ワクチンの噂―どう広まり、なぜいつまでも消えないのか [単行本]
    • ワクチンの噂―どう広まり、なぜいつまでも消えないのか [単行本]

    • ¥3,740113ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年9月30日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003486948

ワクチンの噂―どう広まり、なぜいつまでも消えないのか [単行本]

価格:¥3,740(税込)
ポイント:113ポイント(3%還元)(¥113相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年9月30日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:みすず書房
販売開始日: 2021/11/12
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

ワクチンの噂―どう広まり、なぜいつまでも消えないのか の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    噂の発信源は誰で、拡散しているのは誰か―?ワクチンの信頼性をめぐる研究を率いてきた人類学者が、噂の“生態系”を明らかにする。
  • 目次

    プロローグ
    謝辞

    イントロダクション
    第1章 噂について
    第2章 尊厳と不信
    第3章 リスクについて
    第4章 意見の流動性
    第5章 山火事
    第6章 感情の伝染
    第7章 信念の力
    第8章 パンデミックと市民

    解説(磯野真穂)
    原註
    索引
  • 出版社からのコメント

    ワクチンの噂は誰がなぜ流し、誰がなぜ拡散するのか? 国際的研究プロジェクトを率いてきた人類学者が、噂の生態系を明らかにする。
  • 内容紹介

    〈私は、噂の重要性を次のように見ている。すなわち、公的な情報源から提供されない場合に答えを求める手段、不確かなリスクに直面したときに集団で意味づけをする手段、公的な経路ではまだ認識されていない予見できないリスクについての新情報を伝える合図としての重要性である〉

    「ワクチンを打つと不妊になる」「ワクチンを打つと自閉症になる」――。予防接種という世界的なプロジェクトの誕生以来、私たちはワクチンをめぐって常に噂やデマに翻弄されつづけてきた。
    それらの噂やデマは単に街の噂話から立ち上り拡散されていくのでなく、時の政権やエリートへの不信感のなかに、そして宗教的指導者や科学者の発言のなかに火種が隠されていることもある。さらに、ソーシャルメディアに慣れ親しんだ今日の私たちは、容易に噂のパンデミックに曝される危機に陥っているのだ。
    ワクチンをめぐる噂やデマはどのように生まれ、どう広まり、なぜ疑いようのない事実のようにいつまでも消え去らないのか? ワクチンの信頼性をめぐる国際的な研究プロジェクトを率いてきた人類学者が、多様な背景より湧き上がる噂の生態系を明らかにする。[解説・磯野真穂]
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    ラーソン,ハイジ・J.(ラーソン,ハイジJ./Larson,Heidi J.)
    1957‐。ロンドン大学衛生熱帯医学大学院人類学教授、リスクデシジョン・サイエンス教授。ワシントン大学ヘルスメトリクス・サイエンス臨床教授。ワクチン・コンフィデンス・プロジェクトの創設者。クラーク大学国際開発学部准教授、ハーバード大学公衆衛生大学院リサーチフェローを歴任。ユニセフでグローバル予防接種コミュニケーション部門を率いた

    小田嶋 由美子(オダジマ ユミコ)
    翻訳家。明治大学大学院法学研究科修了
  • 著者について

    ハイジ・J・ラーソン (ハイジラーソン)
    (Heidi J. Larson)
    1957-。ロンドン大学衛生熱帯医学大学院人類学教授、リスクデシジョン・サイエンス教授。ワシントン大学ヘルスメトリクス・サイエンス臨床教授。ワクチン・コンフィデンス・プロジェクトの創設者。クラーク大学国際開発学部准教授、ハーバード大学公衆衛生大学院リサーチフェローを歴任。ユニセフでグローバル予防接種コミュニケーション部門を率いた。

    小田嶋由美子 (オダジマユミコ)
    (おだじま・ゆみこ)
    翻訳家。明治大学大学院法学研究科修了。訳書にヤング『インターネット中毒』(毎日新聞社 1998)アング『デジタル写真大事典』(共訳 エムピーシー 2005)ガワンデ『予期せぬ瞬間』(共訳 みすず書房 2017)ウェスタビー『鼓動が止まるとき』(みすず書房 2018)プリスビロー『意識と感覚のない世界』(みすず書房 2019)コセフ『ネット企業はなぜ免責されるのか』(みすず書房 2021)などがある。

ワクチンの噂―どう広まり、なぜいつまでも消えないのか の商品スペック

商品仕様
出版社名:みすず書房
著者名:ハイジ・J. ラーソン(著)/小田嶋 由美子(訳)
発行年月日:2021/11/10
ISBN-10:462209052X
ISBN-13:9784622090526
判型:B6
発売社名:みすず書房
対象:一般
発行形態:単行本
内容:社会科学総記
言語:日本語
ページ数:228ページ ※206,22P
縦:20cm
重量:390g
その他: 原書名: STUCK:How Vaccine Rumors Start―and Why They Don't Go Away〈Larson,Heidi J.〉
他のみすず書房の書籍を探す

    みすず書房 ワクチンの噂―どう広まり、なぜいつまでも消えないのか [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!