お話と音楽のバトン ある日、オリーブの丘で [単行本]
    • お話と音楽のバトン ある日、オリーブの丘で [単行本]

    • ¥1,98060ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009003492351

お話と音楽のバトン ある日、オリーブの丘で [単行本]

価格:¥1,980(税込)
ポイント:60ポイント(3%還元)(¥60相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:音楽之友社
販売開始日: 2021/10/26
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

お話と音楽のバトン ある日、オリーブの丘で [単行本] の 商品概要

  • 目次

    [曲目]
    1. ぼく、友だちができた(樹原)2. おめかしピノア(轟)3. 泉のほとりには……(春畑)4. 草原の夜明け(樹原)5. 朝の歌(轟)6. と、も、だ、ち?(春畑)7. どこにいるの?(樹原)8. ゆっくり、しずかに(轟)9. きっと、だいじょうぶ(春畑)10. 川の向こうには(樹原)11. あの丘に(轟)12. オリーブの木の下で(春畑)
  • 出版社からのコメント

    『ムジカノーヴァ』で付録連載されたストーリー仕立ての全12曲による曲集。今をときめく女性作曲家3人のアイディアが結晶した。
  • 内容紹介

    『ムジカノーヴァ』誌2020年8月号から2021年7月号にかけて付録楽譜連載されたストーリー仕立ての全12曲による曲集。樹原→轟→春畑の順に、リレーで物語と付随する楽曲をつないでいく。
    作曲家3人各々が自分のスタイルをしっかりと守りつつ、そのうえでアイディアを前後へつむいでいく手腕は実に見事。音楽はシーンごとの変化にうまくのってそれぞれの「らしさ」を存分に発揮している。今をときめく女性作曲家3人のアイディアが結晶した一冊。
    1. ぼく、友だちができた(樹原)2. おめかしピノア(轟)3. 泉のほとりには……(春畑)4. 草原の夜明け(樹原)5. 朝の歌(轟)6. と、も、だ、ち?(春畑)7. どこにいるの?(樹原)8. ゆっくり、しずかに(轟)9. きっと、だいじょうぶ(春畑)10. 川の向こうには(樹原)11. あの丘に(轟)12. オリーブの木の下で(春畑)
  • 著者について

    樹原 涼子 (キハラ リョウコ)
    武蔵野音楽大学器楽学科ピアノ専攻卒業。ピアノを故八戸澄江、故有馬俊一、白石百合子の各氏に、ジャズピアノ、編曲、音楽理論を故八城一夫氏に師事。1991年から順次刊行された『ピアノランド』シリーズはピアノ教育界で高い評価を得ている。

    轟 千尋 (トドロキ チヒロ)
    東京藝術大学音楽学部作曲科卒業、同大学院音楽研究科作曲専攻修士課程修了。作曲を野田暉行、尾高惇忠、松尾祐孝、電子音楽を辻田幸徳、音楽理論を川井學の各氏に師事。多数の一流演奏家に作品を演奏され、室内楽からオーケストラと様々な編成の作編曲、曲集出版等も数多く手がける。

    春畑 セロリ
    東京藝術大学卒。鎌倉生まれ、横浜育ち。舞台、映像、イベント、出版のための音楽制作、作編曲、演奏、執筆、音楽プロデュースなどで活動中。さまざまな出版社から、曲集や教材など多種多様なかたちで作品が刊行されている。

お話と音楽のバトン ある日、オリーブの丘で [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:音楽之友社
著者名:樹原 涼子(著)/本間 ちひろ(画)
発行年月日:2021/11
ISBN-10:4276438322
ISBN-13:9784276438323
判型:規大
発売社名:音楽之友社
対象:教養
発行形態:単行本
内容:音楽・舞踏
言語:日本語
ページ数:56ページ
他の音楽之友社の書籍を探す

    音楽之友社 お話と音楽のバトン ある日、オリーブの丘で [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!