アナトミア 動く人体を描く [全集叢書]
    • アナトミア 動く人体を描く [全集叢書]

    • ¥3,960119ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年3月9日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003495624

アナトミア 動く人体を描く [全集叢書]

価格:¥3,960(税込)
ポイント:119ポイント(3%還元)(¥119相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年3月9日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:グラフィック社
販売開始日: 2021/11/09
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

アナトミア 動く人体を描く [全集叢書] の 商品概要

  • 目次

    はじめに/機械的な装置としての人体/第1部 上肢 Lesson 1 肩関節、Lesson 2 上腕の外転など/第2部 体幹 Lesson 23 脊柱の関節とその運動、Lesson 24 体幹の屈曲など/第3部 下肢 Lesson 39 骨盤の関節、Lesson 40 股関節の運動と屈曲など、61のレッスンを収録
  • 出版社からのコメント

    動作の仕組みを解き明かすデッサンメソッドを集約!!
  • 内容紹介

    私たちの日常的な姿勢やしぐさに関わる動きを、その始めから終わりまで段階別に分析し、屈曲と伸展、内転と外転、回旋といった単純な運動の組み合わせとして解説。
    運動のメカニズムを理解するために必見の一冊!!
  • 著者について

    アルベルト・ロッリ (アルベルト ロッリ)
    1976年から1995年までヴェネツィア美術大学、その後ボローニャ美術大学で美術解剖学の教鞭をとる。
    グラフィックアーティスト、イラストレーターでもあり、建築設計にも携わっている。
    著書に『アナトミア 描くための人体の構造』(共著、小社)がある。

    マウロ・ゾッケッタ (マウロ ゾッケッタ)
    1984年からヴェネツィア美術大学にて美術解剖学の教鞭をとり、舞台美術にも携わっている。
    著書に『アナトミア 描くための人体の構造』(共著、小社)がある。

    レンツォ・ペレッティ (レンツォ ペレッティ)
    1982年から2019年までヴェネツィア美術大学のデッサンと美術解剖学講座の教授を務めた。画家、彫刻家、版画家でもある。
    著書に『アナトミア 描くための人体の構造』(共著、小社)がある。

    阿久津 裕彦 (アクツ ヒロヒコ)
    1973年生まれ。
    東京藝術大学彫刻科卒、同大学院修士課程修了。順天堂大学博士過程修了(解剖学)。博士(医学)。
    解剖学講師、メディカルイラストレーター他。
    主な著書に『立体像で理解する美術解剖学』(技術評論社)監修書に『人体・動物を生き生き表現! イマジンFXの描くための解剖学』『アナトミア 描くための人体の構造』(いずれも小社)などがある。

    小林 もり子 (コバヤシ モリコ)
    東京藝術大学大学院美術研究科修了。ミラノ大学留学。
    訳書に、エリー・フォール著『ルネサンス美術 美術史(3)』(共訳、国書刊行会)、パトリシア・エミソン著『レオナルド・ダ・ヴィンチ』(共訳、西村書店)、『レオナルド・ダ・ヴィンチの「解剖手稿A」 人体の秘密にメスを入れた天才のデッサン』(共訳、小社)、『アナトミア 描くための人体の構造』(小社)などがある。

アナトミア 動く人体を描く [全集叢書] の商品スペック

商品仕様
出版社名:グラフィック社
著者名:アルベルト ロッリ(著)/小林 もり子(訳)
発行年月日:2021/10
ISBN-10:4766134842
ISBN-13:9784766134841
判型:規大
発売社名:グラフィック社
対象:実用
発行形態:全集叢書
内容:絵画・彫刻
言語:日本語
ページ数:263ページ
縦:29cm
他のグラフィック社の書籍を探す

    グラフィック社 アナトミア 動く人体を描く [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!