
    エッセイ 13 同じような意味を表す語がたくさん見つかる理由
    エッセイ 14 多忙なところを,暇人が考えること
    エッセイ 15 インスタ映えすることによってごまかされる現実の姿
    エッセイ 16 「かかか」「ととと」「ててて」が意味をなす表現になる?
    エッセイ 17 日本語の自動詞文を通して見る世界記録とファンタジーの世界
    エッセイ 18 誰が責任者なのかわからなくなる変な構文
    エッセイ 19 日本語ではどのようにして複数を指定するのか?
    エッセイ 20 環境に応じて姿や振る舞いを変えていくマジックナンバー
    エッセイ 21 生物と無生物の区別とサンタクロースの世界
    エッセイ 22 山登りをすると,見つけることができる日頃見慣れないもの
    エッセイ 23 無生物の主語を見るとわかる日本語と英語の発想の違い
    エッセイ 24 高速道路を車で移動する旅と動詞分類の思いがけない接点

    Part 2 資料
    1. ことばについてさらに考えるためのヒント
    2. 関連事項を調べるためのおすすめ文献
    3. 専門用語索引
  • 出版社からのコメント

    「おとうさんの背中を流す」と「トイレを流す」など日常的な表現に隠された日本語の不思議を言語学の知見から解き明かす。
  • 内容紹介

    本書のエッセイの本題の内容は、主に一般言語学の知見を反映したものですが、日本語を扱っていますので、日本語学や国語学で得られた知見も取り入れています。ただし、それぞれのエッセイに含まれるトピック・題材は、いわば表面をさっとなでるだけで、深い議論には入っていません。もしそのどれかのトピックを深く調べてみると、もっといろいろなことが見えてくるかもしれません。場合によっては、ここで書いていることとは違ったことばの側面が見えたり、それ以外にもまた別の新たな発見があったりするかもしれません。エッセイでは、題材と関係する一般言語学のキーワード(専門用語(英語))にハイライトを入れていますが、これはそのトピックが一般言語学でも興味を持たれ研究されていることを示しています。キーワードをたよりに、その方面の研究を探っていくと、どのような研究がおこなわれているかなどについて情報が得られます。そうすることで、ことばの不思議さについて深く調べたりそれをたよりにさらに自身で考えたりする手助けとなると思います。

    エッセイのうしろに付けた「ことばについてさらに考えるためのヒント」は、エッセイと関連した問いかけを入れています。この中には、日本語教師が教える際なんらかのヒントとなるようなものが見つかるかもしれませんし、ことばについて何か論文を書こうとしている学生さんであれば、論文やレポートのテーマとなるものが含まれているかもしれません(実際、似たようなテーマで卒業論文を書いた人もいます。)

    エッセイの内容を反映したイラストは、内容を理解した上で、書かないといけないので、けっこう大変ではなかったかと思います。時に何回か修正してもらったりしていますが、本文以上に楽しいものに仕上がっていると思います。

    読者のみなさまには、本書に納められたエッセイをクスッと笑いながら読んでいただいく中で、日常的な表現に隠されてはいるものの、よく観察すると思わぬところから滲み出てきている日本語の不思議を体験していただければ大変うれしく思います。

    岸本秀樹
  • 著者について

    岸本秀樹 (キシモトヒデキ)
    神戸大学大学院文化学研究科博士課程修了。学術博士。神戸大学大学 院人文学研究科教授。専門は統語論・語彙意味論。著書に『統語構造 と文法関係』(くろしお出版,2005 年),『ベーシック生成文法』 (ひつじ書房,2009 年),『文法現象から捉える日本語』(開拓社, 2015 年),『ベーシック語彙意味論』(共著,ひつじ書房,2020 年)などがある。

日本語のふしぎ発見!―日常のことばに隠された秘密―(リベラルアーツコトバ双書<1>) の商品スペック

商品仕様
出版社名:教養検定会議
著者名:岸本 秀樹(著)
発行年月日:2021/11
ISBN-10:4910292012
ISBN-13:9784910292014
判型:新書
発売社名:教養検定会議
対象:一般
発行形態:新書
内容:日本語
言語:日本語
ページ数:248ページ
縦:18cm
他のその他の書籍を探す

    その他 日本語のふしぎ発見!―日常のことばに隠された秘密―(リベラルアーツコトバ双書<1>) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!