脳が毎日元気になる!音読1日1分 [単行本]
    • 脳が毎日元気になる!音読1日1分 [単行本]

    • ¥1,43086ポイント(6%還元)
    • 在庫あり2024年4月23日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
脳が毎日元気になる!音読1日1分 [単行本]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003490853

脳が毎日元気になる!音読1日1分 [単行本]

加藤 俊徳(監修)出口 汪(監修)
価格:¥1,430(税込)
ポイント:86ポイント(6%還元)(¥86相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年4月23日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:新星出版社
販売開始日: 2022/01/04
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

脳が毎日元気になる!音読1日1分 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    教科書の名作で脳が若返る!認知症を予防。怒りっぽくなくなる。前向きになる。枕草子、平家物語、論語、坊ちゃん、蜘蛛の糸ほか…。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    序章 歌える音読で練習(どこかで春が(百田宗治);椰子の実(島崎藤村))
    1章 古典のリズムを楽しもう(枕草子 第一段(清少納言);徒然草 第一〇九段(吉田兼好) ほか)
    2章 日本語のリズムを味わおう(山のあなた/春の朝(上田敏);山芋(大関松三郎) ほか)
    3章 短歌と俳句の世界(近代名歌選;近代名句選 ほか)
    4章 長い文章のリズムに乗って(野ばら(小川未明);たんぽぽ(壺井栄) ほか)
  • 出版社からのコメント

    健康に自信がなくなってきた方、物忘れが多くなってきた方、「音読」で健康と気持ちの若返りを目指しましょう。
  • 内容紹介

    音読がもたらす恩恵は子どもだけに限らず、高齢者の方にとって認知症予防になります。また、声を出すことで運動系が活性化して言葉が出やすくなります。職場や家庭での責任が増え、知らず知らずのうちに受け身の生活となりストレスが溜まっている現役世代にとってうつ病予防にもなります。
    じゃあ何を読んだらいいの?そんな疑問を持つ方におすすめなのが本書です。
    本書では70代から50代の方が小学生や中学生だった時期、国語の教科書に掲載されていた作品を音読用に多数集めています。
    「懐かしい! これ昔読んだことがある。」「このフレーズってこの作品のものだったんだ……。」「本読みの宿題で、お母さんに褒められたなぁ。」
    実際に音読してみると、そんな風に小学生や中学生時代の記憶がよみがえるかもしれません。 
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    加藤 俊徳(カトウ トシノリ)
    脳内科医、医学博士。加藤プラチナクリニック院長。株式会社「脳の学校」代美。昭和大学客員教授。発達脳科学・MRI脳画像診断の専門家。脳番地トレーニングの提唱者。小児から超高齢者まで1万人以上を診断・治療。14歳のときに「脳を鍛える方法」を知るために医学部への進学を決意。1991年、現在、世界700カ所以上の施設で使われる脳活動計測「fNIRS(エフニルス)」法を発見。1995年から2001年まで米ミネソタ大学放射線科でアルツハイマー病やMRI脳画像の研究に従事。ADHD、コミュニケーション障害など発達障害と関係する「海馬回旋遅滞症」を発見。帰国後、慶應義塾大学、東京大学などで脳研究に従事し、「脳の学校」を創業。現在、「加藤プラチナクリニック」を開設し、独自開発した加藤式MRI脳画像診断法を用いて、薬だけに頼らない脳トレ処方を行う。著書多数

    出口 汪(デクチ ヒロシ)
    関西学院大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。広島女学院大学客員教授、論理文章能力検定評議員、出版社「水王舎」代表取締役。YouTube予備校「ただよび」顧問。YouTuberとしても「出口汪の学びチャンネル」を開設。現代文講師として、予備校の大教室が満員となり、受験参考書がベストセラーになるほど圧倒的な支持を得ている。また「論理力」を養成する画期的なプログラム「論理エンジン」を開発、多くの学校に採用されている。著書多数
  • 著者について

    加藤 俊徳 (カトウ トシノリ)
    加藤俊徳(かとう・としのり)
    脳科学者。小児科専門医。加藤プラチナクリニック院長。株式会社「脳の学校」代表。昭和大学客員教授。発達脳科学の専門家であり、脳番地トレーニングの提唱者。1991年、現在世界700カ所以上の脳研究施設で使用されている脳活動計測「fNIRS」法を発見。1995年から2001年まで米ミネソタ大学放射線科でアルツハイマー病やMRI脳画像研究に従事。小児から超高齢者まで1万人以上を診断・治療。
    著書『頭がよくなる! 寝るまえ1分おんどく366日』(西東社)『アタマがみるみるシャープになる! 脳の強化書』(あさ出版)『発達障害の子どもを伸ばす 脳番地トレーニング』(秀和システム)『50歳を超えても脳が若返る生き方』(講談社)など多数。

    出口 汪 (デグチ ヒロシ)
    出口汪(でぐち・ひろし)
    関西学院大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。広島女学院大学客員教授、論理文章能力検定評議員、出版社「水王舎」代表取締役。現代文講師として、予備校の大教室が満員となり、受験参考書がベストセラーになるほど圧倒的な支持を得ている。また「論理力」を養成する画期的なプログラム「論理エンジン」を開発、多くの学校に採用されている。
    著書に『出口汪の「最強!」の記憶術』『出口のシステム現代文』『子どもの頭がグンと良くなる!国語の力』『はじめての論理国語』(以上、水王舎)、『源氏物語が面白いほどわかる本』(KADOKAWA)、『出口汪の「日本の名作」が面白いほどわかる』(講談社)、『東大現代文で思考力を鍛える』(大和書房)、『ビジネスマンのための国語力トレーニング』(日経文庫)など。

脳が毎日元気になる!音読1日1分 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:新星出版社
著者名:加藤 俊徳(監修)/出口 汪(監修)
発行年月日:2022/01/15
ISBN-10:4405082286
ISBN-13:9784405082281
判型:A5
発売社名:新星出版社
対象:一般
発行形態:単行本
内容:医学・薬学・歯学
言語:日本語
ページ数:127ページ
縦:21cm
横:15cm
厚さ:1cm
重量:220g
他の新星出版社の書籍を探す

    新星出版社 脳が毎日元気になる!音読1日1分 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!