滋賀の暮らしと食-昭和30年代の生活に関する調査より [単行本]
    • 滋賀の暮らしと食-昭和30年代の生活に関する調査より [単行本]

    • ¥4,400132ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009003487955

滋賀の暮らしと食-昭和30年代の生活に関する調査より [単行本]

価格:¥4,400(税込)
ポイント:132ポイント(3%還元)(¥132相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:その他
販売開始日: 2021/10/15
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

滋賀の暮らしと食-昭和30年代の生活に関する調査より の 商品概要

  • 目次

    はじめに
    第1章 「滋賀の暮らしと食」その背景と特徴を探る
    第2章 湖北の暮らしと食
    第3章 奥永源寺の暮らしと食
    第4章 安土の暮らしと食
    第5章 野洲の暮らしと食
    第6章 甲賀の暮らしと食──小佐治集落を中心に
    第7章 伊香立の暮らしと食──生津集落の調査を中心に
    第8章 志賀の暮らしと食
    第9章 朽木針畑の暮らしと食
    あとがき
  • 出版社からのコメント

    ほぼ地産地消が実践されていた昭和30年代の暮らしと食について、滋賀県内8地域を調査、食材の調達、加工、保存などのようすを記…
  • 内容紹介

    いまこそ環境共生型の伝統的な暮らしと食のスタイルから学ぶべきことは多い。──食品スーパーはなく、ほぼ地産地消が実践されていた昭和30年代の暮らしと食に焦点をあて、奥永源寺や朽木の山村、琵琶湖や内湖に面した半農半漁の村など、滋賀県内8地域で聞き取り調査。多様な湖魚・山菜・果実・獣肉などの調達、穀類・野菜類の栽培・加工・保存のようすを記録。

    図書館選書
    ほぼ地産地消が実践されていた昭和30年代の暮らしと食について、奥永源寺や朽木の山村、湖に面した半農半漁の村など、滋賀県内8地域を調査。多様な湖魚・山菜・果実・獣肉の調達、野菜類の栽培・加工・保存のようすを記録。
  • 著者について

    滋賀の食事文化研究会 (シガノショクジブンカケンキュウカイ)
     滋賀の食事文化研究会は1991年3月に発足し、2021年で30周年を迎えた。滋賀の食に関心のある人なら誰でも入会できる「任意団体」で、会員110~120名、多彩なメンバーに支えられ、2か月に1回の頻度で例会を開催、会報は現在181号まで、年報は第29号まで発刊してきた。
     編著として、『ふなずしの謎』、『お豆さんと近江のくらし』、『くらしを彩る近江の漬物』、『近江の飯・餅・団子』、『湖魚と近江のくらし』、『芋と近江のくらし』、『つくってみよう滋賀の味』、『食べ伝えよう滋賀の食材』、『クックしが』(いずれもサンライズ出版刊)などがある。
     2021年度には滋賀県立琵琶湖博物館と共催で企画展『湖国の食事』を開催。

滋賀の暮らしと食-昭和30年代の生活に関する調査より の商品スペック

商品仕様
出版社名:サンライズ出版
著者名:滋賀の食事文化研究会(編)
発行年月日:2021/11
ISBN-10:4883257428
ISBN-13:9784883257423
判型:B6
発売社名:サンライズ出版
対象:一般
発行形態:単行本
内容:民族・風習
言語:日本語
ページ数:354ページ
縦:20cm
他のその他の書籍を探す

    その他 滋賀の暮らしと食-昭和30年代の生活に関する調査より [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!